節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

海外旅行のツアー代金はクレジットカード払いにしないと海外旅行傷害保険が適用されない

      2015/09/29

海外旅行に行くとき、事前にツアー代金を支払うかと思いますが、その際、現金で支払っていませんか?

海外に行くと、何かの事故に巻き込まれて怪我したり、現地の食事や飲料水に馴染めずに体調を崩して病気になってしまう危険があります。そのような事態に備えて海外旅行傷害保険に加入しておいた方が良いです。

海外旅行傷害保険に加入する方法は特に難しくありません。旅行代金を事前にクレジットカード払いすれば、現地での傷害や疾病の治療に対して一定の保険金を受け取れます。

海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持っておく

ただ、クレジットカード払いすれば必ず海外旅行傷害保険に加入できるわけではなく、海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードで旅行代金を支払わなければなりません。

海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードの中には、そのクレジットカードを持っているだけで自動的に海外旅行傷害保険が適用されるものもあります。こういった海外旅行傷害保険が自動付帯のクレジットカードは、ゴールドカードのように年会費を支払っている場合に適用されることが多いです。

事前の手続きが不要なので、自動付帯のクレジットカードは海外旅行に行くときはとても便利です。なので、できることなら海外旅行傷害保険が自動付帯のクレジットカードを持っておきたいですね。

アジア

しかし、数年に1回程度しか海外旅行に行かないという方は、海外旅行傷害保険が自動付帯のクレジットカードを所持するのは年会費がもったいないです。こういった方は、年会費無料で海外旅行傷害保険が付帯していて、そのクレジットカードで旅行代金を支払った時に保険が適用されるクレジットカードを持っておけば十分でしょう。

リクルートカードと楽天カードがおすすめ

年会費無料で、海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードの中では、リクルートカードと楽天カードがおすすめです。

この2つのカードは、ポイント還元率も高いので旅行代金を節約できるといったメリットもあります。また、楽天トラベルでは海外ツアーも予約できるので、楽天カードでツアー代金を支払えば、海外旅行傷害保険も適用され、ポイントも2倍獲得できて一挙両得です。

とりあえず年会費無料のクレジットカードを作ろうと考えている方は、楽天カードかリクルートカードを申し込むのがおすすめです。リクルートカードだと、国内旅行傷害保険も付帯していますから、国内旅行に行く機会が多いという方はリクルートカードを選ぶと良いでしょう。

なお、楽天カードとリクルートカードの海外旅行傷害保険の詳しい内容は公式ホームページでご確認ください。

 - 保険

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

家族
生命保険料を月額1,000円安くするだけで50万円の節約になる

生命保険に加入すると、生涯で数百万円の支出になります。だから、生命保険に加入する …

親子
保険料の節約は見直しよりも解約

固定費の節約のために生命保険や医療保険の保険料を見直すことは有効な手段です。 毎 …

子ども
学資保険は必要ない。子供が高校や大学に進学する年齢は事前に分かっている。

子供が高校や大学に進学することに備えて学資保険に入ることを検討しているのなら、意 …

赤ちゃん
生命保険の比較は難しいし時間がかかる。だから保険会社にすすめられた保険商品を選びがち。

日本人の9割が生命保険に加入していると言われています。9割の日本人が保険会社と契 …

ビジネスマン
生命保険はコンサルティングセールスに惑わされず自分の意思で契約する

生命保険の勧誘は、電話営業が定番です。その他にも、訪問によるセールスなんかもあり …

1万円札
医療保険よりも病気や怪我で役立つのは現金・預金・貯金

万が一の怪我や病気に備えるためにどうしたら良いのかを考えるとき、多くの人が、医療 …

道路
生命保険の傷害特約は付けるべきか?

生命保険には、様々な特約があります。どの特約がどういう内容なのか理解するのは一苦 …

赤ちゃん
生命保険は掛け捨てがおすすめ

生命保険に加入するとき、多くの人が満期になるとお金がもらえる保険を選びます。そし …

ビジネスパーソン
子供の独立後は生命保険の死亡保障を見直して家計の節約

生命保険は、一家の働き手に万が一の事態が発生した時に遺された家族の生活を保障する …

赤ちゃん
独身者は生命保険に加入しなくても大丈夫

もしも、今、あなたが独身で生命保険に加入するかどうかを検討しているのなら、加入す …