節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

生命保険の比較は難しいし時間がかかる。だから保険会社にすすめられた保険商品を選びがち。

   

日本人の9割が生命保険に加入していると言われています。9割の日本人が保険会社と契約した経験があるのなら、普通に考えれば大部分の日本人が生命保険に詳しいはずです。

でも、友人や知人に生命保険のことを聞いても、あまり詳しくないですよね。9割の日本人が生命保険に加入しているとは言え、加入した動機は両親や職場の上司にすすめられたとか、同年代の友人が生命保険に入ったからとか、本当に自分自身が必要かどうかを検討していない人が多いと思います。

私もそうです。親にすすめられて保険会社で働いている知り合いに提案された生命保険に加入しました。

生命保険のことを調べるのは面倒

生命保険は加入してしまうと、毎月決まった金額が銀行口座から引き落とされるだけです。事故で怪我したり、病気で入院したり不幸が起きた時しか保険に入ったことを思い出す機会はありません。あとは満期になった時の更新くらいですね。

自分の身に不幸が起こらなければ支出するだけで得することはありません。メリットは、万が一の事態が発生した時の金銭的な不安がなくなるくらいでしょう。とは言え、万が一の事態が起きてからでは遅いので、多くの人が生命保険に入っておくべきだと考えます。

ところが、いざ生命保険に加入するとなると、保険のことを調べるのが面倒になります。保険会社のホームページを見てもよくわかりませんから、実際に保険外交員から保険商品の説明を受けて契約する人がほとんどでしょう。そして、契約した保険を選んだ理由を聞いてみても、商品の内容がよくわからないから保険外交員にすすめられたものにしておいたと言う人ばかりです。

自社の保険商品しかすすめない

当たり前のことですが、保険外交員は自分が働いている保険会社の保険商品しかすすめません。他社ですばらしい保険があったとしても、そちらが良いとは言いません。自社の保険が売れた方が自分の給料も良くなりますからね。

でも、契約する側からすると他社の保険の内容も確認して、より優れている保険に加入したいです。

例えば、テレビを買いに家電量販店に行ったとしましょう。お店で店員さんにどのテレビが良さそうか尋ね、予算と相談しながら、どのメーカーのテレビを買うべきか検討すると思います。店員さんは、メーカーを問わず、お客さんの予算内のテレビをいろいろと紹介してくれます。このテレビは同価格帯のものより画面がきれいだとか、あのテレビは後発メーカーのものだけど品質が良く値段も安いとか、お客さんが知らない情報を教えてくれます。

そして、店員さんの説明を聞いて良さげだと思ったテレビを買うはずです。

では、生命保険で家電量販店と同じことをしてもらえるでしょうか?基本的に無理ですよね。保険外交員は自社商品しかすすめないのですから。

生命保険は自分で調べるしかない

結局、生命保険の内容は自分で調べて理解するしかありません。とりあえず生命保険の本を1冊買ってきて、どういった内容の商品があるのかを調べた方が良いでしょう。

私は、先ほども述べましたが、保険会社に勤めている知り合いがすすめる生命保険に加入しました。その前に保険の本を読んでおけばもっと違った選択ができたはずですし、保険料も安くなっていたと思います。でも、保険の更新前に生命保険の本を読んでおいたので更新時に不利な契約をせずに済みました。具体的には、転換せずに最初に入った保険を継続することにしました。

生命保険の内容は自分で調べるしかないとは言え、生命保険の資料を数社から取り寄せて比較するのは時間がかかります。保険外交員も契約してもらおうと懸命ですから、その場で契約するのをいったん断るのも疲れます。後日、何度も電話がかかってくるかもしれませんから、それを考えると、なかなか数社から資料を取り寄せようという気にもなりませんね。

しかし、お子さんがまだ幼い場合には、やはり、万が一に備えて生命保険に加入しておきたいです。

赤ちゃん

すでに子供が独立している場合には、生命保険の保障を減らしたり解約しても問題ないでしょう。家計を節約したいのなら毎月固定的に発生する生命保険の見直しは必須です。

でも、私のように知り合いを通して生命保険に加入すると、保障を減らしたいとか解約したいとか言いにくいんですよね。なので、生命保険に入る場合は、知り合いを通して契約しない方がいいです。保険金請求の時に揉めることもあるでしょうから、後々の付き合いのことを考えるのなら友人や知人を通して生命保険に入るべきではないでしょうね。

最近では、街のいろんな場所に保険のことを相談できるショップができています。あのようなショップは、保険会社から独立したファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれます。相談料は無料の場合が多いみたいですね。国内では生命保険会社の営業担当が契約を取ってくるのが主流ですが、イギリスだと保険会社とは中立のIFAと呼ばれるファイナンシャルアドバイザーが多くの契約を取っているようです。ファイナンシャルプランナーに相談して生命保険に加入するかどうか決めるのは、イギリスのIFAに相談するのと同じようなものなのでしょうね。

自分で数社の生命保険を比較するのが困難だという場合は、ファイナンシャルプランナーの無料相談を受けてみるのも良さそうです。

 - 保険

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

赤ちゃん
生命保険の保険料がマイナス金利の影響で値上げの可能性。保険は必要な補償に絞って節約。

日銀がマイナス金利政策を行った影響が、大手保険会社の保険料に現れてきています。 …

道路
生命保険の傷害特約は付けるべきか?

生命保険には、様々な特約があります。どの特約がどういう内容なのか理解するのは一苦 …

赤ちゃん
生命保険を減額更新して月々の保険料の負担を軽減した

先日、生命保険が10年の満期を迎えたので更新しました。 保険会社に連絡しなければ …

ビジネスマン
生命保険は保障内容ではなく保険料をいくらまで払えるかで決めるのもあり

これから生命保険に加入しようと考えている方は、どの保険が良いかをいろいろと調べて …

ビジネスパーソン
医療保険は貯蓄ができるまでのつなぎとして加入する

日本は、健康保険が充実しているので、ある程度の貯蓄があれば医療保険に加入する必要 …

親子
生命保険は滅多に利用しないのだから保険料が安いネット生保でも十分

生命保険に加入する時、どのような基準で選ぶでしょうか? 充実した保障、生命保険会 …

赤ちゃん
独身者は生命保険に加入しなくても大丈夫

もしも、今、あなたが独身で生命保険に加入するかどうかを検討しているのなら、加入す …

紙幣
貯蓄手段は生命保険だけではない

生命保険には、契約者に万が一の事態が発生した時に保険金が給付される保障部分の他に …

家族
生命保険料を月額1,000円安くするだけで50万円の節約になる

生命保険に加入すると、生涯で数百万円の支出になります。だから、生命保険に加入する …

アジア
海外旅行のツアー代金はクレジットカード払いにしないと海外旅行傷害保険が適用されない

海外旅行に行くとき、事前にツアー代金を支払うかと思いますが、その際、現金で支払っ …