クレジットカードは家族カードも作って節約。夫婦や親子で得して家計管理にも役立つ。


少しでも節約するためにクレジットカードで買い物をしてポイントを貯めている方は多いですね。

クレジットカードでポイントをよりたくさん貯めるためには、支払いはできるだけ1枚のクレジットカードに集中するべきです。これはクレジットカード払いに慣れている人なら当たり前のように知っていることですが、家族カードも上手に使ってポイントを獲得している人は意外と少ない印象です。

家族カードを作れば家族全員で1つのポイントを集中的に貯められる

多くのクレジットカードでは、家族カードを作ることが可能です。

家族カードは、生計を一つにする18歳以上の家族であれば、ほぼ作成可能です。作れる枚数は持っているクレジットカードによって異なります。また、審査もほぼないので、家族の誰かがクレジットカードを持っていれば、家族カードが作れないことは滅多にありません。

クレジットカード

家族カードで支払った際に獲得したポイントは、本カードと合算されます。したがって、家族全員が家族カードを持って買い物をすれば、本会員と一緒でなくても、買い物のたびに本カードと同じポイントを貯めることが可能です。

ポイントを効率的に貯めるためには、ポイントを分散せず、1つのポイントに集中するのが基本です。家族カードを持っていれば、ポイントを集中して貯められるので、家計の節約のために作っておきたいですね。

年会費は無料になることが多い

家族カードを作ったらポイントがたくさん貯まると言っても、年会費を支払うと逆に損してしまうのではないかと疑問を持つ方がいらっしゃると思います。

基本的に本カードの年会費が無料であれば、家族カードの年会費も無料になります。また、年会費がかかるクレジットカードであっても、家族カードは年会費が無料になることも多いです。

現在、年会費が無料のクレジットカードをお持ちであれば、家族カードを作っても追加の費用負担はありません。

引き落としは本カードと同じ口座

家族カードで買い物をした場合、カード代金の支払いは、本カードの銀行口座から引き落とされます。

したがって、家族カードを作ったからと言って、新たに引き落とし口座を登録したり、追加で銀行口座を作る必要はありません。

銀行口座が本会員と同じであることは、家計管理にも役立ちます。例えば、大学生のお子さんがいらっしゃる場合、家族カードを渡しておけば、お子さんがいつどこでクレジットカードで買い物をしたかがわかります。

もしも、お子さんが自分でクレジットカードを作っていたら、無駄遣いを把握するのが難しいですよね。

また、本カードも家族カードも、利用額が同一口座から引き落とされることによって、1ヶ月間の支出の管理がしやすくなります。別々のクレジットカードを使っていた場合、複数の明細をチェックして合計しないと、1ヶ月にいくらのカード利用があったのかわかりません。一目で支出を把握できるようにするためにも、家族カードを作るのがおすすめです。

ポイント狙いなら楽天カードがおすすめ

節約を目的に家族カードを作るのなら、ポイント還元率が高い楽天カードがおすすめです。

100円ごとに1ポイント貯まるので、家族全員が楽天カードとその家族カードを持っていれば、多くのポイント獲得が期待できます。

例えば、1ヶ月間で、お父さんが2万円、お母さんが3万円、娘さんが1万円の買い物に楽天カードを使えば、600ポイントの獲得です。1年にすると7,200ポイントですから、約7,200円もの節約が可能です。さらにスマホ代や水道光熱費の支払いも楽天カードにしておけば、月に1,000ポイント以上の獲得も可能です。

楽天カードの場合、家族カードは5枚まで発行可能ですから、家族全員が家族カードを持つことも可能です。

また、楽天ポイントの加盟店は、とても多いので、ドラッグストアや家電量販店などの加盟店での買い物では、ポイント還元率がアップします。多くのコンビニも、楽天ポイント加盟店ですから、日常的に貯めやすく使いやすいですね。

ゴールドカードを持つのもあり

節約目的でクレジットカードを持つ場合、ゴールドカードは年会費が高額で見栄を張るためのクレジットカードなのでおすすめしません。

年会費は約1万円かかりますから、1年間にゴールドカードを使って貯めたポイントがほとんどなくなってしまいます。

ただ、海外旅行に出かける場合には、ゴールドカードには海外旅行傷害保険が付帯しているので、旅行前に保険に加入する手間や費用を省略できるメリットがあります。

家族カードの場合でも、海外旅行傷害保険や各種保険が付帯しているので、家族カードを作るのであれば、ゴールドカードを持つのもありです。ゴールドカードの家族カードの場合、1枚目は年会費が無料になることが多いです。また、年会費がかかる場合でも、1千円や2千円程度と低料金です。

他にゴールドカードには、ツアー代や飲食代が安くなるサービス、住まいに関する相談ができるサービスなども特典としてついていることがありますから、家族カードを作って、そういったサービスをよく利用するのであれば、年会費以上のメリットが得られます。

ただし、優待特典目的で、無駄遣いしてしまっては意味がありません。家族カードを持つ目的は、あくまでも節約だと言うことを忘れないようにしましょう。

なお、ゴールドカードだからと言って、ポイント還元率が優遇されるとは限りません。むしろ、ポイント還元率については、ノーマルカードもゴールドカードも同じ条件のことが多いです。

ゴールドカードを作る場合は、家族カードも作ることを前提に年会費以上のサービスを利用できるかどうかを申し込み前に確認しましょう。

 

家計の節約には、クレジットカードが使えないお店で現金払いをする方が有利です。でも、近所のお店がクレジットカード払いに対応しているところばかりだと、カード払いでポイントを貯めた方が節約になります。

家族カードも作っておけば、さらにポイントを獲得するチャンスが増えますから、日ごろからカード払いをしている家庭では、家族カードも作っておきましょう。