節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

60歳から保険料の払込が不要になる保険は何も得をしていない

      2016/02/19

生命保険や医療保険に60歳を過ぎたら保険料がゼロになるというものがあります。

一見すると、収入が少なくなる老後を考えると保険料の負担が無くなるので、ありがたい保険だと思ってしまいます。でも、このような一定年齢までしか払い込みをしなくて良い保険は、それ以降に必要となる保険料を前払いしているので、得をしているということはないのです。

何歳までの保険料を前払いしているのか?

結局、老後も毎月保険料を支払うのも、60歳までに保険料を全額払い込むのも、どちらも同じなのです。

しかし、60歳までにすべての保険料を払い込むタイプの生命保険の方が不利になっていることがあります。それは、前払いしている保険料が、一体何年分なのかわからないことです。

平均年齢まで生きることを想定した場合、男性なら約80歳、女性なら約85歳までの保険料を前払いすることになるでしょう。ただ、それ以上に長生きすることもあるので、保険会社としては、少し余裕を持って男性なら85歳、女性なら90歳くらいまでを想定して保険料を設定していると、普通なら考えます。

ところが、ある保険会社は、100歳以上長生きすることを想定して、保険料を前払いさせていると言われています。平均寿命と比較すると想定している期間があまりにも長すぎます。当然、前払いする保険料は割高に設定されています。

おじいさん

こんな客側に不利となる保険を売っている会社があるのですから、注意しなければいけませんね。

老後の保険料は割高になる

誰だって年をとれば、病気がちになります。そして、若いころよりも死亡率が高くなっています。

保険会社は、病気にかかりやすい人、死亡する危険性が高い人に対しては高い保険料を要求するか、万が一の時に支払う保険料を少なくします。そうしなければ、保険会社は入ってきた保険料よりも出ていく保障のお金の方が増えてしまいます。だから、年をとればとるほど、生命保険も医療保険も、負担しなければならない保険料は高くなるのです。

そういったことを考えると、老後に医療保険や生命保険に加入し続けることが得策か、今一度検討すべきです。

老後は、多くの人が年金生活になり、現役時代よりも収入が減ります。それなのに保険料は高くなっていくのですから、生命保険や医療保険に加入し続ければ、徐々に家計が圧迫されていきます。高い保険料を払っても、いざという時に少しの保険金しかもらえなければ、保険料に相当する金額を毎月貯金しておいた方が良いと思いませんか?

もしも、100歳以上長生きできると思っている方なら、先ほどの60歳までに保険料を全額払い込む生命保険や医療保険に加入するのも良いでしょう。でも、多くの人は、いつまで生きるかなんて事前にわからないのですが、こういった保険には加入すべきではありません。

そろそろ定年退職を控えている方は、一度、生命保険や医療保険の見直しを検討することをおすすめします。

 - 保険

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

赤ちゃん
生命保険の保険料がマイナス金利の影響で値上げの可能性。保険は必要な補償に絞って節約。

日銀がマイナス金利政策を行った影響が、大手保険会社の保険料に現れてきています。 …

ビジネスマン
生命保険は保障内容ではなく保険料をいくらまで払えるかで決めるのもあり

これから生命保険に加入しようと考えている方は、どの保険が良いかをいろいろと調べて …

手
生命保険の契約は必要最小限に止める。迷った特約は切るべし。

生命保険の契約をする時にたくさんの特約を付ける方がいますが、あまりおすすめできま …

道路
生命保険の傷害特約は付けるべきか?

生命保険には、様々な特約があります。どの特約がどういう内容なのか理解するのは一苦 …

赤ちゃん
生命保険は掛け捨てがおすすめ

生命保険に加入するとき、多くの人が満期になるとお金がもらえる保険を選びます。そし …

子ども
学資保険は必要ない。子供が高校や大学に進学する年齢は事前に分かっている。

子供が高校や大学に進学することに備えて学資保険に入ることを検討しているのなら、意 …

1万円札
医療保険よりも病気や怪我で役立つのは現金・預金・貯金

万が一の怪我や病気に備えるためにどうしたら良いのかを考えるとき、多くの人が、医療 …

赤ちゃん
生命保険は必ずしも必要ではない。生活費を削る前に生保の解約を検討すべき。

誰にでも、どの家庭にも一度や二度は生活費に困るといった事態が発生するものです。 …

親子
生命保険は滅多に利用しないのだから保険料が安いネット生保でも十分

生命保険に加入する時、どのような基準で選ぶでしょうか? 充実した保障、生命保険会 …

紙幣
貯蓄手段は生命保険だけではない

生命保険には、契約者に万が一の事態が発生した時に保険金が給付される保障部分の他に …