節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

プレミアム商品券入手は中堅サラリーマンの日給と同じ価値がある

   

全国でプレミアム商品券の発売が行われていますね。

プレミアム商品券は各自治体が発行しているお得な商品券で、私が住んでいる地域では、1万円で1万3千円分の商品券を購入できます。1人で5冊まで買えるので、最高1万5千円分も得することになります。

この機会を逃すまいとプレミアム商品券を買いに行ったのですが、販売1時間前には完売という状況でした。

1日仕事するのと同じ価値

1万5千円と言えば、中堅サラリーマンの日給に相当する金額です。それだけの金額ですから、やはりそれなりの努力をしなければならなかったということですね。

午前9時の発売開始に対して午前3時から並んでいた方もいたようです。6時間も前から並ぶなんて気合が入っているなと思いますが、6時間労働で1万5千円の給料がもらえるのなら、これは割の良い仕事と言えます。

このように考えれば、発売の1時間前や2時間前に出かけて、プレミアム商品券を買おうというのは、虫の良い話ですね。サラリーマンの日給をそんな短時間に得られると思っていたことが甘かったです。

紙幣

でも、せめて1冊くらいはプレミアム商品券を買いたかったですね。

経済対策優先?

今回のプレミアム商品券は、市民の生活を支援するというよりは、地域の経済活性化を優先するものなのでしょう。

プレミアム商品券はその地域の住民でなくても購入できましたから。もしも、地域住民の生活を支援することが目的であれば、市民以外は買えないようにしていたでしょう。

そう考えれば、プレミアム商品券は景気対策の意味合いが強い政策と考えられます。だから、プレミアム商品券の購入者が誰であっても、自治体にしてみれば地域内で買い物をしてくれれば良いわけです。

きっとプレミアム商品券を買えなかった人たちは、特典を少なくして多くの市民が買えるようにすべきだと思ったでしょうが、購入に制限を付け過ぎて売れ残ってしまうことの方が自治体は困るはずです。

だから、先着順にしたのでしょう。

でも、今回いろいろと揉めた自治体もあったようですから、次回は何らかの対策をした方が良いですね。

 

プレミアム商品券の特典を生活費に充てこむつもりでいたのですが、当てが外れてしまいました。サラリーマンの日給分の特典を得ることは、容易ではないということですね。

 - 節約の心得

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

花火
お店で便利そうな商品を見つけても1日買うかどうかを考える

何気なく入ったお店で、「あ、これ便利そう」と思って商品を手に取り、そのままレジに …

トンカツ
ランチ代の節約に会社の従業員でなくても利用できる社員食堂で昼食を食べる

食費の節約のために毎日のランチ代をどうやって切り詰めるかを日々考えている方も多い …

コイン
クレジットカードの高いポイント還元率は企業環境の変化で厳しくなる

クレジットカードの魅力のひとつに買い物をするとポイントがもらえることがあります。 …

時計
お金の節約に時間がかかるのは仕方ないこと

お金を節約しようと思うと、何かしらの労力がかかるものです。 自宅から遠いスーパー …

ビジネスマン
独身生活が長いほど節約が難しくなる

節約が得意な人もいれば苦手な人もいます。人は、まったく性格が同じということはない …

時計
お金の節約と時間の節約ではどっちを優先すべきか?

お金の節約をし始めると、どうしても気になるのが、その行為が労力に見合う節約額を生 …

コイン
電子マネーは便利だけど節約にはあまり有効ではない

最近、電子マネーが少しずつ普及しています。コンビニだと、ほとんどのお店で利用でき …

生卵
食費節約の影響でビタミンとミネラルの摂取量が不足してると感じたらサプリメントの活用もあり

家計を少しでも節約するためにどうしても食費を削らないといけない場面が出てきます。 …

ノート
予算を設定すれば支出の節約の目安になる

家計の節約のために支出をできるだけ少なくするように心掛けている方が多いことでしょ …

キャッシュカード
都市銀行の預金口座は複数持っていると振込手数料の節約に便利

銀行の預金口座をいくつ持っていますか? 私は、ゆうちょ銀行も含めると全部で5行の …