節約から倹約.xyz

普段の生活の中で苦にならない程度に節約をしていけば、あなたも知らず知らずのうちに倹約家になれます。

*

イオンカードセレクトをイオンゴールドカードにできる。年会費無料でゴールドカードを持つならイオンカードセレクトに申込もう。

      2017/02/20

クレジットカードの中でもゴールドカードは、年会費が1万円ほどかかります。そのため、節約生活をしている場合には、持つだけで出費が発生するゴールドカードはあまりおすすめできません。

でも、ゴールドカードは、旅行保険や各種特典が一般カードよりも優遇されていますから、年会費が割安であれば持っておくに越したことはないですね。家計を切り詰めて節約している方でも、もしも年会費が無料のゴールドカードが持てるのなら持ちたいという方がいらっしゃるはずです。そういう方には、まず、年会費無料のイオンカードセレクトを作るのをおすすめします。

ゴールドカードへの招待状が届く

イオンカードセレクトは、流通大手のイオンが発行しているクレジットカードです。イオンカードには様々な種類があるのですが、イオンカードセレクトは特典がたくさんあるので、イオンカードを作るのならイオンカードセレクトを選ぶのがお得です。

特に年会費無料のゴールドカードを持ちたい方には、一定の条件を満たしたイオンカードセレクトの会員にイオンゴールドカードのインビテーション(招待状)が届くのでおすすめです。

イオンゴールドカードの招待状が届く条件は、直近年間100万円以上のカードショッピングです。つまり、イオンカードセレクトで年間100万円以上の買い物をすれば、イオンゴールドカードを持つチャンスが訪れます。ただし、招待状が来たからと言っても、審査がありますから、必ずしもイオンゴールドカードを持てるわけではありません。

とは言え、イオンゴールドカードは招待状が来ないことには持てませんから、まずはイオンカードセレクトで年間100万円以上のカードショッピングを目指しましょう。

イオンでよく買い物をする方なら節約しながらイオンゴールドカードを持てる可能性あり

イオンカードセレクトは、年会費が無料なので持っておいても損はないクレジットカードですが、普段、イオンやイオンの系列店で買い物をしない方だと、食費や日用品の節約にはあまり貢献してくれないかもしれません。

ピーマン

特にクレジットカードが使えないお店で、よく買い物をする方の場合は、クレジットカードを使う機会が少ないので年間100万円のカードショッピングの条件をクリアするのが難しいです。また、イオン以外のお店でイオンカードセレクトを使っても、ポイント還元率が0.5%なので、あまりポイントを貯めることもできません。

したがって、イオンカードセレクトを持って得する方は、イオンのお店で日常的に買い物をする方です。もしも、近所にイオンのお店がないのであれば、イオンカードセレクトに申込まない方が良いでしょう。

なお、イオンカードセレクトを使ってイオンのお店で買い物をした場合のポイント還元率は1%です。

イオンゴールドカードの特典

年会費無料のゴールドカードだと、特典があまり良くないのではないかと思うでしょうが、イオンゴールドカードは、他のゴールドカードとそれほど差がありません。旅行保険は海外も国内も付帯していますし、空港ラウンジサービスも利用できます。

海外旅行傷害保険

イオンゴールドカードの海外旅行傷害保険は、ただ持っているだけで適用される自動付帯です。事前に旅行代金などをカードで支払うといった条件はなく、海外旅行に出かけた時には自動的に保険が適用されます。

  1. 傷害死亡後遺障害=最高3,000万円
  2. 傷害治療費用=最高200万円
  3. 疾病治療費用=最高100万円
  4. 賠償責任=最高3,000万円
  5. 携行品損害=最高30万円(1事故につき免責金額3,000円)
  6. 救援者費用=最高100万円

