節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

クレジットカードのポイント高還元率はいつまで続くかわからない

   

毎日の買物で少しでも節約しようと、クレジットカードでポイントを貯めている方は多いと思います。

同じ値段で売られているのなら、クレジットカード払いの方がポイント還元されますから、こういう場合にはカード払いも良いでしょう。特にポイント還元率が高いクレジットカードを持っている方は、大きな節約になることもありますね。

ただ、ポイント高還元率をうたっているクレジットカードが、いつまでも多くのポイントを付与してくれるとは限りません。最近では、ポイント還元率を引き下げているクレジットカードもあり、入会当初よりも使い勝手が悪くなったと嘆いている方もいるのではないでしょうか?

提携カードはプロパーカードよりもポイント還元率が高い

クレジットカードには、プロパーカードと提携カードがあります。

プロパーカードは、JCBやクレディセゾンなどのカード会社が直接発行しているクレジットカードのことです。他方の提携カードは、これらのカード会社と提携した小売店、ホテル、航空会社などが発行しているクレジットカードです。

提携カードは、発行しているお店でのポイントを優遇したり割引価格で買い物ができたりする特典が付いていることが多いので、プロパーカードよりも節約向きと言えます。スーパーがカード会社と提携して発行しているクレジットカードなら、買い物時に1%のポイントがもらえるのに加えて、カード払いでも1%のポイントが上乗せされることがあります。

コイン

だから、節約目的でクレジットカードを持つなら、プロパーカードよりも提携カードがおすすめです。

しかし、提携カードだからと言っても、ポイント還元率がずっと高いわけではありません。会員数が思ったほど増えなければ、費用ばかりがかかり業績を圧迫しますから、このような場合にはポイント還元率を低くすることがあります。

プロパーカードよりも大幅にポイント還元される提携カードは注意

プロパーカードの場合、ポイント還元率は0.5%程度が多いです。1%のポイント還元率のクレジットカードもありますが、それ以上の高還元率のプロパーカードはあまりありません。

おそらく、0.5%~1%程度が適正利潤を確保できるポイント還元率なのでしょう。

そう考えると、提携カードでポイント還元率がやたらと高いものは、無理をしてポイントを付与している可能性があります。5%を超えるような高還元率のクレジットカードは、将来的にポイント還元率が低くなるかもしれませんから意識しておいた方が良いでしょう。

プロパーカード並みのポイント還元率になると、魅力がなくなるような提携カードであれば最初から作らない方がましです。年会費がかかるクレジットカードだと、持っているだけで余計な支出が発生しますから、ポイント還元率ばかりに注目してクレジットカードを作るのは考えものです。

 - 節約の心得

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

時計
お金の節約と時間の節約ではどっちを優先すべきか?

お金の節約をし始めると、どうしても気になるのが、その行為が労力に見合う節約額を生 …

ファイル
専業主婦も簿記検定を取得すれば経済がわかって節約に役立てれる

長い期間、専業主婦をしていると経済に疎くなってきます。普段の炊事や洗濯などの家事 …

時計
お金の節約に時間がかかるのは仕方ないこと

お金を節約しようと思うと、何かしらの労力がかかるものです。 自宅から遠いスーパー …

コイン
現金の支払いが前後すれば利息が発生するもの

借金をすると、返済時には利息を上乗せしなければなりません。友人や知人同士でのお金 …

野菜
食費の効果的な節約方法は野菜や果物を買わないこと

家計に占める割合が比較的大きくなりやすいのが食費です。しかし、食事をせずに生きて …

花火
お店で便利そうな商品を見つけても1日買うかどうかを考える

何気なく入ったお店で、「あ、これ便利そう」と思って商品を手に取り、そのままレジに …

紙切れ
節約方法を思いついたら何でも試す

家計の節約方法は探せばいくらでも出てきます。 そして、思いついた節約方法は、とり …

皿
食品包装用ラップは災害時や傷の治療に役立つので買い溜めして損なし

サランラップ、クレラップ、ポリラップなど、食品包装用のラップは種類がたくさんあり …

卵
食費を節約するためには栄養価の高い食品を買うこと

人間は食事をしないと生きていけませんから、どんなに食費を節約してもゼロにはできま …

ゴミ
生活必需品を節約する傾向が強まっている

インターネットのニュースを読んでいると、低所得者層で生活必需品に安いモノを買い求 …