節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

マイカーは固定費を増やすだけ。中古車買取ですぐに節約開始。

マイカーを所有している方は、ただ自家用車を持っているというだけで、様々な固定費が発生します。

生活にどうしても必要だから車を買ったという方もいらっしゃるでしょうが、実際のところ、それは口実であって趣味や見栄で購入した部分はありませんか?多くの家庭では、マイカーが無くても生活が困ることはありません。車を手放すまでは、あれこれと必要な理由を見つけて所有し続けようとしますが、売ってしまえば別にマイカーを持つ必要はなかったなと思うものです。

駐車場代や自動車保険だけでも年間20万円の固定費

自家用車を持つとなると駐車場が必要になります。

マイホームなので駐車場代はかからないという方もいらっしゃるでしょうが、月極駐車場を借りている方なら1万円程度の駐車場代が毎月発生しているのではないでしょうか?それだけでも年間12万円の固定費となります。

さらに自動車保険にも加入しなければならず、年間6万円~8万円程度の保険料がかかります。

駐車場代と自動車保険だけで年間約20万円も固定費が発生するのですから、かなりの負担です。そして、マイカーを持たなければ、年間20万円も節約できるのですから、ここに手をつけずに節約を語ることはできないでしょう。他にも自動車保険も納めなければなりませんし、ガソリン代や車検も考慮すると年間20万円どころでは済みません。

都市部でマイカーは不要

東京や大阪、名古屋などの都市部では、マイカーを所有することは趣味や見栄以外の何物でもありません。

自動車

鉄道やバスといった公共交通機関が発達しており、しかも、地方よりも運賃が安いのですから、それらを利用した方が車で移動するよりも安上がりです。

独身なら趣味や見栄でマイカーを所有しても、家計を圧迫することはないでしょうが、結婚し家庭を持つとマイカーは最も家計を圧迫する原因となります。仕事があるので、車に乗るのは週末や年に何度かの家族旅行の時だけというのなら、自家用車を持つメリットはないと言えます。もしも、車を利用したいのならカーシェアやレンタカーを使った方が安上がりです。緊急の場合は、タクシーを利用したとしても、1回の乗車で1万円を超えることなんて滅多にありません。

マイカーがないからと言って、現在よりも生活レベルが下がるということは、都市部に住んでいる限りありません。それどころか、マイカーを手放すことで、大幅に固定費を削減できるので、生活レベルは今よりも確実に向上します。

原付バイクも検討してみる

マイカーがなければ毎日の買い物ができないという方もいるでしょう。

自宅から歩いて行ける距離にスーパーやデパートがなければ、車を使わないと買い物は不便です。バスや電車を使って買い物できる方は問題ないでしょうが、日中は1時間に1本程度しか運行されていない場合には、どうしても車を持たなければならないと考えてしまいます。

でも、本当に車でなければ買い物できませんか?

原付バイクがあれば、買い物できるのではありませんか?

雪国に暮らしている方なら、冬場の買い物に車がないと不便です。でも、冬でも雪がほとんど降らないような地域に住んでいるのなら、マイカーではなく原付バイクで代用することができるはずです。

マイカーを手放すときは、何かと理由を付けて売却をためらいます。でも、先ほども述べましたが、マイカーが無くても生活レベルが下がることはありません。1年余計にマイカーを所有するだけで、例え乗らなかったとしても、年間20万円の支出が発生します。駐車場代がもったいないからと言って、不必要に車に乗ると今度はガソリン代がかかってしまいます。

結局、家計の節約にとってマイカー所有がプラスに働くということは考えられないのです。

インターネットで簡単にできる中古車買取査定

最近では、車の買い替えではなくても中古車を買い取ってくれるところがありますし、インターネットでも中古車買取査定を行うことができます。例えばガリバーインターナショナルは、中古車販売の他に中古車買取も行っており、インターネットでも車買取査定ができます。

一社だけで買取査定するのは不安だという場合は、複数の中古車買取サイトに一括で査定を依頼できる車選び.comを利用すると良いでしょう。

何度も述べますが、自家用車を売却するだけで、固定費を大幅に削減できます。小さな節約も大切ですが、大きな支出、しかも、毎月、毎年決まって発生する駐車場代、自動車保険、税金といった固定費を一気に削減した方が、節約の効果が高いことを理解しましょう。

固定費を節約目次

  1. 固定費の削減は家計の大きな節約になる
  2. 電気料金のプランを見直して節約
  3. 電気代の節約には各電化製品の消費電力を把握すること
  4. 水道代の節約は日頃の取り組みが大事
  5. ガス代の節約はシャワーと給湯器から試す
  6. 携帯電話代やインターネット接続料などの通信費の節約の基本は解約
  7. 生命保険は死亡保障だけにして毎月の保険料を節約する
  8. 医療保険の特約を見直して節約する
  9. マイカーは固定費を増やすだけ。中古車買取ですぐに節約開始。
  10. カーシェアリングの料金比較。カーシェア利用は交通費の節約に優れている。
  11. リボルビング払いは節約の敵!クレジットカードは1回払いを選ぶべき。
  12. 住宅ローンの借り換えは長期的な支出を節約できるので検討すべき

公開日:
最終更新日:2015/04/13