カルディコーヒーのリッチブレンドは大人好みの深い苦み


先日、カルディコーヒーで豆を購入しました。

今回、購入したのはリッチブレンドです。いつもは、挽いたコーヒーの粉を買うのですが、今回は風味を長持ちさせたかったので挽いてないコーヒー豆にしました。

リッチブレンドは香りが控えめ

カルディコーヒーのリッチブレンドは、200gでお値段が525円(税別)です。マイルドカルディと比較するとやや高めですが、それでも手を出しやすい価格ですね。

カルディでコーヒー豆を買うと、帰宅途中にその香りが漂ってくるので、すぐにでも飲みたくなります。でも、今回購入したリッチブレンドは、袋からあまり香りが漂ってきません。

歩いているので香りに気づかないのかなと思ったのですが、自宅のキッチンでも、他のカルディのコーヒー豆と比較すると香りが控えめな感じです。きっと豆の状態だから香りが漂ってこないのだろうと思いながら、コーヒー豆を挽いて粉にしてみました。

コーヒー豆

すると、コーヒーの香りがしてきたのですが、いつもほど香りがしません。

どうやらリッチブレンドは、香りが控えめなようです。焦げたような感じで、何となく鈍い香りです。

苦みとコクが深い

とりあえず豆を挽いたので、さっそくお湯を注いでコーヒーを作ってみました。

やはり、淹れたてのコーヒーでも、マイルドカルディよりも香りが控えめです。ブラックで一口飲んでみると、深い苦みとコクが口の中に広がります。

すぐには、味がわからないのですが、コーヒーがのどを通った後に苦みのきつさに気づきます。朝、目を覚ますのに良さそうなコーヒーですね。

苦いコーヒーを好まない方は、リッチブレンドは口に合わないかもしれませんが、深いコクと苦みを好む方なら気に入るのではないでしょうか?

私の場合は、もう少し苦みがない方がいいです。香りも、もっと軽くて優しい感じのコーヒー豆が好きですね。でも、コーヒーの味に関しては満足しています。牛乳を混ぜるとマイルドになりますから、むしろ、リッチブレンドくらい苦みがきつい方が良いかもしれません。

とりあえず、当分はカルディのリッチブレンドを飲み続けます。

カルディコーヒー関連記事