首都圏住まいならガスと電気をまとめて電気代を節約できる

2016年4月から電力が自由化されて、これまで契約していた電力会社以外の電力会社と契約できるようになりました。

新しく契約できるようになった電力会社は、契約件数を増やさないといけないので、従来からある電力会社よりも電力料金を有利にして顧客獲得を行っています。でも、どんなに電気代が安くなっても、他の電力会社に乗り換えるのは何となく不安だという人は多いはずです。

そんな方は、今まで利用してきているガス会社、首都圏にお住まいであれば東京ガスの電力に乗り換えると良いでしょう。

月間300kWh以上の消費なら乗換を検討

首都圏のほとんどの家庭が東京ガスと契約していると思います。長い期間、東京ガスを利用していれば、電力を東京ガスに乗り換えても不安はないでしょう。

しかし、東京ガスに乗り換えても、電気代が節約できなければ意味がありません。なので、東京ガスに電力を乗り換える場合には、まず東京ガスのホームページで電気料金のシミュレーションをすることをおすすめします。

東京ガスに乗り換えて電気代が安くなる目安は、東京電力の従量電灯Bを契約していて、1ヶ月の電力消費量が300kWh以上、契約電流40Aの場合です。300kWhは1年間で最も電力消費量が多くなる1月の場合です。なので、それ以外の月で300kWh以上の電力消費量の場合は、多くの家庭で東京ガスに乗り換えた方が電気代を節約できるでしょう。ちなみに月間300kWhは、1,000Wの電気ストーブを毎日10時間使ったら消費する電力量です。冬場にエアコンを利用する家庭なら、月間300kWhは簡単に超えているはずです。

電力消費量ではわかりにくいという方は、1月の電力料金が8,000円以上になっているかどうかを大まかな目安にしてください。8,000円以上であれば東京ガスに乗り換えることで電気料金を安くできるはずです。

ポイントももらえる

電力を東京ガスに乗り換えると、毎月の電気代の支払いでパッチョポイントがもらえます。

電気代1,000円ごとに15ポイント還元で、貯まったパッチョポイントはプレゼントの応募、商品との交換に利用できます。また、他のポイントにも移行できるので、現在貯めているポイントがある場合には、そちらに移行するのもありですね。なお、移行できるポイントは以下の通りです。

  • dポイント
  • Pontaポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント
  • WAONポイント

なお、上記のポイントをより多く獲得するなら、これらのポイントが貯まるクレジットカードを持っておくと良いでしょう。

電力会社の乗換前に電気の無駄がないか再確認

現在の電力会社から他の電力会社に乗り換える前に現在の電気の使用状況について再確認することをおすすめします。

  1. あまり使わない電化製品のプラグがコンセントに刺さったままになっていないか。
  2. 夜、人がいない部屋の電気がつけっぱなしになっていないか。
  3. 夏も冬もエアコンを使うことが多い場合には扇風機やストーブに代えれないか。

こういったことを見直すだけでも、電気代を節約できるものです。

スイッチ

電力会社を乗り換えた場合に従来の電力会社よりも電気代が安くなる場合は、節電の余地があるかもしれません。

家庭内の電気の使用状況を見直しても、なお電力会社を乗り換えた方が節電になる場合は、東京ガスに乗り換えることを検討すれば良いでしょう。