電子マネーやプリペイドカードは少額を入金する

私は、よく利用するスーパーではプリペイドカード(電子マネー)を使って買い物をしています。ただ、そのプリペイドカードは、他のお店では使えないので、いったん入金するとプリペイドカードを発行しているスーパーで使い切る必要があります。

このようなプリペイドカードや電子マネーは、汎用性が低く不便なのですが、他のお店で使えない分、おまけが優遇されています。例えば、多くのお店で使える電子マネーにクレジットカードでチャージした場合、0.5%分のポイントが還元されることがありますが、スーパーが独自に発行しているプリペイドカードだと、入金額の1%がおまけされることが多いです。

でも、オマケが多いからと言って、高額の入金をするのは、あまりおすすめできません。

入金額には上限がある

プリペイドカードでも電子マネーでも、ほとんどの場合で1回で入金できる金額に上限が設けられています。また、残高にも上限が設定されていることが多いですね。

大体5万円未満が入金の上限になっていると思います。5万円以上の入金になると印紙税を納めなければならないので、おそらく、収入印紙の節約のためにプリペイドカードや電子マネーを発行している会社が5万円未満にしているのでしょう。

紙幣

何度も入金するのは面倒だからと言って、プリペイドカードや電子マネーに一度に高額の入金をするのはおすすめできません。なぜなら、プリペイドカードも電子マネーも、払い戻しができなかったり、払い戻しできるとしても手数料が取られることがあるからです。万が一、現金が必要になった時のことを考えると、入金は、その日の買い物に必要な金額に抑えておくべきですね。

キャンペーン時は多めに入金

スーパーが独自に発行しているプリペイドカードや電子マネーは、1ヶ月に何回かキャンペーンが行われます。キャンペーン時は、通常よりも多くのおまけがもらえるので、こういう時には、いつもよりも多く入金すると良いでしょう。

私がよく利用するスーパーでは、キャンペーン時に入金額の2%や3%のおまけがもらえます。3万円入金すると600円や900円のおまけがもらえるので、とてもお得です。

もしも、通常時に残高の上限近くまで入金していたら、キャンペーン時に少額しか入金できず、多くのおまけを獲得できません。こういう視点からも、普段は少額の入金にしておくべきですね。

オートチャージも少額に設定しておく

鉄道系の電子マネーには、残高が一定以下になった時にクレジットカードからオートチャージする機能を利用できるものがあります。

オートチャージを設定しておくと、ポイントがもらえることがありますし、何より残高不足で改札を通過できないデメリットを排除できるのが便利です。しかし、オートチャージの場合も、無駄遣いしないためには、あまりチャージ金額を高額にするべきではないでしょう。

自分で機械にお札を入れて入金する手間がないのですから、むしろ、オートチャージの場合ほど入金額を少なく設定しておくべきです。定期的にチャージ金額に対するポイント還元率が上がるキャンペーンが行われる電子マネーであれば、なおさら普段は少額のチャージにして、キャンペーン時に高額のチャージをしたいですね。