環境にやさしいエコなシャワーヘッドを使えば水道代を年間1万2千円節約できる

電気、ガス、水道は、生活にとって欠かすことができません。だから、これらを一切使わなければ、電気代、ガス代、水道代を節約できると思っても、そんなことはほぼ不可能です。

でも、電気、ガス、水道は、使用量を少なくすることはできるので、毎月の固定費を今より抑えることは可能です。特に水道代は、環境にやさしいシャワーヘッドに取り換えるだけで、その日から水道の消費量を少なくできるので、簡単に節約が可能です。

水の消費量が半分になるシャワーヘッド

節水型のシャワーヘッドは、少ない水量でも、十分に体の汚れを落とせるように工夫されています。だから、水道代の節約が可能なんですね。

例えば、ミラブルplusは、ウルトラファインバブルと呼ばれる非常に小さい気泡を作り出し、その気泡が目に見えないほど小さな肌の凸凹に溜まった汚れを洗い流してくれます

肌の汚れは、石鹸やボディソープをタオルにつけ、ゴシゴシこすって落とすものと思っている人が非常に多いです。しかし、人体から分泌される汗や皮脂などは、洗剤を使わなくてもお湯で洗い流せば落とせるので、本来、人体には洗剤は不要です。

もちろん、通常のシャワーヘッドから出るお湯でも、体の汚れはきれいに洗い流せます。でも、水の消費量をさらに少なくするためには、ミラブルplusのような節水型のシャワーヘッドに交換した方が、水道代節約の効果が高くなります。何といっても、水の消費量が約50%に抑えられますからね。

水道代がどれだけ節約できるのか

ミラブルplusは、ストレート水流で約25%、ミスト水流で約60%の節水が可能です。通常のシャワーヘッドと比較すると約50%の節水率ですが、これがいったいどの程度の水道代の節約につながるのでしょうか?

以下の前提で、ちょっと計算してみましょう。

  1. 4人暮らしの一般家庭
  2. 通常のシャワーヘッドを使用
  3. 水道と下水道の使用料金は合計で413円/㎥
  4. 1人1回当たりのシャワーの使用量=0.04㎥

 

この場合、シャワー1回当たりの水道と下水道の使用料金は16.52円になります。

  • シャワー1回あたりの使用料金=413円×0.04㎥=16.52円

 

そして、1日に4人がシャワーを使うので、1日当たりの使用料金は66.08円です。

  • 1日の使用料金=16.52円×4人=66.08円

 

したがって、1年365日のシャワーの使用料金は24,119.2円になります。

  • 1年間の使用料金=66.08円×365日=24,119.2円

 

通常のシャワーヘッドからミラブルplusに交換すれば、水道の使用量が50%になるので、水道代の節約額は年間で約12,060円にもなります。さらに風呂掃除のときにもミラブルplusを使えば、さらなる節水になりますから、年間の節約額はもっと多くなります。

なお、ここで使用したシャワー1回あたりの使用量0.04㎥は、ユニットバスに5cmの水が溜まる量として計算したものです。

正規代理店の保証期間は5年

ミラブルplusは、44,990円と高額です。

メーカー保証が1年ありますから、1年間は安心です。でも、1年ちょっと使って壊れると、約1万2千円の水道代が節約できるだけなので、3万2千円の損失となってしまいます。どんなに節水効果が高いシャワーヘッドでも、すぐに壊れてしまったのでは、まったく意味がありません。

でも、ミラブルplusの正規代理店の中には、メーカー保証の1年とは別にメーカー保証と同等の代理店保証が4年ついているところがあります。つまり、メーカー保証と代理店保証を合わせると保証期間は5年です。ミラブルplusを5年使った場合の水道代の節約額は、約6万円ですから、ミラブルplusの購入代の元をとって、しかも約1万4千円得する計算です。

だから、ミラブルplusは、5年保証がある正規代理店で購入するべきです。

ちなみにミラブルplusは、Amazonや楽天市場などでも売られていますが、正規代理店ではないので、メーカー保証がついていません。販売価格は正規代理店よりも安くなっていますが、それでも3万円前後の価格です。正規代理店以外で販売されているミラブルplusは、新品ではなく中古の可能性もありますから、必ず正規代理店で買ってください。

30日間返品保証もある

ミラブルplusは、非常に高価なシャワーヘッドなので、買った後に自分が思っていた性能と違った場合、大きな損失となります。1回使って、イマイチだったから以後全く使わなくなると、44,990円が丸損です。

でも、正規代理店で購入すれば、30日間の返品保証があるので、万が一、購入前に思っていた性能より劣っていたとしても安心です。肌が弱い方がシャワーの刺激が強すぎるといったトラブルなどが発生した場合には、販売店に電話で返品したい旨を伝えれば、返品に応じてもらえます。

ただし、正規代理店以外で購入した場合には、返品できないことがあります。また、30日間返品保証の特典がない正規代理店もあります。

注文前に予期していなかったデメリットが商品到着後にわかることもありますから、ミラブルplusは、30日間返品保証がある正規代理店で購入することをおすすめします。

シャワーホースに取り付けられない場合は?

