節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

生命保険の保険料がマイナス金利の影響で値上げの可能性。保険は必要な補償に絞って節約。

   

日銀がマイナス金利政策を行った影響が、大手保険会社の保険料に現れてきています。

貯蓄性の高い一時払いの保険については、すでに保険料を値上げしているのですが、2017年に入ってさらに一般的な保険についても大手保険会社が値上げする可能性を示唆していることが年始のニュースで報じられました。

生命保険会社が契約者に約束する予定利率は国が定めた標準利率を基準に決めています。この記事を書いている2017年1月時点では標準利率は1%です。しかし、2017年4月以降は0.25%に引き下げられるので、これに合わせて大手生保各社は、保険料の値上げか予定利率の引き下げを検討しているようです。

生命保険は必要な補償に絞る

生命保険は、将来の不安に備えて買うものです。では、その不安はどういったものでしょうか?

人によって不安は様々ですが、生命保険を検討している多くの人は、自分が死んだ場合に家族の生活がどうなるかが不安だと思っているはずです。それなら、自分が万が一の事故や事件に巻き込まれて死亡する事態になっても、家族が生活していけるだけの保険金を受け取れれば、それで問題は解決します。

赤ちゃん

国の標準利率の引き下げで、生命保険料の値上げや予定利率の引き下げという事態が発生しても、不要な補償を削ってしまえば保険料を安くすることは可能です。

現在の生命保険は、医療保険もセットになってたくさんの補償が付いています。充実しているとも言えますが、補償内容が増えれば増えるほど保険料は上がってしまうので、家計の節約を考えるのであれば思い切って特約を削るべきです。

多くの家庭では夫になると思いますが、家族の働き手が死亡しても、子供が成人するまでの生活費を工面できれば生命保険の目的は達成できます。だから、死亡補償だけ充実させれば、後の補償はなくても問題ありません。ただ、事故などによって死亡しなくても、体に障害が出る場合がありますから後遺障害についても補償を付けとく方が良いでしょう。

クレジットカードの旅行傷害保険

働き手の万が一の死亡や後遺障害に備えるという点では、クレジットカードの旅行傷害保険も役立ちます。旅行傷害保険は、クレジットカードによっては付帯していないこともありますが、年会費無料のクレジットカードだと楽天カードやリクルートカードに付帯しています。

楽天カードもリクルートカードも、ツアー代金などの旅行費用を事前にカードで支払っておかないと旅行傷害保険は適用されません。でも、ただカードで旅行代金を支払えば旅行傷害保険が適用されるのですから、出張の多い仕事をされている方や旅行に出かける機会が多い方は、クレジットカードで旅費を支払っておいた方が良いでしょう。

楽天カードとリクルートカードの海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険の死亡・後遺障害時の最高補償額は以下の通りです。

  • 楽天カード:海外=2,000万円、国内旅行傷害保険はなし
  • リクルートカード:海外=2,000万円、国内=1,000万円

国内旅行でも保険が適用されることを考えるとリクルートカードの方が安心ですね。他に治療費用などの補償もありますので、詳細は公式ホームページで確認してください。

また、クレジットカードによっては、ただ持っているだけで旅行傷害保険が適用されるものもあります。ゴールドカードだと、多くの場合は自動的に旅行傷害保険が付帯されることが多いですが、一般カードだと自動付帯のクレジットカードはそれほど多くありません。

あと、死亡・後遺障害時の補償額は、クレジットカードを何枚持っていても合算されず、保有しているクレジットカードで最も高い補償額が適用される点に注意してください。例えば、補償最高額が1,000万円、2,000万円、3,000万円の3枚のクレジットカードを持っていた場合は、3枚を合計した6,000万円の補償にはなりません。この場合は、3,000万円の補償が受けれるだけです。だから、自動付帯のクレジットカードをたくさん持っていても、死亡・後遺障害の補償額を上乗せはできません。でも、治療費用や救援者費用などは補償額を合算できますから、旅行傷害保険が自動付帯のクレジットカードを複数枚持っていても無駄にはなりません。

とりあえず、生命保険に加入するかどうかを検討されている方は、今持っているクレジットカードが旅行傷害保険付帯かどうかを確認しておきましょう。もしも、旅行傷害保険が付帯されていない場合は、年会費無料で旅行傷害保険付帯のクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

その後で、生命保険の加入を検討しましょう。自分では決めれないという方は、ファイナンシャルプランナーの保険のアドバイスを聞くのも良いでしょう。

 - 保険

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

赤ちゃん
生命保険は必ずしも必要ではない。生活費を削る前に生保の解約を検討すべき。

誰にでも、どの家庭にも一度や二度は生活費に困るといった事態が発生するものです。 …

紙幣
貯蓄手段は生命保険だけではない

生命保険には、契約者に万が一の事態が発生した時に保険金が給付される保障部分の他に …

ビジネスマン
生命保険はコンサルティングセールスに惑わされず自分の意思で契約する

生命保険の勧誘は、電話営業が定番です。その他にも、訪問によるセールスなんかもあり …

ビジネスマン
生命保険は保障内容ではなく保険料をいくらまで払えるかで決めるのもあり

これから生命保険に加入しようと考えている方は、どの保険が良いかをいろいろと調べて …

親子
保険料の節約は見直しよりも解約

固定費の節約のために生命保険や医療保険の保険料を見直すことは有効な手段です。 毎 …

親子
生命保険は滅多に利用しないのだから保険料が安いネット生保でも十分

生命保険に加入する時、どのような基準で選ぶでしょうか? 充実した保障、生命保険会 …

手
生命保険の契約は必要最小限に止める。迷った特約は切るべし。

生命保険の契約をする時にたくさんの特約を付ける方がいますが、あまりおすすめできま …

ビジネスマン
がん保険を検討するより医療保険に加入するのが先

日本人の死因の1位は、がんです。だから、もしもがんにかかった時のことを考えて、が …

赤ちゃん
独身者は生命保険に加入しなくても大丈夫

もしも、今、あなたが独身で生命保険に加入するかどうかを検討しているのなら、加入す …

家族
生命保険料を月額1,000円安くするだけで50万円の節約になる

生命保険に加入すると、生涯で数百万円の支出になります。だから、生命保険に加入する …