節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

海外専用トラベルプリペイドカードなら為替手数料の節約とポイント獲得が可能

   

海外旅行に行くとき、事前に銀行に行って渡航先の通貨に両替しておく方が多いのではないでしょうか?最近では、クレジットカードがあるので旅行先国の通貨をほとんど持たずに旅に出る人も増えていますが、やはりクレジットカードだけでは不安ですよね。

だから、少しくらいは外貨を持っていった方が安心です。

でも、国内の銀行で日本円を外貨に両替すると、結構な為替手数料を払わなければなりません。少しでも為替手数料を節約しようと思うなら海外専用トラベルプリペイドカードを利用するのがおすすめです。

国内で日本円を入金しておけば現地通貨を引き出せる

海外専用トラベルプリペイドカードは、日本国内の銀行ATMから事前に日本円を入金しておけば、入金額の範囲内で、渡航先で現地通貨をATMから引き出せたり、クレジットカードのようにお店で買い物や飲食代の支払いができるカードです。

簡単に言うと、Suicaのような電子マネーが海外でも使えるような感じですね。

旅行先でお土産などを買う時、クレジットカードだと、ついつい使いすぎてしまうことがありますが、海外専用トラベルプリペイドカードなら、入金額以上の買い物はできませんので、旅行先での無駄遣いを少なくすることができます。

為替手数料の節約に便利

国内の銀行で、旅行先の通貨に日本円を両替するとき、為替手数料が発生します。

米ドルなら1ドルにつき1円かかりますから、1,000ドル分両替すると、為替手数料は1,000円になります。

ドル

米ドルは比較的為替手数料が安いので、それほど大きな出費ではないのですが、その他の通貨だと為替手数料が両替額の10%程度になることもあります。

多くの場合、日本円を外貨に両替すると、外貨1単位に対して1円の手数料が発生します。米ドルなら1ドル=100円程度なので、為替手数料を1円支払っても1%程度の負担で済みます。でも、国によっては、外貨1単位が10円程度のところもあります。この場合、日本円を外貨に両替すると1円の手数料が発生しますから、料率は10%ですね。

旅行前にこんなに余分な出費があると、せっかく盛り上がっていた気分も台無しです。

この高い為替手数料を銀行での店頭両替よりも、安くできるのが海外専用トラベルプリペイドカードです。

海外専用トラベルプリペイドカードは、いろいろな会社が取り扱っています。基本的にどこも似たようなサービスですから、気に入ったところを選べばよいのですが、為替手数料の節約に加えてポイントも貯めようと思うのなら、トラベレックスジャパン株式会社が発行しているキャッシュパスポートがおすすめです。

キャッシュパスポートは、海外での買い物200円ごとに共通ポイントサービスのTポイントが1円分貯まります。

クレジットカードでの買い物の場合は、ポイントが付くことが多いですが、旅行先で現金払いだとポイントを獲得できないことが多いです。でも、キャッシュパスポートなら現地での買い物や飲食のたびにTポイントが貯まっていきますので、事実上、現金払いでポイントがもらえるのと同じです。

有効期限の間なら、何度でもチャージできます。また、多くの通貨に対応していますから、様々な国に海外旅行に行く方にとっても便利です。

紛失や盗難に備えてスペアカードも1枚もらえます。だから、仮に現地でカードを紛失しても、予備のカードを使って、その後も買い物や飲食ができるので安心です。でも、同じ財布に2枚のカードを入れておくと、2枚ともなくしてしまいますから、保管場所は分けるようにしましょう。

なお、キャッシュパスポートに残高があっても、国内では使えません。手続きをすれば日本円に両替できますが、手間や手数料がかかりますから、できるだけ旅行先で使い切った方が良いでしょう。なので、チャージする金額は、現地で使う予定額よりも少なめにしておき、不足分はクレジットカードを使うか、国内の銀行で事前に旅行先の通貨にいくらか両替しておくのがおすすめです。

世界共通キャッシュカードも便利

海外専用トラベルプリペイドカードと同じようなサービスに世界共通キャッシュカードもあります。

こちらは、海外でも使える銀行口座を作っておくといったイメージですね。国内で事前に世界共通キャッシュカードの口座に日本円で入金しておけば、渡航先のATMから現地通貨を引き出すことができます。また、デビットカードのようにキャッシュカードを使って買い物や飲食もできます。

世界共通キャッシュカードも、為替手数料を節約できますので、口座を開設しておいても良いでしょう。「MoneyT Global」は、大手旅行会社のJTBが運営しているので、安心して利用できます。

各国にJTB海外トラベルデスクもあるので、旅先でのキャッシュカード利用で何が問題が発生した時も、問合せしやすいといった利点もあります。

海外旅行の際に為替手数料を少しでも節約しようと思うなら、海外専用トラベルプリペイドカード、もしくは世界共通キャッシュカードを持っておくことをおすすめします。

 - 交通費の節約

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

道路
ファミリーマートでカーシェアリングサービスが利用できるようになる。

2015年8月31日にコンビニチェーンを展開する株式会社ファミリーマートとパーキ …

道路
ガソリン給油はリッター単位より金額基準でポイント還元のクレジットカードがお得

マイカーは維持費がかかるので、少しでも家計を節約するのなら持たない方が良いです。 …

歩く
歩く習慣があると自然と交通費を節約できる

私は、日頃からよく歩きます。自宅から駅まで行くのも普通ならバスを使う距離なのです …

ビジネスマン
割引のないプリペイドカードは交通費の節約にならないので買わない

テレホンカードや鉄道の回数券カードは、料金を先払いするのでプリペイドカードにあた …

駅
電車の回数券での乗り越し精算は初乗り料金を支払わなければならない場合がある

先日、JRに乗る機会がありました。 行きは、駅の自動券売機で切符を買って乗車した …

電車
2つ以上の電車を乗り継ぐ場合は1日乗車券を購入すると切符代がお得になる

毎日の通勤などで、同じ区間しか電車に乗らない場合は定期券を購入するのが交通費の節 …

道路
中古車を買う基準は中古家電の選び方と同じ。節約するなら整備や保証などのサービスは考慮しない。

家計を節約するためには、マイカーを持たずに公共交通機関を利用するのがおすすめです …

嵯峨嵐山駅
電車は目的地別に乗車する駅を変えて運賃を節約する

電車に乗る時、私は2つの駅を使い分けています。 A駅は自宅から徒歩20分弱、B駅 …

駅のホーム
電子マネーを使って電車に乗車しても節約にならない

私は電車に乗る時、回数券を利用しています。私がよく利用する電車の回数券だと、通常 …

ビジネスマン
定期券を買うより回数券を購入した方が交通費を節約できる場合がある

通勤や通学で、電車やバスの定期券を買うという方が多いと思います。通学定期は割引率 …