銀行ATMの引き出し手数料を時間外でも無料にする方法

銀行のATMから預金を引き出す時は、引き出し手数料がかからない時間帯を選ぶのが節約の基本です。

でも、緊急の場合には、時間外手数料が必要となる時間にどうしてもATMを利用しなければならないこともあるでしょう。また、出張先や旅行先で、お金が必要になった時も、他行のATMやコンビニのATMで預金を引き出さなければならないことがあり、引き出し手数料がかかってしまいます。

普通預金の金利が低い時代ですから、こういった形で手数料を取られると、預金利息で賄うのが難しいので、できることなら手数料がかからない条件で預金を引き出したいですね。

給与や年金の受取口座にする

最近では、多くの銀行が時間外手数料やコンビニATMの手数料を無料とするサービスを行っています。しかし、預金者なら誰でも引き出し手数料が無料になるわけではなく、一定の条件を満たす必要があります。

例えば、給与や年金の受取口座に指定した場合、時間外手数料やコンビニATMの手数料が無料になりますね。

ATM

ほとんどの人が、普段、頻繁に利用する銀行の預金口座を給与振込口座に指定しているでしょうから、ATM時間外手数料やコンビニATMの手数料が無料になっていると思います。もしも、給与や年金の受取口座にしているのにこれらの手数料が無料になっていない方は、振込口座を他の銀行に変更した方が良いでしょう。

また、給与振込口座を2ヶ所や3ヶ所指定できる会社で勤めている方は、複数の給与振込口座を用意しておくと、どの銀行で時間外に預金を引き出しても手数料が無料になるので便利ですね。

残高を一定以上に維持する

ATM時間外手数料を無料にするには、預金残高を10万円や30万円以上に維持するといった方法もあります。全ての銀行で、このようなサービスを実施しているわけではないので、最寄りの銀行で、このサービスを受けれるかどうかはわかりません。

預金残高を一定以上に維持しておくと時間外手数料が無料になる銀行口座を持っている場合は、全ての預金口座の残高を手数料が無料になる金額以上にしておきましょう。

クレジットカードの引き落とし口座に指定する

銀行が発行しているクレジットカードの引き落とし用に預金口座を利用している場合にも、ATM時間外手数料やコンビニATM手数料が無料になることがあります。

ただ、この方法は、普段使わないクレジットカードを契約しなければならないといったデメリットがあるので、あまりおすすめできません。でも、自分のライフスタイルに合ったクレジットカードであれば作っておいても損はないですね。

ポイント還元率が高いなど、様々な特典が受けれる場合には、検討する価値があるでしょう。

投資信託などの金融商品の残高が一定以上ある

銀行が取り扱っている投資信託などの金融商品の残高が、10万円以上や30万円以上といったように一定以上ある場合にも、ATM時間外手数料やコンビニATM手数料が無料になることがあります。

ただ、こういった金融商品での資産運用は元本が目減りするリスクがあります。わずかな時間外手数料の節約のために大きな損失を被ることにもなるので、金融商品への投資は慎重に検討した方が良いでしょう。

住宅ローン残高がある

住宅ローン残高がある場合にも引き出し手数料が無料になる銀行があります。

しかし、住宅ローンを組むことは、元本に加えて利息も余分に支払わなければならないので、総合すると家計の節約になるかどうかはわかりません。住宅ローンを組むにしても少額にしておくべきでしょう。

NISA口座を持っている

取引銀行のNISA口座を持っている場合もATM手数料が無料になることがあります。

NISAは、少額投資非課税制度のことで、株式投資の年間取引額が一定以下の場合に税金が優遇される制度のことです。株式投資をしていない方が、これから始めるという場合には、NISAを活用すると良いでしょう。

しかし、株式投資には元本が目減りするリスクがあるので、ATM時間外手数料を無料にする目的でNISAを利用すべきではありません。NISA口座を開設した結果、おまけでATM時間外手数料が無料になったと考えるべきですね。

 

以上、ATM時間外手数料など預金の引き出し手数料が無料になる方法をいくつか紹介しましたが、この他にも探せば手数料を節約できる方法があるはずです。なので、普段使っている銀行口座については、時間外手数料が無料になる方法があるかどうかを確認しておきましょう。

最も利用しやすいのは、残高が一定以上の場合、給与や年金の受取口座にしている場合でしょうね。