節約中でも時にはカフェでコーヒーを飲むことがある

私は、普段、コーヒーを飲む時は自宅で作って飲みます。レギュラーコーヒーを飲むこともありますが、インスタントコーヒーの時もあります。

レギュラーコーヒーを淹れて飲んでも1杯30円ほどですから、カフェで飲むコーヒーの1割くらいしかかかりません。自分で安く作れるコーヒーをお店で飲むのはもったいないなと思うので、滅多にカフェでコーヒーを飲むことはないですね。でも、先日、カフェに入ってアイスコーヒーを飲みました。

たまには贅沢をするもの

夏の暑い日に冷房の効いたお店でアイスコーヒーを飲むと、疲れた体がリフレッシュします。この日は、特にカフェに入る予定はなかったのですが、友人にカフェで休憩しようと誘われたので近くのお店に入ることにしました。

普段、節約を意識していると、つい自宅でコーヒーを作った方が安上がりだからお店に入るのはもったいないなと考えてしまいます。でも、毎日の節約は、こういう時のお金を捻出するためにするものだと思えば、あまりもったいないとは考えませんね。

コーヒー豆

節約とケチの分かれ目はどこか。私は、周りの人にケチだと見られていればケチなのだと思います。別にケチと見られても構わないですが、あまり気持ちの良いものではないですね。ケチだと思われながらする節約は、気分的にもよろしくないですから、たまには友人の誘いに応じて贅沢をするのも良いと思います。

お店で飲むアイスコーヒーは一段と美味しく感じる

それにしても、お店で飲むアイスコーヒーは、普段、自宅で飲むアイスコーヒーよりも格段に美味しく感じますね。使ってる豆は、もしかすると自宅にある豆よりも安いものかもしれません。でも、プロに淹れてもらった方がやっぱり美味しいものです。

また、お店の中も快適で、いつまでも過ごせそうな感じでした。混雑しておらず、涼むのにちょうど良い空間でしたよ。

アイスコーヒーの値段は約400円だったので、そんなに高くありません。むしろ、安いくらいです。普段、自宅でコーヒーを飲んでいると、カフェで飲むアイスコーヒーがこんなに価値のあるものだということを忘れてしまいますね。

日頃から、暇つぶしでカフェに入っていると、お金もかかりますし、カフェで飲むコーヒーの感動も薄れてしまうでしょう。400円なんて大した値段じゃないですが、毎日カフェに行けば月間1万2千円の支出になります。

自宅でコーヒーを淹れれば、1ヶ月で1,200円もかかりませんから、普段は自宅でコーヒーを飲み、たまの贅沢でカフェに行くのが心身にも財布にも優しそうですね。