特売の曜日を覚えて無駄な買い物を減らす

買い物をした翌日に同じお店で同じ商品が、もっと安くで売られていたという経験をしたことがある方は多いはず。

こういう経験は、値段がちょっとしか違わなくても、とても損をしたような気分になります。また、こういったことが何度も繰り返されると、意外と大きな金額になっていることもあります。

だから、普段から折り込みチラシを見て、特売をチェックすることが大切です。

無駄な買い物は偶然ではない

今日買った商品が、明日、安売りされるかどうかわからないと思うでしょうが、そんなことはありません。今日買わないで、明日買った方が安くなるということは、商品によっては事前に知ることができます。

毎日、折り込みチラシを見ていたら、どの曜日にどの商品が安売りされるといったことは自然とわかってくるものです。例えば、魚の安売りは毎週木曜日だといった感じで。

魚

それが分かっているのなら、水曜日に高い値段で魚を買うことはなくなります。

スーパーの場合は、どこでも決まった曜日に決まった商品が安くなります。特に食品は、商品ごとに特売日がほぼ決まっていたりします。なので、頻繁に利用するスーパーについては、普段から折り込みチラシを見る癖をつけて、どの商品が何曜日に安売りされるかを覚えておくと、無駄な買い物をしなくて済みます。

今日買った商品が、明日はもっと安売りされるということは偶然ではないのです。

折り込みチラシを毎日見ていれば特売商品を探し慣れる

毎日、折り込みチラシをチェックしていれば、次第にスーパーごとの癖を把握できるようになります。

Aスーパーは、火曜日に野菜が安売りされるとか、Bスーパーは、週末に肉が安売りされるとか。そういった癖を知っていれば、Aスーパーのチラシを見るとき、火曜日以外は野菜が安売りされているかどうかをチェックする必要がなくなります。当然、無駄なチェックが減るので、短時間で折り込みチラシのチェックが済みます。

折り込みチラシを毎日チェックするのは時間がもったいないと思うかもしれませんが、実は、毎日折り込みチラシを見ている方が、たまにチラシの比較をする場合よりも、格段に時間を節約できるのです。それは、毎日チラシを見ることで、どこに何が書かれているのかが分かるようになったり、無駄なところに目を通さないで済むようになったりするからです。

 

折り込みチラシをチェックする癖をつければ、特売の曜日が分かるようになるので、安売りされるであろう商品を高い値段で買わないで済むようになりますよ。