東京電力管内の電気料金の節約に効果的なクレジットカード

2015年11月9日

東京電力が、2016年4月をめどに電力小売りが全面的に自由化されることに伴い、競争が激化することに備えて共通ポイントサービスの「Ponta」を導入する方針を固めました。

東京電力管内にお住まいの方は、今のうちにPontaに加入しておいた方が良さそうですね。

クレジットカードで電気料金を支払うとさらにお得

Pontaは、ローソンなど様々なお店で利用できます。全国の様々なお店で利用できるので、Pontaに加入しておいても損はないでしょう。

特に首都圏にお住まいの方なら、利用できるお店が多いですから、東京電力のPonta導入に合わせてPontaカードを作っておきましょう。

東京タワー

Pontaポイントを効率的に貯めるためには、Pontaポイントが貯まるクレジットカードで電気料金を支払うのがおすすめです。東電からもらえるPontaポイントに加えてカード利用でもPontaポイントが貯まりますからね。

リクルートカードがポイントを貯めやすい

電気料金の支払いに使うクレジットカードでおすすめなのは、リクルートカードです。リクルートカードは利用額に対して1.2%のリクルートポイントが付与されます。

例えば、毎月の電気料金が5,000円なら60円分のポイントがもらえます。多くのクレジットカードではポイント付与率が1.0%や0.5%なので、リクルートカードは少しだけポイント付与率が高いですね。

なお、年会費が必要なリクルートカードプラスのポイント付与率は2.0%です。

また、リクルートカードは、リクルートが運営する宿泊予約サイトのじゃらんnetやショッピングモールのポンパレなどを利用すると、さらにPontaポイントが貯まりやすくなっています。

Pontaとリクルートポイントは相互交換が可能

ここで、なぜリクルートカードをおすすめするかと言うと、Pontaとリクルートは提携しており、Pontaポイントとリクルートポイントの相互交換が可能だからです。

リクルートカードで支払った電気料金でリクルートポイントを貯め、それをPontaに交換して街中のお店で利用するも良し。東電からもらったPontaポイントをリクルートポイントに交換して、ネットショッピングで使うも良し。

とりあえず、東京電力管内にお住まいの方は、リクルートカードを作っておいて損はないでしょう。むしろ、東電がPontaを導入するのにポイントを貯めないのは損です。

ここ数年、電気料金は値上げし続けています。でも、東電がPontaを導入するのは、事実上の電気料金の値下げです。せっかく値下げしてくれると言ってるのにPontaを利用していないために余分に電気料金を支払うのは、もったいないですよね。

だから、この機会にPontaサービスの利用を始めましょう。さらにリクルートカードを作っておけば、より電気料金を節約できますよ。

2015年11月9日追記:2015年11月24日以降リクルートポイントはPontaポイントと統合されます。なので、今後はリクルートポイントPontaポイントを交換する手間が省略されます。