夏の寝苦しい夜を節電しながら冷房を使って快適にするコツ


このところ、夏は夜でも非常に暑くなっています。そのため、暑さで熟睡できない人も多いのではないでしょうか。

快眠のためには、冷房を使って、心地良い室温まで下げるのが理想的です。しかし、睡眠中にずっと冷房を使っていると、夏の電気代が恐ろしいことになります。だから、夜通し冷房を入れっぱなしにするのは難しいですね。

そうは言っても、夜中に熱中症になる方がもっと困りますから、一切冷房を使わないのも考えものです。

そこで、冷房は、夜寝る前に短時間だけ使うようにします。これで、節電しながら快眠を得ることができます。

寝る前に外に出てみる

私の家は、真夏だと夜でも室温が30度を超えています。

ところが、夜に外に出てみると、室内よりも涼しいのです。だから、真夏に家で寝るくらいならベランダで寝たほうが快適なのですが、そんなことをすると蚊に刺されて体中かゆくなってしまいます。

でも、夜にベランダに出て、室内よりも外の方が涼しいことに気づいたのは収穫です。

夜中に窓を開けておけば、早朝には、外と室内の温度がほぼ同じくらいになっています。真夏だと25度から28度くらいでしょうか。最低気温が25度以上を熱帯夜と言いますが、室温が30度の場合に比べれば快適です。

室温を外気温と同じ程度にする

夜寝る前に冷房を使う場合は、室温が外気温と同じくらいになるまで冷やせば十分です。

外気温が28度なら、室温を28度にしておけば、朝まで室温を外気温と同じ程度に保てます。

夜、暑さで寝苦しいのは、いつまで経っても、室温が外気温より高いことが理由です。だから、外気温と同じ温度まで室温が下がれば、比較的快適に眠ることができます。

睡眠

30分から1時間程度、冷房で室内を冷やした後は、窓を開けておけば十分です。タイマーをセットして扇風機を使えば、さらに快適になります。

要は、冷房を使って短時間で室温を外気温と同じ温度まで下げれば良いわけですね。

夏は冷房を使いすぎて、電気代が高くなることがあります。でも、要所要所で適度に冷房を使えば、節電しながら効果的に室内を冷やすことができます。

夜中にずっと冷房を使うのは、電気代がかかりすぎます。少しでも電気代を節約するためには、夜寝る前に外気温と同じ温度まで室温を下げる目的で冷房を使うことです。

まずは、寝る前に外に出て、外気が意外と低いことを確認してください。そうすれば、夜中にずっと冷房を使わなくても良いとわかりますよ。