ミラブルplusは、TOTOなどの有名メーカーのシャワーホースの場合は、ほぼ取り付け可能です。

シャワーホースが、MYM、KVK、ガスターの場合は、ミラブルplusの取り付けにアダプターが必要になります。でも、正規代理店での購入の場合は、これら3メーカーのシャワーホースに対応するアダプターが特典として付いているので、問題なく取り付けができます。

ただし、シャワーヘッドが、水垢などの汚れでシャワーホースから外れなくなっている場合は、取り付けができません。ミラブルplusにシャワーヘッドを交換するには、シャワーホースごと取り換える必要があります。注文前には、まず浴室に行って、シャワーヘッドが外れるかどうか確認してください。

また、シャワーヘッドとシャワーホースが一体型になっていて、シャワーヘッドの交換ができない場合も、ミラブルplusを取り付けできません。この場合も、シャワーホースごと取り換える必要があります。

シャワーホースは、ホームセンターに行けば、3,000円から5,000円程度で買えます。安いものであれば1,000円程度でも売っています。シャワーホースを買い替える場合も、まずは浴室に行ってシャワーホースが外れるかどうかを確認してください。

自分で、シャワーヘッドやシャワーホースの交換ができないようであれば、残念ですが、ミラブルplusの購入は諦めてください

浴室のタイルだってきれいになる

ミラブルplusが作り出すウルトラファインバブルは、見た目は凹凸がない壁面の汚れも落とすことができます。

通常のシャワーヘッドから出る水で、浴室のタイルを洗っても全くと言ってよいほど汚れが落ちません。だから、どうしても浴室用の洗剤を使って、床や壁を洗わなければなりません。

ところが、ミラブルplusなら、ウルトラファインバブルが目に見えないほど小さな凸凹にも入り込んで汚れをかき出してくれますから、まず洗剤を使わずにシャワーだけで掃除するだけでも、ある程度の汚れを落とすことが可能です。

この仕組みは、歯の表面の着色汚れを落とすクリアデントと同じような感じです。クリアデントは、一見ツルツルして平面に見える歯の表面の小さな隙間に溜まっている汚れをかき出します。その素材は歯の凸凹より小さな凸凹があるスポンジ状となっているので、歯をこするだけでミクロの凸凹が歯の表面の小さな隙間に入り込んで、溜まった汚れをかき出せるのです。

要するにミラブルplusは、浴室のタイルの表面にある目に見えないほど小さな凸凹よりも、さらに小さなウルトラファインバブルを作り出せるので、たわしやスポンジでゴシゴシこすっても落ちない汚れを洗い流せるんですね。

洗面所にシャワーが付いている場合は、浴室のシャワーから一時的にミラブルplusを取り外し、洗面所に設置してシンクの掃除をすることもできます。洗面所のシンクは、長く使っていると黄ばんできますから、激落ちスポンジで擦って汚れを落とす必要がありますが、ミラブルplusも使えば、さらにシンクの掃除が楽になります。

ミラブルplusの水流だけで落とせない汚れは、洗剤を使う必要があります。でも、洗剤の使用料は、通常のシャワーヘッドよりも少なくて済むので、環境にも財布にもやさしいです。

油性マジックで肌に書いた線が消える

ボールペンのインクが手についたとき、石鹸でゴシゴシと洗っても、なかなか落ちません。でも、手に汗をかくと、ボールペンのインクは簡単に落ちます。このことを知ってから、私は、手についたボールペンのインクは何もせず放置しています。

