コンビニでの買い物を慎むだけでも意外と節約効果は大きい

2018年7月12日

今やコンビニは、町のどこにでもあります。

24時間営業なので、夜遅くに買い物しなければならない時には重宝します。また、自宅から最も近いお店がコンビニだという方なら、いつでも手軽に買い物できるので大変便利ですね。

でも、その便利なサービスを受けられるから、コンビニはスーパーと比較して商品が割高です。なので、少しでも家計を節約したいと思っている方は、できるだけコンビニでの買い物を慎んだ方が良いでしょう。

1%のポイントよりも10%割引

最近では、どこのコンビニでもポイントサービスを導入しているので、コンビニで買い物をしても以前ほど割高感を感じなくなっています。

しかし、ポイントがたまると言っても、ほとんどの場合、買い物金額の1%程度のポイントしかもらえないので、それほどお得感はありません。1万円の買物をして100円しかポイントが貯まらないのですから、節約効果は微々たるものです。

コンビニで買える商品なら、多くの場合、スーパーでも買えます。それもコンビニよりもかなり安い価格で。それほど価格差がない商品でも、コンビニより10%程度は安く買えるのではないでしょうか?そう考えると、たった1%のポイントを獲得するためにコンビニで買い物をするよりも10%割引のスーパーで買い物をした方が、誰が考えても得ですよね。

また、消しゴムなどの文房具ならコンビニで買うよりも100円ショップを利用した方が安くで買えます。

消しゴム

100円ショップなら3個セットや5個セットで消しゴムが売られていますから、100円で1個しか買えないコンビニと比較すると3倍から5倍の節約効果があると言えます。

長い目で見ればコンビニの利用回数が少ない方が節約になる

よくインターネットの情報を見ていると、コンビニで買い物するときはクレジットカードを使えばポイントが貯まるから節約になると述べられています。しかし、何度も言いますが、1%程度のポイント獲得のためにコンビニで買い物することは節約になるどころか無駄遣いになってしまいます。

100円の商品を100回コンビニで買ってもらえるポイントはたったの100円です。でも、スーパーで100円の商品を10%引きで100回買えば1,000円の割引になります。

クレジットカードのポイントを貯めるためにコツコツとコンビニで買い物をして、1万円分までポイントを貯めたとしましょう。でも、同じだけスーパーで買い物をしていれば10万円安くで買えるのですから、コンビニで1万ポイントを貯めた人は、スーパーで買い物をする人と比較して9万円も多くお金を支払っていることになるのです。

でも、ポイントは今どれだけ貯まっているかわかりますが、値引きはノートなどに記録していないとどれだけ安く買ったかを把握できません。だから、コンビニでポイントを貯めることが得なように感じるのです。

しかし、スーパーで買い物をしていれば、コンビニで貯めたポイントの10倍程度は割引を受けられたでしょうから、実はかなり損をしています。

コンビニでの買い物を慎めば慎むほど、手許に多くのお金が残ることを理解しておけば、インターネット上の「ポイントがお得だ」といった情報に惑わされなくなりますよ。