節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

1円単位で使えるポイントは10円未満をポイント払いすると便利

   

多くのポイントプログラムには、ポイントの有効期限が設けられています。

無期限であれば、ポイントがたくさん貯まったところで使えば良いのですが、有効期限がある場合には期限が到来する前にポイントを使っていかないと失効してもったいないですね。

ただ、商品券と交換するようなポイントプログラムだと500円以上ポイントを貯めないと商品券に交換できないという場合があります。このようなポイントプログラムだとポイントを貯め続けなければなりません。でも、1ポイントから買い物に使えるポイントプログラムであれば、買い物の際には毎回使って行くことをおすすめします。

1回の買い物で全てのポイントを使わない

ただし、毎回の買い物でポイントを使うと言っても、全てのポイントを使う必要はありません。むしろ、小分けにしてポイントを消化する方がレジでの清算がスムーズにできます。

例えば、買い物金額が1,364円だったとします。そして、残っているポイントが25ポイントだったとしましょう。1ポイントを1円で使えた場合、1,364円から25円分のポイントを差引いた1,339円を現金払いすることになります。

しかし、このようなポイントの使い方だと、ほとんどの場合で10円未満の端数が生じてしまいます。上の例だと9円の端数がでているので、きっちりの金額を支払うとなると、5円玉1枚と1円玉4枚を財布から取り出さなければなりません。

1,340円支払う場合だと1円のお釣りが戻ってきます。

1円

別に財布の中に細かいお金が増えても気にならないのなら、このようなレジでの支払いでも構わないでしょう。でも、少しでも財布の中から1円玉を減らしたいのであればポイントの使い方を工夫した方が良いです。

10円未満の端数だけポイント払いで財布の中がスッキリ

1ポイント単位でポイントを買い物に使えるのなら、10円未満の端数だけをポイント払いすると1円玉が財布に貯まらなくなります。

上の例だと、1,364円のうち4円分だけポイントで支払うのです。そうすれば現金払いが1,360円になるので、1,400円払う場合でも2,000円払う場合でも、1円玉をお釣りでもらわなくて済みます。

また、きっちり1円単位まで合わせてレジで精算すると時間がかかりますが、10円未満の端数だけをポイント払いすれば比較的速く決済ができます。さらに毎回ポイント払いする癖をつけておけば、有効期限がある場合でもポイントを失効させずに済みます。

10円未満の端数をポイント払いするというちょっとした工夫で、ポイントの期限切れを防止できて、レジでの清算もスムーズになりますから、ぜひ試してください。

 - 買い物術

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

コイン
貯まったポイント以上に無駄遣いしている可能性がある

インターネットでブログなどを見ていると、たまにこれまで貯めてきたポイントを掲載し …

ドリンク
デザインがマイナーチェンジされた商品は見切り販売されやすい

季節の変わり目などに様々な商品のデザインがマイナーチェンジされます。外観は異なっ …

ピーマン
イオンカードセレクトをイオンゴールドカードにできる。年会費無料でゴールドカードを持つならイオンカードセレクトに申込もう。

クレジットカードの中でもゴールドカードは、年会費が1万円ほどかかります。そのため …

コイン
現金値引きはポイント還元よりもお得

よく家電量販店で買い物をすると、現金値引きしてもらえる場合とポイントを還元しても …

鮮魚
イオンカードのときめきポイントが2倍還元に変更。いつでもイオンでの買い物がお得に。

大手流通小売のイオンが、2016年6月1日からイオンカードでのクレジット決済で貯 …

税込価格
折り込みチラシは税込価格と税抜き価格(本体価格)の表示の違いに注意する

スーパーの折り込みチラシを見ていると、商品の値段が税込価格の場合もあれば、税抜き …

トマト
スーパーが独自発行する電子マネーやプリペイドカードはお得

ここ数年の間に電子マネーが、かなり普及しています。電子マネーは、suicaやic …

トンカツ
豚肉、鶏肉、生卵の小売価格は連動している?

最近まで、豚肉や鶏肉の値段が以前よりも高くなっているように感じていたのですが、近 …

時計
日用品や消耗品は家電量販店のポイントで買う

先日、腕時計の電池が切れたので家電量販店に買いに行きました。時計の電池なんて、普 …

鏡餅
スーパーの初売りで安売りを期待しない

新年最初の営業日は、どこも初売りと銘打って割と派手な広告を用意しています。折り込 …