現金払いが得。クレジットカード払いばかりの人は損している。

買い物をする時、現金払いが得なのかクレジットカード払いが得なのかを考えることがあると思います。

カード払いに対応しているお店であれば、クレジットカードを使った方が、ポイントがもらえたり、割引されたりと特典が用意されていることが多いのでお得です。だから、買い物はいつもクレジットカード払いにしているという人は、現金払いよりも得していると思っているはずです。

しかし、現金払いとクレジットカード払いを比較すると、圧倒的に現金払いの方が得です。

お店の比較で現金とカードのどちらが得かを調べる

先ほども述べましたが、クレジットカード払いに対応しているお店であれば、クレジットカードを使った方が得です。現金払いにしても、値段が安くなりませんからね。

でも、現金払いしかできないお店とクレジットカード払いができるお店を比較すれば、現金払いのみのお店の方が値段が安い傾向にあります。以下の表は、カード払いができるスーパーと現金払いのみのスーパーの折り込みチラシに掲載されている値段を比較したものです。

カード払いと現金払いの比較
品目 カード可のお店 現金払いのみのお店
若鶏手羽元 68円 38円
アボカド 100円 78円
トマト 89円 98円
マヨネーズ 198円 138円
ドレッシング 298円 278円
キャベツ 198円 158円
牛乳 178円 158円
合計 1,129円 946円

 

比較できる品目だけを取り出したので数が少な目ですが、トマト以外は現金払いのみのスーパーの方が安いです。合計で見ると、183円の差があり、約16%も現金払いのみのスーパーの方が安いです。

基本的に同一商品、同一産地での比較ですが、キャベツはカード払い可のスーパーが愛知産、現金払いのみのスーパーが群馬産です。

年間1万円のポイント獲得では少なすぎる

よくネット上では、クレジットカードで年間100万円の買い物をすると、ポイントが1万円分貯まるといった情報を目にします。この情報だけを見れば、カード払いの方が得だと思っても仕方ありません。

しかし、上で比較したように現金払いのみのお店の方が16%も安く買い物できるのですから、カード払いができるお店よりも年間16万円も節約できます。ポイントを考慮すると15万円の節約となりますが、それでもカード払いをしている人よりも遥かに家計を節約できています。

1万円

ネット上でクレジットカード払いが得だと発信しているサイトやブログを読んでも、どうも生活感を感じません。実際にスーパーに行って買い物をしていない人が書いた文章なのでしょうね。

「ポイントが年間1万円ももらえるんですよ」と言っても、16万円も割高な買い物をしていては何の節約にもなりません。

もちろん、クレジットカード払いに対応しているスーパーの方が安い時もあります。その場合は、そちらで買い物をして代金はクレジットカードで支払えば良いのです。

クレジットカード払いの方が得だという情報を鵜呑みにして、クレジットカード払いに対応しているお店だけで買い物をするのではなく、基本は現金払いのみのお店で買い物をし、場合によってはクレジットカード払いができるお店も利用する方が効果的に節約できます。