レジ袋は買い物のたびに買う方が得


2020年7月1日からレジ袋が有料化されました。

これまでは、スーパーやコンビニでの買い物のたびに無料でレジ袋を必要なだけもらえましたが、これからは、レジ袋1枚につき2円や3円のお金を支払って購入しなければなりません。

プラスチックの海洋投棄が問題となっているので、致し方ない部分はありますし、決まったことに文句を言ってもどうしようもありません。だから、今後のために30枚入りのプラスチック製の袋を買いに行きました。

レジでその都度買った方が安上がり

私は、レジ袋をゴミ袋代わりに使っているので、レジ袋と同じような手提げになっているプラスチックの袋が必要です。下の写真に写っているような袋ですね。

レジ袋

スーパーで見つけたプラスチックのレジ袋は、30枚入りで128円(税抜)でした。

ということは、1枚当たり約4.3円です。

買い物のたびにレジ袋を1枚購入すれば2円か3円で済むので、プラスチックのレジ袋をあらかじめ購入すると割高になってしまいます。なので、プラスチック製のレジ袋を買うのはやめ、今後は買い物のたびにレジ袋を買うことにしました。

レジ袋は、ゴミ袋として使いますから、燃えるゴミとして出せば焼却されるので、海が汚れることはないです。

無料のレジ袋もある

今回、規制の対象となったのはプラスチックのレジ袋です。

100%プラスチックでできたゴミ袋は有料ですが、実は、環境に配慮したバイオマスが一定以上配合されたレジ袋は無料でもらうことができます。

私がよく利用しているスーパーでも、バイオマス配合のレジ袋が配られているので、無料でもらうことができます。慌ててプラスチック製の袋を買わなくて良かったです。

ただ、バイオマス配合のレジ袋を使っているスーパーは、近所では1軒しかないので、その他のスーパーで買い物する場合は、エコバッグを持って行ってます。エコバッグと言っても、プラスチック製なのでエコとは言えないのですが。

プラスチック製のエコバッグは、50回以上使わないと、環境に優しくないとネットニュースに書いてありました。そうすると、すぐにダメになるエコバッグを買うのは逆に環境への負荷を高めることになります。

また、1枚2円のレジ袋であれば、50枚で100円です。100円ショップのエコバッグを50回使うのと同じですね。そう考えると、わざわざエコバッグを買うのも、もったいなく感じます。

 

バイオマス配合のレジ袋を無料で配布しているスーパーが近くにあれば、そこで買い物をすることでレジ袋代を節約できます。いずれは、多くのスーパーやコンビニでも、バイオマス配合のレジ袋を使い始めそうですね。