節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

住宅ローンは多く貸してくれる銀行よりも少ししか貸してくれない銀行を信用する

   

マイホームの購入において、住宅ローンを利用する場合、多く貸してくれる銀行が良い銀行だと判断しがちです。しかし、多く貸してくれる銀行が良い銀行だとは必ずしも言えません。

むしろ、少ししか貸してくれない銀行の方が良い銀行だと判断すべきですし、少ししか貸してくれない銀行の融資額が、返済可能な住宅ローンの上限だと考えるべきです。

契約を取ることを重視する担当者

銀行での出世の基準は、各銀行で異なっているでしょうが、住宅ローンの契約を多く取った行員を出世させる銀行もあるはずです。

契約をたくさん取るためには、客の期待に応えるのが最も簡単な方法です。だから、客が借りたい金額をそのまま貸し出す担当者は、この場合、出世しやすくなります。

客が必要な金額を貸してくれるのだから問題ないと思うかもしれません。しかし、住宅ローンは完済されてこそ、銀行も客も幸せになれるのです。つまり、客が確実に返済できる金額だけを貸し出す担当者こそ、銀行にとっても客にとっても好ましいのです。

このように考えれば、客が求める金額をそのまま貸し出す担当者は、客が返済できるかどうかといったことを深く考えず、契約を取って出世することだけを考えているのかもしれません。中には、3年程度で転勤になる銀行もあり、そういった銀行の住宅ローンの融資担当者は、自分が転勤した後に債権が焦げ付いても関係ないという判断で貸し出しを行うこともあるでしょう。

融資額が最も少ない銀行の判断が正しい

住宅ローンの契約をする際、1ヶ所の銀行だけで借入を決定すべきではありません。

面倒でも複数の銀行に足を運び、どのくらいの金利でいくら貸してくれるのかを比較検討し、最も有利な条件で借りるようにしなければなりません。その際、貸出金額が最も少ない銀行こそが、現在の自分の収入に見合った借入額を提示していると思うべきです。

家

貸出金額を少なく見積もっている銀行は、しっかりと返済してもらえるかどうか、つまり、貸し倒れの危険をできるだけ低くするように融資額を決めているはずです。それは、債務者からすると、生活が破たんしない借金の上限金額を教えてくれているということになるのです。

したがって、住宅ローンを組む場合は、最も融資額が少ない銀行を選ぶのが一番安全だと言えます。

反対に客が求める金額を簡単に貸し出す銀行の担当者は、自分の出世だけを考えている可能性があるので気をつけるべきでしょう。

 - 住まい

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

1万円
住宅ローンは申込時ではなく融資実行時の金利が適用される

マイホームを購入するときに住宅ローンを組むとします。この場合、銀行などの金融機関 …

花
マイホームの購入時期を同僚や同級生と比較するのは無意味

30歳を過ぎたあたりから、同僚や同級生がマイホームを購入し始めます。 自分の知り …

銀行
住宅ローン金利がいつまでも低金利のままだと思わないこと

近年、異例の低金利が続いています。長期金利が過去最低水準となるなど、住宅ローンを …

東京
地価が上がり続けることは当たり前ではない

高度経済成長期を経験してきた世代は、不動産価格は将来的に必ず上がるものといった思 …

家
現在の収入がいつまで続くのか予測して住宅ローンを組む

現在の日本では、住宅ローンを組んでマイホームを買うことが常識となっています。マイ …

住い
長期金利が低下傾向にあっても変動金利で長期の住宅ローンを組むべきではない

これからマイホームを購入しようと考えている多くの方は、おそらく住宅ローンをどうす …

カーテン
夏は昼間でもカーテンを閉めれば室内の暑さ対策になる

夏でも、朝になったらカーテンを開けてませんか? 外から室内に日差しを入れると爽や …

部屋
マンションは賃貸と分譲のどちらが得か?

マンションを選ぶとき、最初に検討すべきことは賃貸か分譲のどちらにするか、つまり借 …

家
住宅ローン控除には期限があるので生活費に充当すべきでない

住宅ローンを組んでマイホームを取得した場合、確定申告をすれば住宅ローン控除(住宅 …

住い
固定期間選択型金利での住宅ローンは変動金利と同じリスクがある

住宅ローンを組む際、変動金利だと将来の利率の上昇により返済額が増えるリスクがある …