節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

ポイントを1ヶ所のポイントサービスに集約する

ポイントカードをたくさん持っていると、ポイントが分散して有効期限までに使うことができず失効してしまうことがあります。また、無期限のポイントサービスでも最低利用ポイントが設定されている場合には、なかなかそこまでポイントを貯めれないといったことも起こります。

だから、多くのポイントサービスを利用するよりも、よく利用するお店のポイントサービスを集中的に利用した方がポイントを有効利用しやすいです。しかし、そうは言ってもポイントカードの発行が無料だと、ついつい余計にポイントサービスに加入してしまうもの。

こういう場合に助かるのが、ポイントの相互交換ができるサービスです。

ポイントをよく利用するポイントサービスに移行する

最近では、多くのポイントサービスで、他のポイントサービスに貯めたポイントを移行できるようになっています。

例えば、A店で貯めた100ポイントは通常A店でしか使えないけど、B店のポイントサービスに移行できるといった具合です。もしも、B店でよく買い物をするのなら、A店のポイントをB店のポイントカードに移しておいた方が、ポイントを消化しやすいですよね。

なので、現在、ほとんど買い物をしなくなっているお店のポイントが残っている場合は、そのお店のホームページを見て、他のポイントサービスに交換できるかどうか確認しましょう。ただ、ポイントを他のポイントサービスに移行すると、手数料として一定のポイントが減額されることがあります。それでも、ポイントを失効させるよりましですから、このまま何もせずポイントを失効させる危険があるのなら、他のポイントサービスに移行しておきましょう。

共通ポイントサービスを活用する

A店のポイントをB店のポイントサービスに直接移行できない場合があります。こういった場合は、他のポイントサービスへのポイントの移行も検討しましょう。この際に注目したいのが共通ポイントサービスです。

TポイントやPontaなどの共通ポイントサービスは、他の多くのポイントサービスからポイントを移行できるようになっています。仮にA店もB店もTポイントにポイントを移行できるようになっているのであれば、Tポイントカードを作っておけば、両方のポイントをTポイントに集約できます。もちろん、よく利用するB店のポイントはそのままにしておき、それ以外のお店で貯めたポイントだけを共通ポイントサービスに移行するという使い方もできます。

握手

本来なら、ポイントはもらったお店で使うのが最もお得なのですが、ポイントを消化するためだけに特に必要のないモノを買うのは、家計の節約という面から見ると本末転倒です。

不要なモノを買うくらいなら、手数料として少々ポイントを失ったとしても、よく利用するポイントサービスに移行すべきです。また、どうしても他のポイントサービスに移すことができないのなら、勇気を出してポイントを捨てることも考えましょう。

多くのポイントが残っていたら非常にもったいないですが、そもそもポイントは取得したらすぐに使うのが基本なので、いつまでも使わずに貯め続けていたことを反省しましょう。そして、その教訓を将来に生かし、少しでも家計の節約に役立ててください。

ただし、何万円もポイントが残っているのなら、捨てるのはもったいないので買い物に使うべきです。数百円程度のポイントなら勉強代として、きっぱりと諦めましょう。

ポイントサービスで節約目次

  1. ポイントサービスを利用して長期的に節約
  2. ポイントカードはよく買い物をするお店で作る
  3. ポイントカードを作る前に最低利用ポイントを確認しておく
  4. ポイントカードは有効期限が1年以上のものに限定する
  5. 共通ポイントサービスならポイントを無駄なく貯めれて消化しやすい
  6. 家電量販店のポイントカードは持っていて損なし
  7. ポイントを1ヶ所のポイントサービスに集約する
  8. ポイントを電子マネーにチャージして節約
  9. ポイントカードは家族など複数人でポイントを貯めれるものを優先的に利用する
  10. ポイント大幅還元の商品はポイントで買わない
  11. 節約のためにクレジットカードを作るならポイントを利用しやすいカードを選ぶ
  12. クレジットカードは大幅にポイントが還元されるときに使う
  13. ポイントを貯めやすく使いやすいお得で節約向きのクレジットカード

公開日:
最終更新日:2017/09/12