節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

食品包装用ラップは災害時や傷の治療に役立つので買い溜めして損なし

   

サランラップ、クレラップ、ポリラップなど、食品包装用のラップは種類がたくさんあります。柔らかかったり硬かったり、厚かったり薄かったり、種類によって多少の違いはありますが、基本的にはどれも食品を保存するときに役立ちますね。

これら食品包装用ラップは、よくスーパーで安売りされます。でも、それほど使う機会がないからという理由で、あまり買い溜めしない方もいると思いますが、ラップはたくさん買い溜めして損するものではないので、安売りされている時には購入しておきたいアイテムですね。

災害時の水の節約に大活躍

買い溜めしても、普段、そんなに使わないから買うだけもったいないという意見もありますが、食品包装用ラップは、災害時の水の節約に役立つので、備蓄しておいた方が良いでしょう。

なぜ水の節約に役立つかは、テレビなどでよく紹介されているからご存知の方も多いと思います。

食事をする時、お皿にラップを貼って、その上に食品を乗せればお皿が汚れることはありません。食後は、お皿からラップを外して捨ててしまえば良いので、食器を洗う必要がないのです。これが、災害時に水を節約できる理由です。

皿

また、災害時は紙皿を使用する機会が多くなりますが、ラップを貼れば紙皿を何度も使いまわしできるので、物資が不足しやすい状況ではとても役立ちます。

傷の手当にも効果的

食品包装用ラップは、他にも傷の治療に使うことができます。

腕や足にできたすり傷や切り傷をラップで覆っておけば、かさぶたができずにきれいに治ります。傷口は乾燥させると細胞が死んで、かさぶたができてしまうのですが、ラップで覆えば乾燥を防ぐことができるので、傷の治りが早いのです。

キズパワーパットなどのハイドロコロイド被覆材でできた外傷を覆う絆創膏は、ラップを貼るのと同じ原理で傷を治します。当然、ハイドロコロイド被覆材の方が、ラップを使うよりも手軽に使えますから、こちらを救急箱に保管しておいた方が良いでしょう。でも、ハイドロコロイド被覆材は、一般的な外傷を覆う絆創膏よりも高価なので、買い溜めをためらってしまいます。

その点、ラップであればスーパーで安売りの時に100円程度で買えますから、買い溜めしやすいですね。

ラップで傷口を覆う際は、消毒薬を使わない、数時間おきに1日5回から6回は取り替えるといった注意点があります。特に長時間ラップを貼っていると、汗疹ができて痒くなるので、ラップはこまめに取り換え、汗を水で洗い流した方が良いです。

なお、ラップを使った治療法は、「湿潤治療」や「湿潤療法」といったキーワードで検索すれば、詳しい情報を得られます。

 

とりあえず食品包装用ラップが安売りされている時は、買い溜めしておきましょう。

買い溜めし過ぎた時は、普段の食事でお皿にラップを貼れば、食器洗いの手間が省けます。水仕事のしすぎで手が荒れている時にも、食器にラップを貼って食事をすると良いですよ。

 - 節約の心得

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

紙切れ
節約方法を思いついたら何でも試す

家計の節約方法は探せばいくらでも出てきます。 そして、思いついた節約方法は、とり …

クレジットカード払い
クレジットカード払いできるスーパーより現金払いのみのスーパーの方が中間業者が介在しないので安く買い物できる

最近ではレジが進化して、多くのスーパーで現金払いの他にクレジットカード払いや電子 …

通貨
クレジットカードの不正利用は補償されるけど社会的損失が発生している

クレジットカードは不正利用されても、手続きをすれば補償されます。 しかし、必ずし …

コイン
ポイント欲しさに頻繁にクレジットカード払いをするのは無駄遣いの元

買い物をする時、クレジットカードで支払いをするとカード会社からポイントがもらえま …

羽根
クレジットカードの手数料が今後高くなっていく可能性がある?

クレジットカードを使って買い物をした場合、1回払いや2回払いで決済すれば、買い物 …

キャッシュカード
都市銀行の預金口座は複数持っていると振込手数料の節約に便利

銀行の預金口座をいくつ持っていますか? 私は、ゆうちょ銀行も含めると全部で5行の …

トンカツ
ランチ代の節約に会社の従業員でなくても利用できる社員食堂で昼食を食べる

食費の節約のために毎日のランチ代をどうやって切り詰めるかを日々考えている方も多い …

スノーボード
平均よりも所得が多い家庭ほど節約が苦手

収入が多い家庭ほど生活にゆとりがあると思うでしょうが、必ずしもそうとは言えません …

ビジネスマン
収入の増加や出世に合わせてマイホームの購入や車の買い替えをしない

同じ会社で長く勤めていると、給料が増えていきます。景気が悪いとなかなか昇給しませ …

ATM
銀行ATMの引き出し手数料を時間外でも無料にする方法

銀行のATMから預金を引き出す時は、引き出し手数料がかからない時間帯を選ぶのが節 …