安いと思ってもすぐに買わず、自宅に戻って他店のチラシも確認する

スーパーやドラッグストアに買い物に行くと、思わず「これは安い」と商品に手を伸ばし買い物かごに入れたという経験は誰にでもあるはず。

その時は、得したと感じるのですが、実はそれほど必要ないものだったと帰宅してから気づいた経験を持っている方も多いことでしょう。また、安いと思って買ったものが、実は他のお店の方が安かったということもあります。節約のことを考えると、できればこういった経験はしたくないですね。

季節商品は他店も安い可能性あり

帰宅してから他店の方が安かったという場合、その多くが季節商品なのではないでしょうか?

例えば、冬なら使い捨てカイロやマスクなどですね。

私の家の近くのスーパーやドラッグストアでは、使い捨てカイロは、10個300円ほどで売られています。それが、特売の時だと200円程度にまで下がります。

12月に入った辺りから、どのお店でも使い捨てカイロが売り出されます。冬に入って間もない時期は300円程度で売られていることが多いのですが、たまに250円ほどの値段で売っているお店もあります。他よりも50円安いわけですから、ついお買い得だと思って手が伸びてしまうんですよね。

手

でも、ここで買い物かごに使い捨てカイロを入れてはいけません。もしかしたら、他のお店も安売りをしているかもしれないからです。

あるお店が季節商品を安売りし始めたら、他のお店もそれに追随する傾向にあります。つまり、使い捨てカイロが250円で売られていたのなら、他のお店も300円から値を下げて安売りしている可能性があるのです。

だから、使い捨てカイロが250円というのは安いと思っても、その場ですぐに買い物かごに入れずいったん帰宅しましょう。

自宅で折り込みチラシをチェック

帰宅したら、折り込みチラシのチェックです。

先ほど訪れたお店以外のスーパーやドラッグストア、ホームセンターのチラシを確認します。すると、中には200円で使い捨てカイロが売られているお店があるかもしれません。もしも、どのお店も安売りをしていなかければ、翌日にでも先ほどのお店に行って買えばいいだけです。

また、季節商品であれば、近いうちにどのお店も安売りし始めます。

なので、その時まで待つというの一つの手です。もちろん、いますぐ必要だということもあるでしょう。例えば、風邪をひいた場合、どうしても今すぐマスクが必要になりますし、体を冷やさないようにするために使い捨てカイロが必要になる場合もあります。そういう時は、値段なんて無視して、マスクも使い捨てカイロも買ってください。

でも、今すぐに必要でない季節商品であれば、安売りするのを待ってから買うようにしましょう。

そうすることで、マスクや使い捨てカイロのような消耗品の使用回数も減り、さらに節約できますよ。