節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

生命保険は必ずしも必要ではない。生活費を削る前に生保の解約を検討すべき。

   

誰にでも、どの家庭にも一度や二度は生活費に困るといった事態が発生するものです。

給料が減った、出産、子供の進学など理由は様々あります。だから、こういった事態に備えて普段から節約になれておくことが大切ですし、貯金をする癖を身につけておくことも重要です。でも、こういうことを心がけていても、会社の業績が悪化して大幅に給料が減ってしまった場合には、普段の買い物での節約では対応しきれないことがあります。

今すぐ必要でない支出を切る

生活費を切り詰めると言っても、食費を減らすのには限界があります。パンや麺類など炭水化物だらけの食品なら安くで購入できますが、こういった食品は必須の栄養素が乏しいですし、将来、生活習慣病にかかる危険性を高めます。だから、どんなに生活が苦しくなったからと言っても、タンパク質や脂質を削って炭水化物の量を増やす食費の節約法は選択してはいけません。

特に幼い子供にそのような食事をさせていると、発育や成長に不都合が生じる場合もあるでしょう。

赤ちゃん

だから、食費を削るとしても、栄養の質を下げるようなことをしてはいけません。

家計が苦しくなった時に真っ先に切り捨てるべきものは、今すぐ必要とならないものへの支出です。食費、水道光熱費は毎日必要となる支出なので、これらを減らすのは容易なことではありません。反対に今すぐ必要としないもの、その典型である生命保険は、今すぐ解約したところで生活の質を落とすことはありません。

将来の不安よりも現在を重視すべき

生命保険を解約すると、将来、稼ぎ手である夫(妻)が不慮の事故で亡くなった時に一家が路頭に迷うから困るという方もいます。

でも、よく考えてください。現在、生活費に困るほど収入が減っているのなら、今こそ一家の危機的状況です。生命保険が将来の不測の事態に備えて保険料を毎月支払うものなら、今発生している危機的状況から脱出するために解約して保険料を生活費に充てることも、生命保険に加入する目的と一致しているのではないでしょうか?

生命保険を解約せず、毎月保険料を払い続けることで、いつまでも現在の危機的状況が解消されないのでは本末転倒です。

いったん生命保険を解約して現在の苦しい状況から脱出でき、再び家計にゆとりが出てきたときに再び生命保険に加入したらいいのです。その時は、現在の保険料よりも割高になっているでしょう。でも、いったん生保を解約したことで保険料を払わずに済んだ期間があるのですから、その期間に払わなかった保険料が、新たに契約する生保の保険料に上乗せされていると思えば良いのです。

また、いったん生命保険を解約したことで、本当に生命保険が必要かどうかを考え直す機会が与えられます。友人や知人の勧めで加入したという方なら、なおさら生命保険の必要性を検討する良い機会だと言えます。

 

生命保険は、生きていくために必ず必要なものではないので、生活費にゆとりがなくなった時には真っ先に解約を検討しましょう。

 - 保険

Comment

  1. ケンディ より:

    ありがとうございます
    まさにその通りの人生歩んでいます
    救われました 保険料生活費苦しいのでやめる勇気50過ぎなので
    迷います。保険窓口等見直しても苦しい生活費ですが また 病気になっても同じ事ですし

    • 倹約師範 より:

      ケンディさん、コメントありがとうございます。

      いったん契約した保険はなかなか解約する勇気が出ないですよね。
      保険に限らず固定費の多くは、不思議と切りたくないという気持ちがわいてきます。
      でも、切ってしまうと案外必要のない支出だったなと気づきますね。

      どうしても生命保険に加入しておきたいのなら、掛け捨ての安い保険にするのが良いと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

赤ちゃん
生命保険の保険料がマイナス金利の影響で値上げの可能性。保険は必要な補償に絞って節約。

日銀がマイナス金利政策を行った影響が、大手保険会社の保険料に現れてきています。 …

ビジネスマン
生命保険は保障内容ではなく保険料をいくらまで払えるかで決めるのもあり

これから生命保険に加入しようと考えている方は、どの保険が良いかをいろいろと調べて …

1万円札
医療保険よりも病気や怪我で役立つのは現金・預金・貯金

万が一の怪我や病気に備えるためにどうしたら良いのかを考えるとき、多くの人が、医療 …

赤ちゃん
生命保険を減額更新して月々の保険料の負担を軽減した

先日、生命保険が10年の満期を迎えたので更新しました。 保険会社に連絡しなければ …

子ども
学資保険は必要ない。子供が高校や大学に進学する年齢は事前に分かっている。

子供が高校や大学に進学することに備えて学資保険に入ることを検討しているのなら、意 …

ビジネスパーソン
医療保険は貯蓄ができるまでのつなぎとして加入する

日本は、健康保険が充実しているので、ある程度の貯蓄があれば医療保険に加入する必要 …

アジア
海外旅行のツアー代金はクレジットカード払いにしないと海外旅行傷害保険が適用されない

海外旅行に行くとき、事前にツアー代金を支払うかと思いますが、その際、現金で支払っ …

紙幣
生命保険は歴史のある生保と契約した方が安全か?

生命保険に加入する際、どこの生保を選ぶかを決めなければなりません。生命保険は、万 …

赤ちゃん
独身者は生命保険に加入しなくても大丈夫

もしも、今、あなたが独身で生命保険に加入するかどうかを検討しているのなら、加入す …

家族
生命保険料を月額1,000円安くするだけで50万円の節約になる

生命保険に加入すると、生涯で数百万円の支出になります。だから、生命保険に加入する …