汗腺から出てきた汗が、肌のミクロの凸凹に付着したインクを洗い流してくれるのでしょう。

肌に油性マジックで書いた線をミラブルのシャワーヘッドを使って洗うと、あっけなく落ちてしまうテレビCMを見たことがある方は多いはずです。

ミラブルplusのミスト水流が作り出すウルトラファインバブルは、毛穴の中にも入り込めるほど小さな気泡なので、シャワーの水流だけでも、油性マジックを落とすことが可能なんですね。ウルトラファインバブルがどれくらい小さいかというと、直径が1㎛もありません。つまり、1mmの1000分の1未満のサイズです。ちなみにミラブルplusのストレート水流が作り出すマイクロバブルは、直径が約30㎛で、水圧を感じられる水流です。

小さな隙間に入った汚れをかき出すという点では、汗腺から出る汗もウルトラファインバブルも同じような原理と言えそうです。手についたボールペンのインクが勝手に消えることに疑問を持っている方は、実際に手のひらの一部分にボールペンで小さな線を描いて試してください。何もしなくても、気づいたときには、インクが消えているはずです。

人間の皮膚は、洗剤を使って洗えば洗うほど劣化しますから、お肌の健康を保ちたいなら、使用量を減らした方が良いです。人体に洗剤を一切使わない方が、より健康的ですが、それはなかなか難しいですよね。だから、シャワーヘッドをミラブルplusに交換し、シャワーの水流だけで肌の汚れをできるだけ落とし、石鹸やボディソープの使用量を減らすのが、現代人のスキンケアにはおすすめです。

塩素を約80%除去

ミラブルplusには、塩素を80%除去できるトルネードスティックがセットになっています。

水道水の刺激が強すぎると感じる場合は、トルネードスティックをミラブルplusに装着すると良いでしょう。ただ、トルネードスティックは、約3ヶ月の使用で交換しなければなりません。トルネードスティックは、1本が3,190円しますから、常に使い続けていると、年間12,760円の支出になります。

ミラブルplusは、トルネードスティックなしで使えますから、塩素が気にならない場合は、取り付ける必要はありません。

肌表面の乾燥や冷えが気になる場合にも

ミラブルplusを開発した株式会社サイエンスの実験では、ミラブルplusを使用した後の肌の潤いと表面温度がアップしたそうです。

石鹸やボディソープで体を洗うと、入浴後に肌が乾燥することがあります。特に冬場は肌がカサカサしやすくなりますね。あまりに肌の乾燥がひどいと感じるときは、洗剤類の使用を中止し、ミラブルplusだけで体を洗い流すのがおすすめです。

また、冬場は、入浴後に体が冷えやすくなりますから、ミラブルplusで肌表面を流すのもおすすめです。

なお、肌の潤いはストレート水流とミスト水流で確認できましたが、肌表面の温度上昇はストレート水流でのみ確認されています。

ミスト水流の場合、気泡が非常に小さく外気の影響を受けやすいため、給湯器によっては水に近い温度に感じる程度のお湯しか出ないこともあります。そのため、ミスト水流が冷たく感じる場合は、給湯器の温度を上げて適温に調整する必要があります。また、体から離すとシャワーが冷たくなるので、ミスト水流で体を洗う時はできるだけ肌に近づけてください

節水シャワーによくある水流の弱さが気にならない

節水シャワーのデメリットに水圧が弱く、汚れが落ちにくいといったことがあります。節水シャワーは、水量を少なくして水の消費量を抑える仕組みになっているので、どうしても水圧が弱くなってしまいます。勢いのあるシャワーではなく、ただ、水が流れ落ちているだけのような節水シャワーもありますね。

この水の勢いが弱くなり洗浄力が落ちる弱点をミラブルplusは、トルネードミスト方式という特許技術により克服しています。

シャワーの洗浄効果は、ウルトラファインバブルの気泡の量では決まりません。ミラブルplusは、1つの吐出口あたり1秒間に約2,000回転(1分間に約12万回)の高速うず流でウルトラファインバブルを生成します。しかも、水流が吐出する際、外気を巻き込んで、安定して気泡を発生することができるので、吐出口中央にも渦巻きが発生する仕様になっています。

このトルネードミスト方式が、節水シャワーにありがちな洗浄力の低下を防ぎ、通常のシャワーヘッド以上の洗浄効果を発揮しているんですね。

 

環境に配慮した生活をすると、どうしてもお金がかかってしまいます。でも、ミラブルplusは、その水流だけで多くの汚れを落とせますから、洗剤の使用量を減らせ、環境に配慮しながら節水が可能です。

いつも、入浴時の石鹼やボディソープの泡が排水口に流れていくのを見て、環境に悪そうだなと感じている方は、環境に配慮した節水型のシャワーヘッドに交換しましょう。エコなだけでなく、水道代も安くなってお得ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました