節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

ダイレクトメールの裏紙をコピー用紙として再利用する

   

以前は、ダイレクトメール(DM)が郵便受けに入っていると、不愉快な気持ちになりました。DMの多くは、投資の勧誘だったり、何かのセールスだったりということが多いですね。

全然知らない業者からDMが送られてくると、どこからか個人情報が流出しているわけです。だから、自分の知らないところでプライバシーにかかわる情報が見ず知らずの人の手に渡っているのは腹立たしく思うんですよね。

でも、最近では、DMに入っているセールスレターの裏をコピー用紙やFAX用紙として利用するようにしているので、あまり不愉快な気持ちにならなくなっています。

大した節約にはならないけども

DM自体、それほど頻繁に送られてくるわけではないので、裏紙をコピー用紙やFAX用紙として利用したとしても、大した節約にはなりません。

でも、以前はDMが届くと、イライラしながら紙をクシャクシャにしてごみ箱に捨てるだけでしたが、今では、少しとは言え節約に貢献してくれるので、むしろ、もっとたくさんDMを送ってきてくれなんて思うようになっています。

紙くず

何より、イライラする気持ちが無くなったことが大きいです。DMの裏をコピー用紙として再利用しようと考えただけで、ストレスが溜まらなくなるのですから、ある意味、節約以上の効果と言えるかもしれません。

折り込みチラシの裏ももちろん活用

DMの裏紙を活用するようになってから、折り込みチラシの裏も、白紙ならメモ用紙に使うようになりました。

自宅に電話がかかってきたとき、近くにメモ用紙がなく、ノートにボールペンでメモしたことが何度もあります。メモ書きした部分はノートから破いて捨てることになるので、非常にもったいないですね。

でも、チラシの裏をメモ帳代わりに使うようになってから、ノートやコピー用紙をメモ書きに使わなくなりました。本当に小さな節約効果でしかないですが、無駄に資源を使わなくなるので良いことだと思います。わざわざメモ帳を買いに行かなくても良いですからね。メモ帳のような細かいものを100円ショップに買いに行くと、ついつい不必要なものまでついで買いしてしまうことがあります。そのついで買いをDMの裏紙を使うことで予防できているのですから、意外と大きな節約効果になっているのかもしれません。

 

節約は、日頃から無駄を省こうという意識がないと、なかなか効果が現れないものです。DMの裏紙を使うという節約効果の小さなことでも、節約を意識していない人は、案外気づかないものですよ。

節約術を磨くためには、日頃から小さな節約を心がけることが大事です。

 - 節約の心得

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

芝桜
行楽地での飲食代はどこまで節約すべきか

ゴールデンウィークや夏休みに家族旅行に出かけることがあると思います。 せっかくの …

ニンジン
災害時の備蓄は食料に加えてマルチビタミンとマルチミネラルのサプリメントも保存食として用意する

日本列島は地震が多い島です。なので、いつ地震が起こるかわかりませんので、災害に備 …

ヒマワリ
消費拡大という言葉に騙されない。生活費を低く抑える努力は景気と関係ない。

昨今、景気を良くするためには消費の拡大が大切だと言われることがよくあります。 消 …

コイン
クレジットカードのポイント2倍は当たり前のことを言ってるだけ

よくクレジットカードのCMを見ていると、提携しているお店でカード払いをするとポイ …

クレジットカード払い
クレジットカード払いできるスーパーより現金払いのみのスーパーの方が中間業者が介在しないので安く買い物できる

最近ではレジが進化して、多くのスーパーで現金払いの他にクレジットカード払いや電子 …

10円
手間なくできる節約をしなかった時の後悔は大きい

先日、電車に乗って出かけたのですが、その時、切符の買い方を失敗してしまいました。 …

羽根
クレジットカードの手数料が今後高くなっていく可能性がある?

クレジットカードを使って買い物をした場合、1回払いや2回払いで決済すれば、買い物 …

硬貨
クレジットカードを使わないのが節約になるけど年会費無料のクレジットカードなら持っていても損なし

家計の節約のためにはクレジットカードをできるだけ使わない方が良いです。 同じ値段 …

100円玉
ポイント有効期限が近付いたら買い物すべきか消滅させるべきか

誰もが、財布の中に何枚かポイントカードを入れてると思います。また、ネット通販をよ …

時計
お金の節約と時間の節約ではどっちを優先すべきか?

お金の節約をし始めると、どうしても気になるのが、その行為が労力に見合う節約額を生 …