節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

夏はうちわを部屋中に置けば冷房器具の使用頻度が減って節電できる

   

夏の節電の肝は、冷房器具の使用頻度を減らすことです。

これは誰もがわかっていることですが、気温を自分の意思で上げたり下げたりできないので、なかなか実行に移せません。冷夏であればクーラーや扇風機を使う機会が減るでしょうが、猛暑が続けばエアコンを長時間使うことになります。極端に暑い日であれば、冷房器具に頼らなければなりません。でも、曇りや雨の日は、蒸し暑さはあるものの気温は下がりますから、冷房器具の使用時間を減らすことは可能です。

そして、夏の節電に効果を発揮してくれるアイテムと言えば、うちわです。

各部屋に1枚はうちわを置く

原始的なアイテムですが、うちわは、ただ扇ぐだけで扇風機と同じように風を送れますから、電気代は一切かかりません。

汗をかいた状態で帰宅した時、体がすごく熱くなっていますから、すぐにクーラーを入れたくなると思います。でも、ここでクーラーを使わずに窓を開けて外の風を入れます。そして、汗だくになったシャツを着替えて、体にうちわで風を送るだけでも、意外と涼しいものです。むしろ、汗をかいている時の方が、うちわの風がひんやりとして気持ちいいです。

うちわ

うちわは、1人1枚だけ持っていれば基本的に問題ないですが、できることなら各部屋に1枚ずつは用意しておきたいです。

とにかく暑く感じたらすぐに扇げるようにしておくことが重要です。どこにうちわを置いたのか忘れて探すのなら、エアコンのリモコンを押した方が楽です。それを無意識にやってしまうと、節電はできません。

だから、家の中のどこにでも、うちわがある状態にしておいた方が、エアコンのリモコンに手が伸びるよりも先にうちわが視界に入るので、無駄に冷房器具を使わなくなります。

凍らせたペットボトルも併用する

うちわだけでは物足りない場合には、凍らせたペットボトルも利用しましょう。

水を入れて凍らせたペットボトルを体の近くに置くだけでも、割とひんやりとして気持ちいいものです。さらにペットボトルをうちわで扇いで、冷風が体に当たるようにすれば、もっと涼しくなります。

夏は、ペットボトルに入ったお茶やミネラルウォーターを買う機会が多くなりますから、それを捨てずに有効活用しましょう。また、うちわも、何かの祭りやイベントでもらえることがありますし、テーマパークでも配ってたりしますから、買わなくても手に入ります。現在、自宅に1枚もうちわがない場合には、100円ショップで購入してください。

ちょっと、お洒落をしたいのなら扇子を持つのも良いですね。

ただ、扇子は、うちわと比較すると壊れやすいですし値段も高めですから、節電目的で使うのならうちわがおすすめです。

 - 水道光熱費の節約

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

蛍光灯
蛍光灯を取り換え。LEDに替えるなら照明器具ごと買い替えた方が安全。

先日、白熱電球からLED電球に交換した際、蛍光灯が切れた時にはLEDと取り替えよ …

東京タワー
東京電力管内の電気料金の節約に効果的なクレジットカード

東京電力が、2016年4月をめどに電力小売りが全面的に自由化されることに伴い、競 …

花
電力会社変更で電気代が安くなる場合は節電の余地あり

2016年4月から電力自由化がスタートし、一般家庭で電力会社を選べるようになりま …

東芝のLED電球
トイレの白熱電球をLED電球に交換。節電効果はいかほどか?

先日、トイレに使用していた白熱電球が切れたので、家電量販店に新しい電球を買いに行 …

東京タワー
電気料金プランのシミュレーションで節電額を比較

2016年4月1日から電力自由化が始まり、各家庭で数ある電力会社から好きなところ …

冬
冬の電気代節約のために誰でもできること

1年のうちで電気代が高くなるのは冬。夏も高くなりますが、冬の方が工夫次第で電気を …

水
トイレの水を「大」でばかり流さない。「小」も使えば水道代の節約になる。

水道代を節約する方法には、蛇口をしっかり締める、シャワーを頻繁に使わない、水道か …

ペットボトル
夏の冷房代節約にペットボトルを活用する

夏になると、どうしても電気代が増えます。その原因は誰もが分かっているように冷房を …

雪
寒波が来たら節約よりも暖房を使って温まることを優先する

冬場は、暖房器具を使うため電気代やガス代が高くなります。それでも、工夫次第では暖 …

火
給湯器を交換したらガス代が1割安くなった

この前、10年以上使っていた給湯器を交換しました。約40万円の高額な出費だったの …