知らない間に貯まったポイントで値引きを受けると喜びが大きい

2018年7月28日

先日、近所のドラッグストアに買い物に行きました。

そのドラッグストアは、頻繁には利用しないのですが、薬や歯ブラシなどを切らした時に行くことがあるので1ヶ月に1回くらい買い物をしていると思います。ポイントカードも持っているのですが、なかなか貯まりません。100円の買い物ごとに1ポイントもらえ、300ポイント貯まった時点で買い物代金から300円の値引きを受けれます。

あまり利用しないドラッグストアなので、300ポイントがいつ貯まるかわからないなと思っていましたが、先日、ついに300ポイント貯まって値引きを受けれました。

意識してないポイントを使えると嬉しい

ポイントのことは、まったくと言っていいほど意識していなかったので、300円の値引きはとても嬉しかったです。この喜びを味わうと、やっぱりポイントカードは、とりあえず作っておくべきかなと思ってしまいますね。塵も積もれば、いつかは値引きを受けられる。それがポイントサービスのありがたいところです。

コイン

そのドラッグストアは、独自のポイントを発行しているので、なかなかポイントが貯まりません。

最近は、TポイントやPontaポイントなど、共通ポイントが普及してるため、同じお店で買い物をしなくてもポイントを貯められるようになっています。そのうち、独自ポイントの多くが共通ポイントに乗り換えていきそうですが、まだまだ独自ポイントも根強く残っていますから、よく利用するお店ではポイントカードを作っておいても良いですね。

共通ポイントが貯まるクレジットカードを持つのもあり

独自のポイントプログラムを採用しているお店のポイントカードを作ると、財布の中にポイントカードが増えて持ち運びが不便になります。

なので、ポイントカードを作る時はよく利用するお店だけにしておいた方が良いでしょう。また、ポイントの分散を防ぐためにも、できるだけ同じお店で買い物をした方が良いですね。

ポイントの分散を防ぐ方法として、共通ポイントが貯まるクレジットカードを持っておくのもありです。カード払いができるお店では、クレジットカードを積極的に使って共通ポイントを貯めるようにすれば、比較的短期間にまとまったポイントの獲得が可能です。

クレジットカードが使えないお店の方が、商品が安い傾向にありますが、普段よく行くお店がどこもカード払いに対応しているのなら、クレジットカードを使った方がポイントが貯まる分だけお得に買い物できますね。

長年、独自ポイントを貯め続けて値引きに使えた時の喜びは大きいですが、より早くまとまったポイントを貯めようと思うなら共通ポイントを採用しているお店で買い物した方が良いでしょう。