使わないギフト券、商品券、旅行券は金券ショップで換金する

2017年9月19日

ギフト券、商品券、旅行券などの金券をお祝いでいただいたり、懸賞に当たってもらったりしたけど、使う機会がなくて引出しの中に入れっぱなしになっていないでしょうか?

金券は、額面に記載された金額の買い物ができたりサービスを受けたりできるので、事実上お金と同じです。でも、特定のお店でしか利用できないことから、使わずに放置してしまうことがよくあります。お金と同等の価値のあるものを使わないのは非常にもったいないです。

だから、金券を入手した時には、すぐに使い切るべきですが、そうは言っても、使えるお店が近所になかったりして、使いたくても使えないことがありますよね。こういう時は、金券ショップで換金してしまいましょう。

利用価値の高い金券なら換金率が高い

商品券や旅行券を金券ショップで換金してもらう場合、額面よりも安い金額での買い取りとなります。金券ショップも商売でやっているのですから、それは仕方のないことです。

でも、図書カードのような利用価値の高い金券であれば、額面から数パーセント引きで買い取ってもらえるので、いつか使うだろうと思いながら、いつまでも残しておくくらいなら、思い切って金券ショップに売ってしまった方が良いです。特に旅行券のように休暇を取ってどこかに出かけなければ使えないような金券は、もらってすぐに使わない限り、いつまでも引き出しの中に眠り続けてしまいますから、入手してすぐに換金するのが良いでしょう。

1万円札

また、百貨店のギフトカードも使いそうで意外と使わない金券です。

最近では、スーパーでもデパートで販売されているような商品を買えます。しかも、スーパーの方がデパートよりも安くで買えることが多いので、百貨店のギフトカードを使うためにデパートで高い買い物をするくらいなら、換金したお金でスーパーで買い物をした方が節約になります。

とりあえず、ギフトカード、商品券、旅行券といった金券を入手した時には、金券ショップで換金することを検討しましょう。

ネットショップで利用できるギフトカードも換金できる

金券ショップで換金できる商品券やギフトカードは、実物があるものでなければならないと思うでしょうが、そんなことはありません。Amazonギフト券などのネットショップで使えるギフトカードを取り扱っている金券ショップもあるので、使用しないのであれば換金した方が良いでしょう。

ただ、Amazonのように大きな通販サイトでは何でも売っているので、Amazonギフト券を使わないということは、そうそうないと思います。ネットショッピングは、例えば楽天やヤフーなどのお店しか利用しないと決めている方は、Amazonギフト券は売ってしまいましょう。

また、Amazonギフト券を換金したお金は、楽天銀行などのネットバンクへ振込んでもらうようにすれば、振込手数料が無料だったり市中銀行よりも安かったりするので、ネットバンクに口座を持っておくと節約になります。

とりあえず、引出しの中で眠っているギフトカード、商品券、旅行券などの金券があれば、一度、換金を検討してみましょう。