カルディのバードフレンドリーダークローストで淹れたアイスコーヒーは爽やかな苦み

2016年4月18日

近所にカルディコーヒーファームのショップがオープンし、その時に半額セールで購入したバードフレンドリーのダークローストで、先日、アイスコーヒーを淹れて飲んでみました。

お店のメニューにバードフレンドリーダークローストは、アイスにしても美味しいと書いてあったので、試してみた次第です。

インスタントコーヒーでは出せない苦味

結論を述べると、お店で飲むアイスコーヒーのような苦みでした。

この味には、非常に満足しています。苦いと言っても後を引く苦みではなく、後味が残らずスーッと消えていく爽やかな苦みです。

カルディコーヒーのバードフレンドリーダークロースト

この味をインスタントコーヒーで出したことはないですね。

インスタントの場合、粉の量を多くすれば苦味を出せますが、味が濃くなりすぎるので後味も残りやすいです。キレのある苦味を出すためには、やはりレギュラーコーヒーでアイスコーヒーを淹れるべきです。

また、缶コーヒーやペットボトルに入ったコーヒーでも、この苦みは味わえません。深みのある味の缶コーヒーは後味が残りますし、キレのある缶コーヒーだと苦みが控えめのものが多いですね。

キレのある苦味を楽しみたいなら、カルディコーヒーのバードフレンドリーダークローストがおすすめです。

缶コーヒーよりも経済的

バードフレンドリーダークローストのお値段は、税別で850円です。内容量は200グラムですから、コーヒー20杯分になりますね。したがって、コーヒー1杯が43円ほどです。コーヒーフィルター、水道代、ガス代を考慮しても50円程度ではないでしょうか?

この程度の値段であれば、缶コーヒーを買うよりも経済的です。

最近では、900mlのペットボトルに入ったコーヒーが100円未満で買えますので、それと比較すると割高です。なので、アイスコーヒーの味にあまりこだわらないという方は、ペットボトルのアイスコーヒーを買った方が節約になりますね。淹れる手間もかかりませんから、気軽に飲めます。

 

頻繁に缶コーヒーを購入したり、美味しいアイスコーヒーを飲むためにカフェに行くという方なら、カルディコーヒーのバードフレンドリーダークローストを買ってきて、自宅でアイスコーヒーを淹れた方が節約になりますよ。

なお、カルディコーヒーのバードフレンドリーダークローストは、カルディのオンラインショップで購入きます。

2016年4月18日追記

カルディコーヒーのウェブサイトを確認すると、バードフレンドリーのダークローストの取り扱いがありませんでした。一時的な販売中止なのか、生産そのものを中止したのかはわかりません。

カルディコーヒー関連記事