突然、パソコンが壊れて困った!安い中古パソコンに買い換えて急場を乗り切ろう。

いきなりパソコンが故障して使えなくなった。

こんな時、すぐに思いつくのが修理です。家電量販店の長期修理保証に加入している場合は、無料で修理をしてもらえますが、保証期限が過ぎている場合は修理代がかかります。修理代は5万円前後かかることがありますから、それなら、新品を買った方がましだと思う方もいるでしょう。

でも、ちょっと待ってください。

突然のパソコンの故障で買い替えることになった時は、まず、中古パソコンの購入を検討すべきです。

5万円あれば品質が良い中古パソコンを買える

新品のパソコンに買い換えるとなると、10万円程度の出費になります。この10万円の支出を抑えるために5万円の修理でなんとかならないかと考えるわけですが、5年以上使った年代物のパソコンであれば、同じ5万円を出すなら、中古パソコンを買った方が圧倒的にコスパが良いです。

今、お使いのパソコンよりも、性能の良い中古パソコンに買い換えられる可能性もありますし、新品の安いパソコンよりも優れていることだってあります。

新品を買いたいけども、お金がないという場合は、修理ではなく中古パソコンを購入しましょう。

私もパソコンが突然壊れて困ったことがありましたが、中古パソコンを買って助けられました。その時のメリットとデメリットは以下の記事で紹介していますが、私は、圧倒的にメリットの方が大きかったです。

中古パソコンを買う前は、新品のパソコンの方が良かったのですが、実際に中古パソコンを使ってみると、次回のパソコンの買い替え時も、中古パソコンで良いかなと思うようになりました。

お金に余裕がある時なら、新品を買うでしょうが、いきなりパソコンが壊れて、すぐにまとまったお金を用意できない場合には、また中古パソコンにお世話になると思います。

中古パソコンを買う前にありがちな不安

中古パソコンと聞くと以下のような不安があるかと思います。

  1. すぐに壊れてしまいそう
  2. コンピューターウイルスが仕込まれていそう
  3. OSやアプリが古くて使い物にならない
  4. 旧式のCPUだから、動作が遅い
  5. 汚れが目立つ
  6. バッテリーが劣化している

すぐに壊れてしまいそう

中古なので、新品と比較すれば壊れやすいです。

でも、中古パソコンショップも、動作の確認をして販売しているので、購入して数日で壊れることは滅多にありません。また、中古パソコンでも、販売店が一定期間の保証を付けているので、購入後短期間で壊れた場合には、修理、代替品と交換、返金といった対応をしてもらえます。

販売店によっては、オプションで保証期間を延長することもできますから、不安ならオプション料を負担して保証期間を延長すると良いでしょう。私が中古パソコンを購入したお店では、本体価格の約5%の負担で1年保証を付けることができました。

コンピューターウイルスが仕込まれていそう

ネットオークションで中古パソコンを購入すると、出品者も気づかないうちにコンピューターウイルスに感染している可能性があります。

でも、店舗を構えて営業しているお店の場合は、まず大丈夫です。ウイルスに感染したパソコンを売るだけ売って逃げることはできませんからね。

通販で中古パソコンを購入するのが不安な方は、実際にお店に足を運んで実機を確かめてから買うと良いでしょう。また、通販で購入する場合も、実店舗を構えて営業しているお店かどうかを確認すれば不安がなくなります。

OSやアプリが古くて使い物にならない

パソコン本体は中古であっても、OSは最新の状態で販売されています。

新しいOSを搭載したパソコンが発売されたばかりの時は、古いOSになるかもしれませんが、基本的には最新のOSを搭載したパソコンを購入できます。

また、中古パソコンの場合、アプリは、新品のパソコンのようにいろいろと入っていません。中古パソコンショップが、入れておいた方が良いと考えたアプリだけが入っており、それらは新しいものなので、古すぎて使い物にならないということはありません。

旧式のCPUだから、動作が遅い

CPUは、メーカーが発売した当初のものを搭載しているので、最新のパソコンよりも動作が遅いです。

ただし、中古パソコンでも、高性能のCPUを搭載している場合は動作が速く、新品の低スペックのパソコン以上に快適に使えます。また、中古パソコンは、不要なアプリも入っていないので、古いCPUでも意外と動作が速く感じられます。

汚れが目立つ

何年も使い続けているパソコンは、汚れが目立ちます。だから、「中古パソコンも汚れがひどいんじゃないの?」と思うかもしれません。

でも、中古パソコンショップがユーザーから買い取ったパソコンは、しっかりとクリーニングしてあるので、見た目はきれいです。手垢などもなく清潔ですから安心してください。

