使用頻度が少なくて借りれる物は買わずにレンタルする

必要な物は何でも買うという人がいます。必要なんだから買うのは当たり前と思うでしょうが、でも、買わずに済ますことだってできます。

買わずに済ます方法ですぐに思いつくのは、借りること、つまりレンタルですね。どんなものでも借りれるわけではないですし、すぐにレンタルできるわけではないですが、買う前にレンタルで済ませることができないかどうかを常に考えることは、節約にとって大切なことです。

1回しか使わないのなら借りる

頻繁に利用するものについては、借りるよりも買った方が安上がりになりますが、使用する機会が少ないのであればレンタルの方が安上がりです。

例えば、流行りの音楽や映画だから聞いておきたい見ておきたいという場合、わざわざCDやブルーレイを買わなくてもレンタルショップで借りれば十分でしょう。特に映画は、一度見れば短期間に何度も何度も見るということはありません。それならDVDなどをレンタルして1回見て返す方が買うよりも圧倒的に安くつきます。

CD

もちろん、好きな歌手だから、好きな映画監督だからといった理由で全ての作品を買い揃えているという方は、レンタルではなく買えばいいと思います。それはその人の趣味なのですから。

でも、友人との話題のためといったような目的であれば、わざわざ買う必要はないですよね。

どれだけ使うのかを事前に考えること

物を買う時、特に趣味や余暇を楽しむための道具を買う時は、それをどの程度使うかを事前に考えることが大切です。

私は、スノーボードを始めた時に友人から板を買うようにすすめられましたが買いませんでした。スノーボードの板は安いモノなら3万円以内で買うことができますが、いいものになると10万円ほどします。そのような高額な買い物をまだスノーボードをしたことがない時点で買うのは得策ではありません。

もしも、一度スノーボードをやってみて滑ることができなくて面白いと感じなければ、その後、スキー場に行く機会は減るはずです。もしかしたら、二度とスノーボードをしないかもしれません。

そういう可能性があるのですから、スノーボードやスキーなどは、初めて経験する場合、レンタルすることをおすすめします。

どの程度の頻度でスノーボードをするのなら、板を買った方が良いかは人それぞれの価値観によって異なるでしょうが、レンタル代よりも買った方が圧倒的に安上がりだと言えるのは、1シーズンに5回以上スキー場に通う場合でしょうね。レンタル代が1回につき5千円だった場合5回で2万5千円です。2年で5万円ですから、それよりも安い板を買えばレンタルよりも節約できます。

しかし、1シーズンに5回というのは、雪国に住んでいない人にとっては多いと思います。

1シーズンに3回行ければいい方なのではないでしょうか?その程度でしかスノーボードを使わないのなら、レンタルで済ました方が良いでしょう。

また、板を買うと保管場所も必要となり、物置や押し入れがその分窮屈になってしまいます。場合によっては、自宅に保管できないこともあるはずです。なので、こういった1シーズンに数える程度しか使用しない物、特に趣味や余暇のために使う物については、買うことよりもレンタルの方がメリットが多いのです。

 

誰だって、欲しいものはたくさんあります。でも、欲しいものの中には、使用頻度が少なく単なる見栄で持ちたいといったものもあるはずです。自分が今欲しいと思っている物が、見栄で欲しいのかどうかをしっかりと考え、所有するメリットが少ないのであればレンタルで済ますようにしましょう。