結婚したらマイカーをいったん売却して必要性を確かめる

家計の節約で邪魔になるものはたくさんあります。マイカーもその一つですね。

多くの家庭では自動車を持つ必要はないのですが、独身時代からマイカーを所有していた人は、結婚後も独身時代と同じように所有し続けることが多いです。

独身時代は、自分ひとりだけの生活費しか必要ありませんが、結婚すれば家族の生活費も自分の給料から出さなければなりません。したがって、必然的に独身時代よりも自由に使えるお金が減ってしまいます。それにもかかわらずマイカーを所有し続けるのは、自分で自分の首を絞めている状態と同じです。

必要性は手放してからわかる

どのような物でもそうですが、それが必要なものなのかどうかは、いったん手放してみないとわかりません。

だから、マイカーが必要かどうかも、いったん処分した後でなければわからないのです。東京や大阪などの都市部に住んでいる方なら、公共交通機関が発達しているので、自動車を所有しなくても生活に困らないということは簡単にわかります。それなのにマイカーを所有し続けることは、生活に必要という理由だからではありません。

道路

マイカーを所有する表向きの理由には、なければ買い物が不便、子供の保育園や幼稚園の送り迎えといったものがあります。でも、マイカーを持つ本当の理由はこういったことではなく、友人や知人が持っているから自分も持っていないと恥ずかしいといった見栄が大部分を占めています。

その見栄さえ捨ててしまえば、いったんマイカーを売却して、本当に必要かどうかを判断することができます。

マイカーを売却した後に必要性を感じることは少ない

マイカーを売却する前は、自動車が無くなると、あれもこれもできなくなるから生活が不便になってしまうといった不安に駆られます。でも、世の中には、自動車を持っていなくても生活している人がたくさんいるのですから、自分がマイカーを処分したからと言って、直ちに生活に困るといったことはあり得ません。

もちろん、マイカーを手放した後に自動車があったら良いのになと思うことはあるでしょう。でも、そう思う機会は非常に少ないはずです。おそらく、1ヶ月に1回や2回程度でしょう。多くても1週間に1回程度のはずです。その程度の必要性しか感じない物を駐車場代やガソリン代といった維持費を負担してまで持つ必要があるでしょうか?

 

とりあえず結婚後、マイカーはいったん売却してみることです。そして、しばらく自動車を使わない生活をしてみて必要かどうかを判断してください。もしも、そこで必要と感じたら新たに自動車を購入すれば良いのです。

また、マイカーを売却した後、自動車の必要性を感じるけども、運転する機会が1週間に1回程度だという場合は、新たに自動車を購入するよりもカーシェアリングを利用した方が、家計の節約になります。カーシェアなら、駐車場代もガソリン代も保険も税金も負担する必要はありません。月々の会費と乗った分だけの料金を払えば済みます。買い物程度の利用であれば、1ヶ月に数千円で足りるはずです。

もしも、カーシェアを利用してみて、毎月の利用料金が5万円以上かかるという場合には、マイカーの購入を検討した方がいいでしょうね。でも、そのような家庭はそうそうないと思いますが。