ただ、キーボードは、何年も使っていると文字が薄くなっていたり、表面にテカリができていたりします。ディスプレイは、訳あり品でない限り、目立った傷が付いたものは販売されていません。

バッテリーが劣化している

ノートパソコンに付属しているバッテリーは、中古の場合、劣化していることがあります。

新品のパソコンのバッテリーよりも、使用時間が短いのは中古パソコンの宿命だと思ってください。ただ、バッテリーがなくてもパソコンはACアダプターをコンセントに挿せば使えますし、バッテリーも新品の取り扱いがあれば交換可能です。

返品OKで保証期間が3年の中古パソコンショップがある

中古パソコンを購入する場合は、実際にお店に行って実機を確認するのがおすすめですが、近所に中古パソコンショップがない場合には、通販を利用するしかありません。

通販で中古パソコンを購入する場合は、以下の3つの要件を満たしている通販サイトを利用すると安心です。

  1. 実店舗を構えている
  2. 保証がある
  3. 返品可能

例えば、大阪の日本橋に実店舗を構えているPC-WRAPだと、3年保証で返品にも対応しています。

保証と返品の条件は以下の通りです。

項目 商品到着予定日から7日間 最初の12ヶ月間 13ヶ月目~36ヶ月間
送料 ショップ負担 客側負担 客側負担
欠品・物損 対応可 対応不可 対応不可
修理 対応可 対応可 対応可
代替 修理不可の場合のみ対応可 修理不可の場合のみ対応可 修理不可の場合のみ対応可
返品 対応可能 代替不可の場合のみ対応可 対応不可

商品到着予定日から7日以内であれば、返品に応じてもらえます。初期不良がない場合でも返品可能なので、単に商品が気に入らなかったという場合でも返品可能です。その場合も、送料、手数料はお店が負担してくれます。

購入から12ヶ月以内の故障であれば、修理に応じてもらえます。修理ができない場合には、代替品と交換してもらえます。また、代替品との交換もできない場合には、返品に応じてもらえます。

購入から13ヶ月目以降の故障も、36ヶ月間は、修理や代替品との交換で対応してもらえます。

購入から12ヶ月間は、新品のパソコンを購入した場合のメーカー保証とほぼ同じなので安心ですね。13ヶ月目以降も36ヶ月間は、代替品がある場合に交換してもらえるので、むしろ、メーカー保証よりも手厚いです。

パソコンのランクによっては保証がない

PC-WRAPの中古パソコンは、品質により新品、美麗品、特選品、標準、訳あり品、ジャンクの6段階にランク分けされています。

新品 / 保証期間:3年

一般に流通している新品の商品。メーカー保証ではなく、PC-WRAP独自の保証が付帯しています。

美麗品 / 保証期間:3年

外観ならびにキーボード等含めて全体的に使用感は極めて少なく状態の良いもの。

特選品 / 保証期間:3年

一般的な中古商品。使用傷やキーボードの軽度なテカリ等あるものの、十二分に動作チェックを行っているので、動作に全く問題はありません。

標準品 / 保証期間:3年

動作に問題はないものの、バッテリー駆動可能時間が短い場合や液晶画面に傷、色ムラやキーの文字消え等がある商品。

訳あり品:保証無し

起動するもキー入力ができない、光学ドライブが読み込めない、液晶の表示不良等、通常使用には問題のある商品。

ジャンク品:保証無し

基本的に正常な動作が望めない商品。

 

訳あり品とジャンク品は、まともに動作しない中古パソコンなので、保証はありません。

その他のランクの中古パソコンは、3年保証が付いているので、修理、代替品との交換、返品が可能です。どのランクの中古パソコンにするかは、予算と相談して決めることになりますが、いずれのランクの中古パソコンを選ぶにしても、自分が絶対に必要な機能を絞り込んで買うことが重要です。

新品のパソコンのように何もかも付いている中古パソコンを買おうとすると、どんなに時間をかけて探しても、希望通りの商品を見つけられません。最低でも、この機能だけは付いていないと困るというものを紙に書き出してから、中古パソコンを選びましょう。

どうしても今すぐパソコンが必要なら中古で間に合わせる

突然、パソコンが壊れ、どうしても今すぐパソコンが必要な場合、お金に余裕があれば新品を購入すれば良いですが、新品を買うだけのお金が用意できない場合は、中古パソコンの購入を検討しましょう。

仕事でどうしてもパソコンが必要な方なら、なおさら、中古パソコンで急場をしのぐことを考えてください。無理して新品のパソコンをクレジットカードのリボ払いで買ってしまうと、後々の返済がきつくなりますし、何よりリボ払い手数料を余計に支払う必要があり無駄な出費になります。

