節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

生命保険の傷害特約は付けるべきか?

   

生命保険には、様々な特約があります。どの特約がどういう内容なのか理解するのは一苦労ですから、いろんな特約がセットになった保険商品をとりあえず買っておこうという感じで契約する人は多いと思います。

でも、特約を付けなかったり、付けるとしても保障額を減らしたりすると、毎月の保険料が結構節約できるものです。

生命保険の特約に傷害特約が付いていることがありますが、これは必要なのでしょうか。そして、傷害特約をつけなかった場合にどの程度保険料を節約できるのでしょうか。

傷害特約の保険料は高くない

私が加入している生命保険の傷害特約は、不慮の事故や感染症で死亡した時、不慮の事故で身体障害状態になった時に保険金が支払われます。おそらく、多くの生命保険の傷害特約が同じ内容だと思います。

わかりやすい例だと、私が交通事故に遭って身体障害者になった場合に保険金が支払われるというものですね。もちろん死亡の時も保険金が支払われます。

道路

私が加入している生命保険の傷害特約は、最高500万円支給されます。そして、傷害特約に対する年間の保険料は4千円ちょっとです。もらえる保険金は約款に定めている事由によって異なりますが、500万円の保障に対して年間保険料が4千円ちょっとなら安いと思いますね。

主契約の死亡や障害状態に対する保障額はもっと多いのですが、これを仮に500万円の保障として年間保険料を計算してみると2万7千円になります。傷害特約の6倍以上の保険料の負担ですから、この観点からも傷害特約の保険料はそれほど高くないのではないかと思います。

傷害特約を付けても、不慮の事故で身体障害状態になる確率が低いので付けなくても問題ないとも考えられます。なので、傷害特約が必要かどうかは、人によって考え方が異なるでしょう。

保険に加入する目的を「発生する確率は極めて低いけども発生した時に大きな損害を被る場合に備えるもの」と考えるのであれば、傷害特約は保険の目的にかなった特約だと思います。不慮の事故で最高額の保険金を受け取る場合には、きっと誰かの助けがなければ生活できない状態になっているはずです。その状態になると、経済的な負担が大きくなり、預貯金だけではカバーしきれないでしょう。

傷害特約は、加入した年齢によって年間の保険料が変わってきますが、若い方だと3千円程度で付けれます。独身の方だと生命保険の死亡保障はあまり必要ありませんが、障害状態になった時の保障は、負担する保険料と比較すると付けておく価値があると思います。

 - 保険

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

家族
生命保険料を月額1,000円安くするだけで50万円の節約になる

生命保険に加入すると、生涯で数百万円の支出になります。だから、生命保険に加入する …

赤ちゃん
生命保険は掛け捨てがおすすめ

生命保険に加入するとき、多くの人が満期になるとお金がもらえる保険を選びます。そし …

赤ちゃん
生命保険は必ずしも必要ではない。生活費を削る前に生保の解約を検討すべき。

誰にでも、どの家庭にも一度や二度は生活費に困るといった事態が発生するものです。 …

赤ちゃん
生命保険の保険料がマイナス金利の影響で値上げの可能性。保険は必要な補償に絞って節約。

日銀がマイナス金利政策を行った影響が、大手保険会社の保険料に現れてきています。 …

親子
生命保険は滅多に利用しないのだから保険料が安いネット生保でも十分

生命保険に加入する時、どのような基準で選ぶでしょうか? 充実した保障、生命保険会 …

ビジネスパーソン
医療保険は貯蓄ができるまでのつなぎとして加入する

日本は、健康保険が充実しているので、ある程度の貯蓄があれば医療保険に加入する必要 …

ビジネスパーソン
子供の独立後は生命保険の死亡保障を見直して家計の節約

生命保険は、一家の働き手に万が一の事態が発生した時に遺された家族の生活を保障する …

ビジネスマン
生命保険はコンサルティングセールスに惑わされず自分の意思で契約する

生命保険の勧誘は、電話営業が定番です。その他にも、訪問によるセールスなんかもあり …

赤ちゃん
生命保険の比較は難しいし時間がかかる。だから保険会社にすすめられた保険商品を選びがち。

日本人の9割が生命保険に加入していると言われています。9割の日本人が保険会社と契 …

子ども
学資保険は必要ない。子供が高校や大学に進学する年齢は事前に分かっている。

子供が高校や大学に進学することに備えて学資保険に入ることを検討しているのなら、意 …