電子レンジを掃除が楽な日立のヘルシーシェフ MRO-S7Zに買い替え。庫内がフラットなので簡単に拭き掃除ができるよ。

30年以上前に生産された電子レンジが壊れてしまい、慌てて家電量販店に新しい電子レンジを買いに行きました。

購入したのは、日立の加熱水蒸気オーブンレンジのヘルシーシェフ MRO-S7Zという機種です。価格は約37,000円。5年の長期修理保証を付けて約39,000円。さらに古い電子レンジの処分代1,100円を支払ったので、全部で40,000円近くかかりました。

昭和の古い電子レンジからの買い替えだったので、ヘルシーシェフの高性能に驚いています。

掃除の手間がかからない

こちらが、そのMRO-S7Zです。

MRO-S7Z

横幅48.3cm、高さ34.0cm、奥行き43.3cmのサイズです。ドアは上から下に開けるようになっていて、ドアを開けた場合の奥行きは64.4cmあります。なお、MRO-S7Zは、後ろを壁にくっつけて置くことができます。

庫内の容量は22リットルあり、コンビニでお弁当を温める電子レンジよりも広めですね。

 

操作パネルは、右側に縦に配置されていて、一番上には液晶があります。

MRO-S7Zの操作パネル

最初は、ボタンがたくさんあって複雑そうに思えましたが、食べ物を温めるだけなら、「簡単レンジ」を押した後に「1分」のボタンを押して、「あたためスタート」を押せば良いだけです。

 

MRO-S7Zで最も気に入っているのは、庫内がフラットな造りになっていて掃除が楽なことです。

MRO-S7Zの庫内

布巾を濡らしてしっかり絞り、後は食器棚を拭くような感じで庫内を拭けば良いだけです。以前の電子レンジは、赤く光る赤外線のガラスのようなものがあったり、庫内の下が円盤状になっていて回転したことから、掃除をするのに手間がかかりました。

レンジの外側も、乾いた布巾で拭くだけです。

説明書には、レンジを使うたびに布巾で拭くように書かれていましたが、お弁当や総菜を温める程度なら庫内が汚れることはありませんね。

テーブルプレートは丸洗いできる

レンジの庫内に敷かれているテーブルプレートは、引っ張れば簡単に取り外せます。

MRO-S7Zのテーブルプレート

テーブルプレートは、お皿を洗うような感覚で簡単に洗えます。

レンジの手入れは、手間がかかりますが、MRO-S7Zだと他のレンジと比較して手入れが楽ちんです。

また、テーブルプレートは、一番下に敷くだけでなく、上段、中段、下段に浮かして設置できます。

テーブルプレートを2段目に設置

オーブンを使う場合は、テーブルプレートを浮かせば良いだけです。網に交換する必要もありません。トーストを焼く場合は上段に設置し、約9分でできあがります。トーストは裏返す必要があるので、ちょっと面倒ですけどね。

メニューが多い

MRO-S7Zには、オートメニューがたくさんあります。

メニュー数は72個。おそらく全部使うことはないですね。メニュー番号は、レンジの下部に記載されているので、好みのメニューを簡単に選ぶことができます。

メニュー

定番の「コンビニ弁当」ももちろんあります。

ローストビーフ、チキン南蛮、豚のしょうが焼き、茶わん蒸し、チンジャオロウスーなど、メニューは盛沢山。これ1台あれば、どんな料理も作れそうです。

お弁当や総菜を温められて、トーストが焼ければ十分という人には、使わないメニューばかりですが、料理が好きな方だとメニューが豊富な方が使いやすそうです。

メニューが多すぎるので、料理を温めるだけしか電子レンジを使わない方にとっては、不必要な機能ばかりに感じるでしょうけどね。

ハンバーグを調理してみた

MRO-S7Zで、試しにハンバーグを作ってみました。

フライパンでハンバーグに熱を通したときのように表面に焦げ目がつきません。表面がカリっとしているハンバーグが好きな方にはイマイチに感じるでしょうが、フライパンで焼いたときのようなパサパサとした感じではなく、表面から中まで均一に火が通り、しっとりとしていました。

肉汁が口の中でジュワっと出てくるハンバーグを自宅で作れるのには驚きましたよ。

調理時間は30分以上かかりましたけどね。

初めての使用の前に必ず脱臭する

MRO-S7Zは、買ったらすぐに使えるものではありません。

私は、お店の方に設置してもらい、使用前の準備もしてもらいました。

電子レンジを設置したら、まず脱臭をしなければなりません。なんでも、庫内のアルコールを飛ばす必要があるのだとか。

脱臭は、電子レンジ本体が非常に熱くなるので、終了した後もしばらく放置する必要があります。ドアを開けると火傷しますから、冷めるまで絶対に開けてはいけません。脱臭を開始してから2時間は電子レンジに触れないようにしましょう。

また、脱臭の前に必ずテーブルプレートを取り出す必要があります。テーブルプレートを入れたまま脱臭しないように注意してください。

脱臭中は、部屋中に臭いが充満しますから、必ず窓を開け換気扇も回してください

MRO-S7Zには、アースも付いていますが、我が家にはコンセントにアースを取り付けるところがありませんでした。お店の人の話では、アースは付けなくても良いとのことですが、より安全に使うためにはアースを付けた方が良いことは言うまでもありません。

我が家では、電子レンジをキッチンに置いていますが、水道から離れているのでアースは必ずしも必要がないのでしょう。

 

電子レンジの最下部には、給水タンクがあります。給水タンクは、解凍や料理の際に使用しますが、清掃でも使います。

給水タンク

加熱室の汚れを取るためにスチームを発生させ、汚れを拭き取りやすくできます。清掃のメニューも説明書の手順にしたがって、操作してください。

また、本体に残っている水抜きもできます。

そして、使用前に行った脱臭を使えば、電子レンジの嫌な臭いも消すことができます。

 

ヘルシーシェフ MRO-S7Zの最大の売りは、清掃のしやすさです。電子レンジの手入れが面倒だという方だと、MRO-S7Zは満足できると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました