節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

マイホームの購入時期を同僚や同級生と比較するのは無意味

      2017/02/08

30歳を過ぎたあたりから、同僚や同級生がマイホームを購入し始めます。

自分の知り合いのうち一人がマイホームを取得すると、他の友人や知人も一戸建てやマンションを購入しだすといったことは、よくあることです。だから、そろそろ自分もマイホームを買わなければならないように感じてきます。でも、同年代の友人や知人がマイホームを取得したからと言って、それが自分のマイホーム購入時機だというわけではありません。

家族構成の違いを忘れてはいけない

日本人は、とにかく横並び意識が強いです。

同僚や同級生が車を買えば、自分も車を買わなければならないと思ってしまいます。でも、他人が車を買ったからと言って自分も必要だということにはなりません。

そもそも、同年代だからと言っても、家族構成が同じということはないのですから、車やマイホームを友人が持っているという理由で買わなければならないということはありません。友人は、幼い子供が多く病気がちで車がないと病院に通うのに苦労するといった理由があるかもしれません。両親の介護に必要ということもあるでしょう。

マイホームだって同じです。

同僚がマイホームを買った理由は、子だくさんでマンションでは狭いといった理由があるかもしれませんし、両親と同居するために2世帯住宅を建てたのかもしれません。自分の家庭も同僚と同じような境遇であれば、マイホームの購入を検討しなければならないかもしれません。しかし、ただ同僚がマイホームを買ったという理由だけで、自分も一戸建てやマンションを購入するのは、その支出が高額であるだけに慎まなければなりません。

自分の家庭の事情をじっくりと考え直す

今、あなたがマイホームの購入を検討しているのなら、もう一度じっくりと考え直した方が良いです。

多くの場合、マイホームは長期の住宅ローンを組まなければ購入できません。多額の借金をしてまで、本当にマイホームが必要なのでしょうか?多くの人にとってマイホームは必要ではありません。むしろ、マイホームを持つことは多くの場合、見栄でしかないのです。

同級生の多くがマイホームを持っているのに自分が持っていないのは、なんとなく恥ずかしいと感じ、多額の住宅ローンを背負うのは馬鹿げています。

マンションやアパートではなく、一戸建てに住みたいのであれば、まずは借家を探すことから始めた方が良いでしょう。

花

借家であれば、借金をする必要はないですし、住んでみて不便であれば引っ越すこともできます。しかし、マイホームを取得してしまうと、不便だという理由ですぐに引っ越すことは困難です。マイホームを売却しようと思っても、すぐに買い手が付くとは限りません。

一度、マイホームを購入してしまったら、なかなか後戻りできないのですから、友人や知人と比較して自分も買わなければならないと思わないことです。

 

もしも、今住んでいるマンションやアパートが不便だというのであれば、一戸建てや分譲マンションの購入を検討するだけでなく、賃貸マンションも視野に入れておくべきです。そして、比較すべきは自分の同僚や同級生ではなく、家を購入するか借りるかといった物件の比較であることを理解しましょう。

 - 住まい

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

住い
固定期間選択型金利での住宅ローンは変動金利と同じリスクがある

住宅ローンを組む際、変動金利だと将来の利率の上昇により返済額が増えるリスクがある …

家
住宅ローンはいくらなら返済できるかを借入限度額より重視して契約すること

マイホームの購入に際しては、多くの人が住宅ローンを利用することになります。だから …

住い
長期金利が低下傾向にあっても変動金利で長期の住宅ローンを組むべきではない

これからマイホームを購入しようと考えている多くの方は、おそらく住宅ローンをどうす …

家
住宅ローンは多く貸してくれる銀行よりも少ししか貸してくれない銀行を信用する

マイホームの購入において、住宅ローンを利用する場合、多く貸してくれる銀行が良い銀 …

南国
資金に余裕ができたら住宅ローンの返済を優先する

住宅ローンを組んでマイホームを購入した方の最も効果的な節約法は、住宅ローンを少し …

東京
地価が上がり続けることは当たり前ではない

高度経済成長期を経験してきた世代は、不動産価格は将来的に必ず上がるものといった思 …

部屋
マンションは賃貸と分譲のどちらが得か?

マンションを選ぶとき、最初に検討すべきことは賃貸か分譲のどちらにするか、つまり借 …

ドル
銀行の金融商品を買うより住宅ローンの返済を優先する

銀行などの金融機関と住宅ローンの契約をする時、最初の数年間は金利が優遇されるキャ …

住まい
住宅ローンの返済負担率は収入の25%未満に抑えるのが安全

マイホームを購入する場合、多くの人が住宅ローンを利用することになります。一括でキ …

炎
変動金利型の住宅ローンには未払利息発生のリスクがある

変動金利で住宅ローンを組むと、将来、金利が上昇して毎月の返済額が増加するリスクが …