Tポイントで税金や健康保険など公共料金の支払いができるYahoo!公金支払いが便利

2018年7月21日

コンビニのファミリーマートなどでの買い物で獲得できるTポイントを貯めている方は多いと思います。

Tポイントはファミリマートだけでなく、様々なお店で貯めたり買い物代金に充当できたりします。貯まるお店も使えるお店も、他の共通ポイントよりも多いので、便利さでは現在のところ、Tポイントが他の共通ポイントよりも1歩先を行っている印象です。

特にTポイントの使い道として優れているのが、住民税、自動車税、固定資産税、水道料金、国民健康保険料、NHKの受信料などの公共料金の支払いに充当できる点です。

Yahoo!公金支払いで税金などの納付ができる

Tポイントで税金などの納付をするには、Yahoo!公金支払いを利用します。

TポイントでYahoo!公金支払いを利用するためには、Yahoo! JAPAN IDを持っている必要があるので、まだYahoo! JAPAN IDを持っていない場合は、下記ページで作ってください。Yahoo! JAPAN IDの取得は無料です。

住民税は給与天引き、水道料金やNHKの受信料は銀行口座から自動振替という場合が多いので、Tポイントで支払うことはないかもしれません。でも、自動車税や固定資産税は、納付書が自宅に届いてから郵便局やコンビニから振込む場合が多いのではないでしょうか?こういう場合は、貯まったTポイントを支払いに充当すれば家計の節約に役立ちます。

手数料がかかる場合がある

ただ、Yahoo!公金支払いは、手数料が発生する場合があります。

手数料は、支払う項目や自治体によって異なります。例えば、東京都武蔵野市の固定資産税の納付の場合は、1万円までは手数料がかかりませんが、1万円を超えると1万円単位で100円(税別)の手数料が発生します。また、その他の支払いでも、多くの場合、1万円刻みで100円(税別)の手数料が加算されますので、高額の支払いの場合はYahoo!公金支払いを利用すると出費が増えてしまいます。

でも、コツコツ貯めてきたTポイントを一気に使い切ろうと思うなら、Yahoo!公金払いを利用してTポイントで税金などの納付をするのがおすすめです。

小銭

Tポイントが効率的に貯まるYahoo! JAPANカード

Tポイントを多く貯めるなら、Tポイントが獲得できるクレジットカードを持っておくと便利です。Tポイントを獲得できるクレジットカードは多数ありますが、ポイント還元率が優秀なのはYahoo! JAPANカードです。

カード利用100円ごとにTポイントが1ポイント貯まり、さらにTポイント加盟店なら加盟店ポイントも加算されます。加盟店ポイントは200円の買い物ごとに1ポイント還元の場合が多いので、Yahoo! JAPANカードを使って買い物すれば、ポイント還元率が1.5%と大幅にアップしますね。

また、Yahoo!ショッピングやLOHACOでのカード利用であればポイント還元率が3倍、つまり3%にアップするので、日頃からYahoo!ショッピングを利用する機会が多い方なら、より多くのポイントを貯めれます。

ただ、Yahoo! JAPANカードを使ってTポイントを貯めたとしても、税金や健康保険を全額支払えるほどはTポイントを貯めれないでしょう。支払手数料分しかTポイントが貯まっていないという場合なら、郵便局やコンビニで納付した方が節約になりますね。