住宅ローンの契約に住宅販売業者の勧める金融機関を選ばないこと


住宅ローンを契約する際、どの金融機関から借りるべきか事前に検討することになります。

多くの方は、どの金融機関にすべきか自分で調べて結論を出すのですが、中には、他人の意見に流されて銀行を選ぶ人もいます。このような住宅ローンの組み方は、返済額が多くなる危険があるので好ましいことではありません。

住宅ローンについて事前に勉強する

マイホームは、ほとんどの人の場合、人生で最も高い買い物となります。そのような高額な買い物だから後悔しないように物件を選ぶことでしょう。

でも、住宅ローンをどの銀行から借りるべきかについては、自分ではよく調べず、住宅販売会社やファイナンシャルプランナーに勧められた金融機関と契約するという人が少なくありません。どんなに自分が気に入った物件を買えたとしても、住宅ローンの契約で失敗してしまっては、納得のいかない買い物となってしまうことだってあります。

マイホームを購入しようと考えている段階では、自分で色々と勉強し、住宅ローンの知識も身につけてある程度のイメージを作り上げるのですが、いざ、住宅ローンを契約する段階になると、住宅販売業者の勧めに負けて彼らの指定した銀行と契約をしてしまいます。

このように土壇場で住宅販売業者の勧めに従ってしまうのは、事前の住宅ローンの勉強が足りなかったからです。

相手は、日常的に住宅を販売しており、住宅ローンについても詳しいので、話を聞いていると彼らの言うとおりにした方が得な気になります。しかし、彼らが勧める住宅ローンは、客側に有利なものではなく、単に取引のある金融機関を紹介しているだけなのです。中には、住宅ローンを検討している人を紹介するとリベートがもらえるといったことから、特定の金融機関を紹介している場合だってあります。

つまり、金融機関と住宅販売会社がつながっているということなのです。

握手

住宅ローンを勧める住宅販売業者を信用しない

住宅販売業者の中には、客が自己資金で全額賄うことができる場合でも、住宅ローンを勧めるようなところがあります。

利息の支払いを考えたら、ローンを組むよりも自己資金で全額賄う方が良いはずなのにローンを勧めるのは、金融機関との付き合いを優先しているのだと考えるべきです。そういう住宅販売業者が、客の利益を優先して考えているはずはありません。

したがって、そのような住宅販売業者を信用すべきではありませんし、マイホームをその業者から購入すべきではありません。

 

金利が少し上がっただけで、返済額が大きく変わってくるのですから、住宅ローンについては事前にしっかりと勉強し、そして自分の判断で契約するようにすべきです。

決して他人の勧めに自分の将来を委ねてはいけません。