同じ本を何度も買ってしまうのを防止するコツ

先日、古本屋で過去に買ったことがある本を買ってしまいました。

古本だったので、新品よりも安かったのですが、それでも約700円が無駄になりました。これまで、同じ本を買う失敗をしたことはありません。だから、まさか同じ本を買ってしまうなんて、これっぽっちも思っていませんでした。金額的に大したことないですが、それでもショックです。

本棚を整理しておく

今回、なぜ同じ本を買ってしまったのか、その原因を考えてみました。

過去に読んだことがある本は、タイトル、作家、出版社を覚えておけば同じ本を二度も買うことはありません。しかし、同じ分野の本を何冊も購入していると、似たようなタイトルの本を買うことがあります。そういう本は、同じ作家の場合が多いですし、出版社も同一だったりします。

そのため、普段から買った本のタイトルや作家名を見ておかないと忘れてしまいます。

今回、私が二度買ってしまった本は、本棚に平積みにしていたので、タイトルや作家名が目につかない状態となっていました。

本

もしも、本棚に立てて並べていれば、背表紙のタイトル、作家名、出版社名が常に目に入る状態となっていたはずですから、自然と本のタイトルなどを覚えられたはずです。読み終わった本を本棚に並べておけば、同じ本を二度買う失敗をしなかったと思います。

迷ったら買わない

しかし、本棚がいっぱいになっていると、段ボール箱の中に本を収納することもあるでしょう。

そうなると、持っている本のタイトルを忘れやすくなりますから、同じ本を買う危険性が増します。それでも、過去に読んだことがある本なら、なんとなくタイトルを覚えていると思います。

今回、私が二度買った本も、「以前に読んだことがある本のタイトルに似ているな」と思いました。でも、「あれは別の本だったかな」と思いながらレジに持っていきました。

迷った場合は買わないこと

この意識を持っていれば、同じ本を何度も買う失敗をしないはずです。

でも、今回は古本だったので、「今、買わなかったら誰かが買ってしまう」という意識が働きました。新品の本を売っている書店なら、売れた本はすぐに補充されますが、古本の場合は売れると補充されるかどうかわかりません。そのような強迫観念もあって、「前に買ったことがある本じゃないか」とじっくりと考えずに購入してしまいました。

いったん帰宅して家にその本があるかどうかを確かめ、家になければ、後日、買いに行くようにすべきですね。もしも、売れてしまっていたら、縁がなかったと諦めましょう。

タイトルを忘れる本は自分にとって重要ではない

タイトルを忘れてしまうような本は、大して印象に残っていない本です。つまり、その本は、自分にとって重要ではなかったということです。

だから、書店で、過去に買ったかもしれないと思った本は、「読んだことがあるけども自分の興味とは異なっていた本」である可能性があります。

また、仮に読んだことがなかった本だったとしても、数日経てば、その本のことを意識しなくなるものですから、「あの時、買っておけば良かった」と後悔することは滅多にありません。もしも、後日、やっぱり買っておけば良かったと思った場合は、通販で購入すれば良いだけです。通販だと、大概の本は買えますから、二度と手に入らないということはほとんどありません。案外、図書館に置いてあるかもしれませんしね。

 

同じ本を二度買わないようにするためには、まず本棚を整理しておくことです。特に自分にとって重要な本はわかりやすい場所に並べるようにしましょう。そして、過去に買ったような気がする場合には、慌てて買わないようにしましょう。