保険料の節約は見直しよりも解約

2016年2月19日

固定費の節約のために生命保険や医療保険の保険料を見直すことは有効な手段です。

毎月の保険料が1,000円でも少なくなれば年間1万2千円の節約になるので、節約効果は大きいと言えます。でも、保険の見直しで保険料を節約できると言っても限界があります。特約を削っていっても、どうしても削ることができない保障があるので当然です。

また、見直しは保険の約款を確認したり、ファイナンシャルプランナーに相談したりと、時間や手間がかかることから途中で嫌になり、結局、従来通りの保険料を払い続けてしまうなんてこともあります。

生命保険も医療保険も現在の生活には不要

それなら、思い切って生命保険や医療保険そのものを解約してみてはどうでしょうか?

そもそも、生命保険も医療保険も何のために加入しているのかを考えてみてください。多くの場合、家族の中の働き手、例えば夫が万が一、大ケガをしたり不慮の事故で亡くなった時に生活が破たんしないようにするためですよね。

したがって、そういった事態が発生しないかぎりは、生命保険も医療保険も、ただ保険料を払うだけで何の見返りももたらしません。だから、家計が苦しいので、節約をしたいと思うのなら、真っ先に保険から手をつけるべきなのです。

しかし、日本人は保険が好きであること、将来のことについて深刻に考えがちなことから、契約しなくてもよい保険を買ってしまいがちです。現在の生活を犠牲にしてまで、将来起こるかどうかわからない事態に備えて生命保険や医療保険に加入することはナンセンスです。

子育てに多くの支出が発生するような家庭なら、なおさら保険を解約すべきです。

親子

かわいい子供の顔を見ていると、自分に何かあっても、この子だけは守りたいという気持ちがわいてきます。だからと言って、生命保険に加入して、毎月高い保険料を払うべきではありません。本当に子どもがかわいいのなら、その保険料を子供の食費に充てて健康に育てるべきではないですか?

クレジットカードの保険を検討してみる

そうは言っても、せめて医療保険くらいは加入しておきたいという方もいらっしゃるでしょう。

そういう方は、クレジットカードの保険を検討してはいかがでしょうか?

私は加入していませんが、1年に1回、クレジットカード会社から月額500円程度の保険の案内が届きます。保障内容は、万が一の事故などでけがをした場合に保険が下りるといったものです。どうしても保険に加入していないと不安だという方は、この程度の保険でも十分に安心感を得られるはずです。

ただ、この保険はクレジットカード会社のホームページを見ても掲載されていませんでした。特定の会員にだけしか提示していない保険なのか、年齢が何歳以上だとか、何らかの条件があるのかもしれませんが、よくわかりません。

とりあえず生命保険も医療保険もすべて解約するのは不安だという方は、こういったちょっとした保険への加入を検討すると良いでしょう。



保険

Posted by 倹約師範