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険は、旅行代金などを事前にカード決済しなければ適用されません。他のゴールドカードだと、自動付帯になっている場合があるので、この点でイオンゴールドカードは見劣りします。ただ、他のゴールドカードでも、国内旅行傷害保険が利用付帯のものは多くありますから、著しく劣っているわけではないですね。

  1. 傷害死亡後遺障害=最高3,000万円
  2. 傷害入院日額=5,000円(180日限度)
  3. 傷害通院日額=3,000円(90日限度)

ショッピングセーフティ保険

イオンゴールドカードで買い物した商品(1品5,000円~300万円)が偶然の事故により損害を被った場合、購入日から180日間、年間300万円まで補償されます。

宝石貴金属や自動車・自動二輪・自転車などは対象となりませんが、電化製品などは補償の対象になるので安心してカードショッピングできます。

イオンラウンジサービス

イオンゴールドカードの会員は、イオンモールに設置されているラウンジを利用できます。

会員の他に3名まで同伴が可能なので、家族で週末にイオンモールに出かけた時や旅先での休憩などに便利です。ドリンクサービスもあり、新聞や各種雑誌の閲覧もできます。日頃からイオンモールで買い物をしている方なら、頻繁に利用できるので、これだけでもイオンゴールドカードを持つメリットがあるでしょう。

羽田空港ラウンジサービス

ゴールドカードは、国内の主要空港のラウンジサービスを利用できるものが多いのですが、イオンゴールドカードは羽田空港のラウンジしか利用できません。この点で、イオンゴールドカードは他のゴールドカードよりもサービス内容が劣っています。

羽田空港以外の空港を利用する機会が多い方だとメリットがありませんが、航空機にほとんど乗らない方や羽田空港を利用する機会が多い方なら支障はないですね。

 

日常的にイオンのお店で買い物をしているのなら、イオンカードセレクトを持っていた方が節約に役立ちます。イオンゴールドカードのインビテーションの条件が年間利用額100万円以上というのは、ハードルが高いですが、その他にもインビテーションの条件があるようです。コツコツと時間をかけてイオンカードセレクトを使い続けていれば、イオンゴールドカードを持つチャンスが訪れるでしょう。

 - 買い物術

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

鏡餅
スーパーの初売りで安売りを期待しない

新年最初の営業日は、どこも初売りと銘打って割と派手な広告を用意しています。折り込 …

ティッシュペーパー
ティッシュペーパーやトイレットペーパーが10%以上値上げ。どうやって節約すべきか。

ニュースで2017年5月1日からティッシュペーパーやトイレットペーパーが値上げさ …

玉ねぎ
スーパーが新規オープンしたら既存スーパーが商品を値下げした

最近、自宅の近所にスーパーができました。 不思議なことに私の住んでいる地域では、 …

時計
日用品や消耗品は家電量販店のポイントで買う

先日、腕時計の電池が切れたので家電量販店に買いに行きました。時計の電池なんて、普 …

野菜
買い物は家族全員で分担すると節約しやすい

買い物での節約の基本は折り込みチラシのチェックです。 同じ野菜、同じ果物、同じ魚 …

魚
特売の曜日を覚えて無駄な買い物を減らす

買い物をした翌日に同じお店で同じ商品が、もっと安くで売られていたという経験をした …

海
写真用紙代程度の格安料金で写真プリントできるウェブサービスがある

カメラや旅行を趣味にされている方にとって、写真プリント代は意外と大きな出費になり …

トンカツ
豚肉、鶏肉、生卵の小売価格は連動している?

最近まで、豚肉や鶏肉の値段が以前よりも高くなっているように感じていたのですが、近 …

税込価格
折り込みチラシは税込価格と税抜き価格(本体価格)の表示の違いに注意する

スーパーの折り込みチラシを見ていると、商品の値段が税込価格の場合もあれば、税抜き …

野菜
ネット通販で貯めたポイントは街での買い物に使う

インターネットでたまたま欲しい商品が安くで売られていたのを見て、すぐに買ってしま …