海なし県でも美味しい本マグロを食べられる!スーパーや居酒屋よりもコスパが高い。

私は内陸部に住んでいるため、新鮮な魚介類を食べる機会が少ないです。

そして、魚介類を購入する場合は、必ずスーパーです。スーパーで買う魚介類も美味しいことは美味しいですが、さすがに鮮度はお店で食べる魚介類よりも落ちます。マグロやハマチの刺身をスーパーで買って食べるより、居酒屋の方がやっぱり美味しいです。市場から新鮮な魚介類を仕入れてお店で提供しているので、スーパーで買うよりも格段に鮮度が違うのでしょうね。

海なし県に住んでいる限り、お店で提供されているようなマグロを自宅で食べるのは不可能なのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。最近は、運送や冷蔵技術が発達していますから、海なし県でも、お店で提供されているのと同じ鮮度が高いマグロを自宅で食べることは可能です。

飲食店向け需要の減少で通販で手に入るようになった

飲食店で食べられる美味しい魚介類は、卸業者から仕入れていることが多いです。卸業者は、市場に行って新鮮な魚介類を仕入れ、それを素早く飲食店に卸していますから、新鮮で美味しい魚介類をお店で食べられるわけですね。

例え海なし県でも、水揚げされたばかりの魚を市場で仕入れた業者から素早く送ってもらえれば、新鮮な魚を提供することが可能です。もちろん、海の近くのお店と比較すると、水揚げされてから、お客さんに提供されるまでの時間は長くなりますが、スーパーで購入して食べる場合よりも新鮮です。

私は、以前、東北や九州によく出張に出かけていましたが、出張先での夕食で食べた魚はとても美味しかったですね。東北も九州も、海が近いところに出張に行っていたので、居酒屋でも回転ずしでも、出てくる魚は、どれも新鮮でした。値段は、内陸部よりも安いのに鮮度は天と地ほどの差がありました。安いお店で提供されている魚ですから、高級なものではないはずです。それなのに内陸部よりも美味しかったのは、やはり新鮮さが違ったからでしょう。

鮮魚

内陸部のお店でも、先ほど述べたように卸業者から素早く送ってもらった魚介類であれば、新鮮なままお店で提供できます。だから、海なし県に住んでいる場合でも、水揚げされたばかりの魚を早く手に入れられれば、例え自宅であっても、鮮度が高く美味しい魚を食べることができます。

ただ、鮮度が高い魚を海なし県で手に入れるのは難しいです。卸業者は、基本的に飲食店、スーパー、デパートなどに魚を卸していますから、通常は一消費者が卸業者から新鮮な魚介類を買うことはできません

ところが、昨今の飲食店の営業自粛や時短営業の影響から、卸業者が市場で仕入れた魚介類が行き場を失っており、飲食店に卸せなかった魚介類を一消費者でも買えるようになってきています。卸業者の中には、独自に通販サイトを起ち上げたり、同業者と協力して通販サイトを運営し、消費者向けに魚介類を販売する動きが活発になっています。

この機会を有効に利用しない手はないでしょう。

内陸部のお店の本マグロは高い

今や、どこに住んでいてもマグロを食べられる世の中です。しかも、回転ずしや居酒屋チェーンが日本全国どこにでも出店していますから、値段も非常に安いですね。回転寿司だと、マグロが1皿110円は当たり前です。

でも、本マグロは高級魚なので、さすがに低価格で食べるのは難しいです。回転ずしがキャンペーンを行っている時なら比較的安くで提供されることがあるでしょうが、そうでなければ、1皿110円という低価格で本マグロを食べることは不可能です。何と言っても初セリで1億円以上で取引されるような高級魚ですからね。

本マグロは、内陸部のお店でも食べることはできます。私も、お店で本マグロのお刺身を食べたことがあります。

高級魚なのでお店での取り扱いが良いのでしょうね。新鮮で、味も申し分ありません。ただ、やはり値段が非常に高いです。1皿で1,580円や1,280円という価格で、お皿に盛られているのは、5切れほど。氷やダイコンで嵩増しされているので、たくさん盛られているように見えますが、重さにすると100グラムもなかったでしょうね。50グラム程度ではないでしょうか。

とても美味しかったのですが、その値段の高さから、お店では本マグロを頼むまいと誓いました。

海なし県にお住まいの方で、お店で本マグロを食べたことがある方なら、私と同じような経験をしたのではないでしょうか。

きっと、「本マグロには手を出すな」が格言になってしまっている人もいることでしょう。

通販なら100グラムが約500円

先ほども述べましたが、最近は、飲食店の休業や時短営業で、行き場を失っている魚介類が増えています。

そして、それら魚介類は通販サイトで取り扱われるようになっており、一般消費者でも市場で仕入れたばかりの魚介類を購入でき、しかも、素早く自宅に送ってもらえます。

例えば、うおポチ宅配便だと、木曜日に産地の漁港で水揚げされた魚がセリにかけられ、それを買い付けて、木曜日の午後8時頃から金曜日の午前3時頃の間に大田市場にトラック便や航空便で入荷、そして、その魚を金曜日の日中に大田市場の魚ポチで全国の魚と合わせて箱に梱包し、運送会社に預けます。注文した消費者のもとに魚が届くのは土曜日です。一部の地域では日曜日になることがありますが、それでも、スーパーで買うよりも新鮮な魚が届くので、海なし県でも、美味しいお刺身を食べられます。

天然生本マグロのブロック1kgは、4,900円で販売されていますから、100グラムだと490円です。送料を入れても、100グラム当たり600円程度の価格ですから、スーパーで並んでいる580円のマグロのお刺身とほぼ同価格です。

たまにスーパーでも、養殖の本マグロのお刺身が100グラム当たり698円で並んでいることがありますが、通販で購入するよりも、やや高めです。さすがにスーパーで、天然の本マグロが並んでいるのを見たことはないですね。

 

うおポチ宅配便では、天然生本マグロのブロック1kgが4,900円で販売されていますが、夏場は、本マグロの脂が少ないので、旬のミナミマグロに変更されることがあります。ミナミマグロも人気のあるマグロですから、ほとんどの人が満足できると思います。

また、うおポチ宅配便では、資源保護の観点から、産卵期に産卵場所でとられた天然本マグロの仕入・販売は行わないことになっています。対象時期は、日本海が毎年5/1~7/31、南西諸島海域が毎年4/1~7/31です。したがって、夏場は、天然生本マグロではなく、ミナミマグロが届くことになりますね。

なお、うおポチ宅配便では、天然生本マグロだけでなく、養殖生本マグロのブロック1kgも5,800円で販売されています。天然生本マグロよりも高いですが、こちらは、送料無料なので、支払総額は天然生本マグロより安くなります。

 

海なし県に住んでいるから、新鮮な本マグロを食べたくても食べられないと思っている方。

それは過去の話です。

今は、もうどこに住んでいても、鮮度の高い本マグロを自宅で食べられるようになっています。しかも、通販なら、お店で食べるより格段に安く、スーパーで買うよりコスパが良いので、食費の節約も可能です。

通販で魚介類を買うのは、もはや特別なことではありません。通販で新鮮な魚が手ごろな値段で買えることを知っていると、記念日なのでいつもよりぜいたくに美味しい魚を食べたい時、スーパーの本マグロの値段を見てびっくりした時に買い物の選択肢が広がりますよ。

また、海なし県では、カツオの刺身も食べる機会が少ないです。カツオの刺身も通販で購入できますから、スーパーのカツオのタタキ以外のカツオ料理を食べたい場合にも、通販を利用すると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました