2015-03

保険

独身者は生命保険に加入しなくても大丈夫

もしも、今、あなたが独身で生命保険に加入するかどうかを検討しているのなら、加入すべきではありません。 なぜなら、生命保険の目的は、万が一、自分の身に何かが起こった時に家族に以後の生活資金を残すことだからです。まだ、結婚もしていない段階...
住まい

資金に余裕ができたら住宅ローンの返済を優先する

住宅ローンを組んでマイホームを購入した方の最も効果的な節約法は、住宅ローンを少しでも早く返済することです。 数千万円の借金につく利息は、相当なものですから、元本の一部を繰り上げ返済するだけでも、金利の節約効果は電気代、ガス代、水道代の...
住まい

銀行の金融商品を買うより住宅ローンの返済を優先する

銀行などの金融機関と住宅ローンの契約をする時、最初の数年間は金利が優遇されるキャンペーン金利が適用されることがあります。 銀行にとっては、キャンペーン金利を提供することで新規の契約を獲得できるといった狙いがありますが、その他にも、ロー...
住まい

住宅ローン控除には期限があるので生活費に充当すべきでない

住宅ローンを組んでマイホームを取得した場合、確定申告をすれば住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)を受けることができます。 借金をしてマイホームを購入した人、また、これから購入しようと考えている人は、きっと住宅ローン控除をあてにしてい...
断捨離

貯金箱に貯めた1円玉と5円玉を積極的に使って少しでも節約する

私は、以前、インスタントコーヒーの空き瓶2本に1円玉と5円玉を貯めていました。おそらく2本合わせて1,000円ほどはあったでしょうね。 私と同じように1円玉と5円玉を貯金箱やビンに入れて貯めている人は多いはず。中には、10円玉や50円...
住まい

変動金利型の住宅ローンには未払利息発生のリスクがある

変動金利で住宅ローンを組むと、将来、金利が上昇して毎月の返済額が増加するリスクがあります。 住宅ローンの返済額は5年ごとに見直されますが、その時に変動金利が上がっていても、今までの返済額の1.25倍までしか毎月の負担が増えません。これ...
住まい

住宅ローンは申込時ではなく融資実行時の金利が適用される

マイホームを購入するときに住宅ローンを組むとします。この場合、銀行などの金融機関に住宅ローンの申し込みをしますが、適用される金利は、申し込み時ではなく融資実行時の利率になることがあります。 申込みと融資実行との間の期間が短ければ、適用...
住まい

住宅ローンの返済負担率は収入の25%未満に抑えるのが安全

マイホームを購入する場合、多くの人が住宅ローンを利用することになります。一括でキャッシュで払うことができれば、それに越したことはないのですが、なかなか難しいですね。 住宅ローンは、返済期間が長期になりますので、毎月の収入と返済額を比較...
住まい

固定期間選択型金利での住宅ローンは変動金利と同じリスクがある

住宅ローンを組む際、変動金利だと将来の利率の上昇により返済額が増えるリスクがあるので、少々契約時の利率が高かったとしても固定金利を選択するのが安全です。 そう思って変動金利を避けて固定金利を選んだとしても、契約内容から事実上変動金利と...
住まい

長期金利が低下傾向にあっても変動金利で長期の住宅ローンを組むべきではない

これからマイホームを購入しようと考えている多くの方は、おそらく住宅ローンをどうするかも検討していることでしょう。 いくら借りるのか、ローン期間を何年にするのか、金利は変動金利にするのか固定金利にするのか、借り入れる金融機関をどこにする...
タイトルとURLをコピーしました