節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

銀行ATMの引き出し手数料を時間外でも無料にする方法

   

銀行のATMから預金を引き出す時は、引き出し手数料がかからない時間帯を選ぶのが節約の基本です。

でも、緊急の場合には、時間外手数料が必要となる時間にどうしてもATMを利用しなければならないこともあるでしょう。また、出張先や旅行先で、お金が必要になった時も、他行のATMやコンビニのATMで預金を引き出さなければならないことがあり、引き出し手数料がかかってしまいます。

普通預金の金利が低い時代ですから、こういった形で手数料を取られると、預金利息で賄うのが難しいので、できることなら手数料がかからない条件で預金を引き出したいですね。

給与や年金の受取口座にする

最近では、多くの銀行が時間外手数料やコンビニATMの手数料を無料とするサービスを行っています。しかし、預金者なら誰でも引き出し手数料が無料になるわけではなく、一定の条件を満たす必要があります。

例えば、給与や年金の受取口座に指定した場合、時間外手数料やコンビニATMの手数料が無料になりますね。

ATM

ほとんどの人が、普段、頻繁に利用する銀行の預金口座を給与振込口座に指定しているでしょうから、ATM時間外手数料やコンビニATMの手数料が無料になっていると思います。もしも、給与や年金の受取口座にしているのにこれらの手数料が無料になっていない方は、振込口座を他の銀行に変更した方が良いでしょう。

また、給与振込口座を2ヶ所や3ヶ所指定できる会社で勤めている方は、複数の給与振込口座を用意しておくと、どの銀行で時間外に預金を引き出しても手数料が無料になるので便利ですね。

残高を一定以上に維持する

ATM時間外手数料を無料にするには、預金残高を10万円や30万円以上に維持するといった方法もあります。全ての銀行で、このようなサービスを実施しているわけではないので、最寄りの銀行で、このサービスを受けれるかどうかはわかりません。

預金残高を一定以上に維持しておくと時間外手数料が無料になる銀行口座を持っている場合は、全ての預金口座の残高を手数料が無料になる金額以上にしておきましょう。

クレジットカードの引き落とし口座に指定する

銀行が発行しているクレジットカードの引き落とし用に預金口座を利用している場合にも、ATM時間外手数料やコンビニATM手数料が無料になることがあります。

ただ、この方法は、普段使わないクレジットカードを契約しなければならないといったデメリットがあるので、あまりおすすめできません。でも、自分のライフスタイルに合ったクレジットカードであれば作っておいても損はないですね。

ポイント還元率が高いなど、様々な特典が受けれる場合には、検討する価値があるでしょう。

投資信託などの金融商品の残高が一定以上ある

銀行が取り扱っている投資信託などの金融商品の残高が、10万円以上や30万円以上といったように一定以上ある場合にも、ATM時間外手数料やコンビニATM手数料が無料になることがあります。

ただ、こういった金融商品での資産運用は元本が目減りするリスクがあります。わずかな時間外手数料の節約のために大きな損失を被ることにもなるので、金融商品への投資は慎重に検討した方が良いでしょう。

住宅ローン残高がある

住宅ローン残高がある場合にも引き出し手数料が無料になる銀行があります。

しかし、住宅ローンを組むことは、元本に加えて利息も余分に支払わなければならないので、総合すると家計の節約になるかどうかはわかりません。住宅ローンを組むにしても少額にしておくべきでしょう。

NISA口座を持っている

取引銀行のNISA口座を持っている場合もATM手数料が無料になることがあります。

NISAは、少額投資非課税制度のことで、株式投資の年間取引額が一定以下の場合に税金が優遇される制度のことです。株式投資をしていない方が、これから始めるという場合には、NISAを活用すると良いでしょう。

しかし、株式投資には元本が目減りするリスクがあるので、ATM時間外手数料を無料にする目的でNISAを利用すべきではありません。NISA口座を開設した結果、おまけでATM時間外手数料が無料になったと考えるべきですね。

 

以上、ATM時間外手数料など預金の引き出し手数料が無料になる方法をいくつか紹介しましたが、この他にも探せば手数料を節約できる方法があるはずです。なので、普段使っている銀行口座については、時間外手数料が無料になる方法があるかどうかを確認しておきましょう。

最も利用しやすいのは、残高が一定以上の場合、給与や年金の受取口座にしている場合でしょうね。

 - 節約の心得

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

生卵
食費節約の影響でビタミンとミネラルの摂取量が不足してると感じたらサプリメントの活用もあり

家計を少しでも節約するためにどうしても食費を削らないといけない場面が出てきます。 …

羽根
クレジットカードの手数料が今後高くなっていく可能性がある?

クレジットカードを使って買い物をした場合、1回払いや2回払いで決済すれば、買い物 …

皿
食品包装用ラップは災害時や傷の治療に役立つので買い溜めして損なし

サランラップ、クレラップ、ポリラップなど、食品包装用のラップは種類がたくさんあり …

野菜
食費の効果的な節約方法は野菜や果物を買わないこと

家計に占める割合が比較的大きくなりやすいのが食費です。しかし、食事をせずに生きて …

紙くず
ダイレクトメールの裏紙をコピー用紙として再利用する

以前は、ダイレクトメール(DM)が郵便受けに入っていると、不愉快な気持ちになりま …

アーモンド
非常食の備蓄はピーナッツやアーモンドなどのナッツ類がおすすめ

地震などの災害に備えて、非常食を備蓄しておくことは大切なことです。 備蓄する非常 …

硬貨
クレジットカードを使わないのが節約になるけど年会費無料のクレジットカードなら持っていても損なし

家計の節約のためにはクレジットカードをできるだけ使わない方が良いです。 同じ値段 …

紙幣
プレミアム商品券入手は中堅サラリーマンの日給と同じ価値がある

全国でプレミアム商品券の発売が行われていますね。 プレミアム商品券は各自治体が発 …

寿司
同じ節約の仕方でも賢いと思う人もいればケチと思う人もいる

ニュースサイトのマイナビに節約に関するアンケート結果が2つ紹介されていました。 …

コイン
クレジットカードのポイント高還元率はいつまで続くかわからない

毎日の買物で少しでも節約しようと、クレジットカードでポイントを貯めている方は多い …