中古パソコンは、買うまでは不安ですが、買ってしまえば不便に感じることはありません。まずは、中古パソコンで様子見をしましょう。そして、しばらくしてお金に余裕ができた時に新品のパソコンに買い替える方が、最新のパソコンを手にできるので、今使っているパソコンが故障した時に慌てて新品を買うよりもお得です。

なお、急場をしのぐ目的で中古パソコンを購入する場合、ノートパソコンを選ぶのが無難です。今、デスクトップを使っている方でも、とりあえずパソコンが必要だというのなら、ノートパソコンにしておいた方が、後で新品のデスクトップを購入した時に処分するのが楽ですし、使わずに残しておく場合でも保管場所に困りませんからね。

初心者にも中古パソコンはおすすめ

初めてパソコンを買う方も、最初は中古パソコンを選ぶのがおすすめです。

新品のパソコンは、10万円以上するのが当たり前です。そんな高額の商品を買っても、ほとんど使わなければもったいないだけです。自分が、頻繁にパソコンを使うのかどうかは、買ってみないことにはわかりません。パソコンを買った後に「スマホがあれば十分だ」と感じて、全く使わなくなることだってあります。

だから、初心者こそ中古パソコンから始めた方が無難です。

初心者に限らず、中古パソコンを選ぶ際には、以下の点を重視しましょう。

  1. CPUは、CORE i7かCORE i5
  2. メモリは、4GB以上
  3. SSD搭載

CPUは、CORE i7かCORE i5

CPUは、簡単に言うとパソコンの頭脳です、CPUの性能が良いほど、パソコンの動作が速くなります。

現在のCPUでは、CORE i7が高性能なCPUで、次いでCORE i5が優れています。CPUには、いろんな種類がありますが、CORE i7かCORE i5にしておけば、快適にパソコンを使えます。CORE i5の下にCORE i3もあり、予算の都合でCORE i5以上のパソコンを買えない場合は、CORE i3でも良いでしょう。

メモリは、4GB以上

メモリは、パソコンが一度に作業できる量に関わっています。メモリが多いほど複数の作業を同時にこなせます。

パソコンは、自分が今使っているアプリなどとは別に勝手にいろいろなプログラムが動いています。セキュリティソフトがその例ですね。

CPUの性能が高くても、メモリが少なければパソコンの動作が遅くなることがあります。中古パソコンを購入する場合、メモリは4GBはあった方が良いです。できることなら8GB以上のパソコンを買いたいですが、こちらも予算と相談して決めてください。

SSD搭載

SSDは、パソコンの記憶装置のことです。写真や動画を保存したりするためには、記憶装置が必要です。

記憶装置には、HDD(ハードディスク)もありますが、Windowsを搭載したパソコンの場合、毎月行われるアップデートの後にディスク使用率が高くなる不具合が発生することがあります。不具合が発生する頻度は少ないですが、ディスク使用率が高くなるとパソコンの動作が極端に遅くなるので、これからパソコンを購入する場合は、中古も新品もHDDではなくSSD搭載のパソコンを強くおすすめします。

また、SSDは、HDDのように高速回転するディスクに物理的にデータを記憶させるものではないので、衝撃に強いメリットがあります。しかも、ほぼ無音なので、HDD搭載のパソコンのように使用中にウイーンという音が気になることもありません。何より動作が速いので、使用中の待ち時間が少なく、パソコンの作業中にイライラすることもありません。

SSDの場合、HDDよりも値段が高くなり、記憶できる容量も少なくなります。もしも、写真や動画をたくさん保存したい方は、HDD搭載のパソコンを買うのではなく、外付けHDDや外付けSSDを買って保存した方が良いです。また、パソコンにだけ大切な写真や動画を保存していた場合、パソコンが壊れると、それらも消えてなくなってしまいますから、なくなっては困る写真などは外付けHDDやSSDにも保存しておきましょう。

パソコンをこれまでに買ったことがないけど、学校や職場で使ったことがある方なら、中古パソコンから始めると良いでしょう。

これまで、まったくパソコンは使ったことがなく、スマホしか使えないという方は、通販でパソコンを買うのはやめた方が良いです。中古でも新品でも、対面で説明をしてもらいながら、どのパソコンにするかを決めた方が失敗する危険性は低いです。知り合いにパソコンに詳しい人がいる場合は、その人に話を聞きながら通販でパソコンを買うのもありですが、慎重に検討したい方は、お店に行って店員さんの説明を受けてからパソコンを買う方が安心できますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました