忘年会や新年会は自宅でカニ鍋をすると会費を節約できる

2018年7月13日

友人同士で集まって忘年会や新年会をする計画を立てる時、多くの場合、居酒屋などのお店を予約すると思います。

メニューは、鍋料理が定番ですね。特にカニ鍋は、冬になると一度は忘年会や新年会で食べるのではないでしょうか?

でも、カニ鍋は割とお値段が高めですから、たくさんの忘年会や新年会に参加すると、経済的負担が大きくなります。職場の忘年会や新年会は、欠席しにくいので参加せざるを得ないでしょうが、友人同士の集まりなら欠席してもそれほど問題にはなりません。

とは言え、断るのは申し訳ないと思っている場合は、自宅で忘年会や新年会をすることを提案してはいかがでしょうか?

自宅でのカニ鍋はお店よりも安上がり

当たり前のことですが、お店でカニ鍋を食べるよりも、スーパーでカニを買ってきて自宅で食べた方が圧倒的に安上がりです。ドリンクもスーパーで買っておけば、少々余っても、それほど無駄遣いにはなりません。

だから、忘年会や新年会は、一人暮らしの方の家でカニ鍋を食べる計画をするのが、少ない費用で楽しめます。

カニ

ただ、カニは、スーパーで買っても結構なお値段がします。

だから、自宅での忘年会や新年会の時は、カニにこだわらずに肉類を中心にした鍋でも良いでしょう。豚肉や鶏肉であれば、比較的安く手に入りますから、うまく節約すれば、1人当たり1,000円ちょっとの予算で鍋料理を楽しめるはずです。

カニにこだわるなら通販を検討してみる

でも、友人同士の忘年会や新年会とは言え、いつもの集まりとは違うのだから、もうちょっと豪華な鍋にしたいというのなら、カニ鍋にすれば良いでしょう。そして、少しでも、予算を抑えたいのであれば、通販を利用するのもありです。

冬場になれば、通販サイトでカニがたくさん売り出されます。

訳ありカニだと、かなり安くで手に入りますね。

また、訳ありではなくても、ズワイガニが3尾3kgのもので、14,800円で販売している通販サイトもあります。4人から5人前の量ですから、5人で割れば1人当たり約3,000円の負担で済みますね。

カニ以外の食材も使って寄せ鍋にすれば節約できる

そうは言っても、やはりカニ鍋は他の鍋料理よりも値が張ります。だから、カニだけの鍋ではなく、いろんな食材を入れた寄せ鍋にすることをおすすめします。

例えば、カニは1kgだけ購入し鶏肉をスーパーで買ってきて、カニと鶏肉の寄せ鍋にすれば、2,000円程度まで予算を節約できます。卵も安くで手に入りますから、ゆで卵にして鍋に入れるのも良いですね。

他には、魚の切り身を買ってきて寄せ鍋に入れる方法もありますが、肉と比較すると魚は高めなので、節約するなら肉を多めの寄せ鍋が良いでしょう。

あと野菜は高くつく場合があるので、あまり買わない方が無難です。肉やカニばかり食べて野菜は食べない人もいますから、あえて野菜は一切買わないのも一つの手段です。

とりあえず、鍋料理であれば、いろいろと工夫すれば予算を節約できますから、お店で忘年会や新年会をするよりも確実に安くで楽しめますよ。