夏のガス代節約は風呂温度を39度に下げること


夏場は、ガス代があまりかからないので、節約の意識が働きにくいです。

毎月の請求明細を見ていても、夏にかけて徐々にガス代が減っていきますから、まるで無意識のうちに節約しているような錯覚に陥いります。でも、それはガスの消費量が自然と減っているだけで、節約できているわけではありません。

夏は電気代が高くなることから、電気代の節約に意識がいきがちです。しかし、夏こそ、ガスの使用量を減らし家計の節約を図ることが大切です。そのために簡単にできるのが、風呂温度を39度に下げることです。

1年中風呂温度を一定にしてはダメ

風呂温度を年中一定にしている方は、この機会に風呂温度をこまめに変えるようにしてください。毎日変更するのは面倒ですから、夏場だけでも風呂温度を39度に下げるようにしましょう。

38度でも37度でも、気持ち良く感じる温度まで下げて構いませんが、39度がちょうど良い温度に感じると思います。

風呂

高すぎる風呂温度は、健康的にも良くないとされていますから、夏場に39度の温度に慣れるようにしておき、冬でも40度で入浴するようにした方が良いでしょう。これだけで、ガス代の節約もでき、健康管理もできるのですから、やらない理由がないですね。

今すぐに始められる節約法ですから、ぜひ試してください。

熱い風呂温度が好きな家族がいると迷惑

ただ、家族の中に「風呂は熱くなければダメだ」と頑固に言い張る人がいると厄介です。

特に男性に多いですね。

あまり強く風呂温度を下げるように言うと怒り出すことがありますから、こういう場合は風呂温度は高いままにしておくのが無難です。

その代り、風呂湯量を少な目にし、最初に入浴してもらうようにしましょう。風呂湯量を減らすことでも、ガス代の節約は可能です。2番目以降に入浴する人は、湯船に水を加えて温度を下げれば、結果的に低い温度で沸かしたのと同じですね。

もちろん、最初から39度で沸かすのが理想ですが。

また、ガス代の節約には、水をペットボトルに入れて、日中にベランダの日の当たる場所に置いて温め、夜に湯船に入れる方法もあります。こちらも小さな努力でガス代の節約ができます。ペットボトルに入れる水は、前日の入浴時のシャワーを使うと良いでしょう。シャワーは、お湯が出るまでに一定時間かかります。お湯になるまで水を捨て続けるのはもったいないですから、その水を漏斗を使ってペットボトルに入れれば水道代の節約になります。

先ほど紹介した風呂温度を下げるために水を足す場合も、シャワーが温まるまでの水を使うと良いですね。

シャワーヘッドの交換で水道代を節約

夏場は、湯船につからずシャワーを浴びるだけでも水道代とガス代を節約できます。

さらにシャワーヘッドを節水タイプのものに交換すれば、水道代を安くできます。

10年以上使っているシャワーヘッドであれば、そろそろ交換した方が良い時期ですから、買い替え時は節水タイプのシャワーヘッドを選びましょう。

水道料金は、住んでいる地域によって差がありますが、水道料金が高い地域だと、少しの節水でも大きな節約につながります。現在使っているシャワーヘッドが節水タイプでなければ、交換することをおすすめします。

 

なお、シャワーヘッドを交換する場合は、今使っているシャワーホースに取り付けられるかを確認しなければなりません。多くのシャワーヘッドは、複数のメーカーのホースに対応できるように数種類のアダプタがセットになっていますから、取り付けられないことは滅多にありません。でも、今お使いのホースが有名メーカーのものでない場合は、ホースごと取り替えなければならないこともあります。

不安な方は、シャワーヘッドの説明書を持ってホームセンターに行き、店員さんに節水タイプのシャワーヘッドに交換できるかどうかを確かめてください。