料理の献立は折り込みチラシの特売商品を見て決める

2018年7月19日

主婦の悩みの一つに夕食の献立を考えるのが面倒というのがありますね。毎日同じものを作れば楽ですが、それを許さない家族がいます。食事は栄養補給のために行うものだと割り切ってくれれば、毎日同じ料理を作れるので楽なんですけどね。

また、料理の献立を考えることは、予算との戦いでもあります。お金を無尽蔵に使える裕福な家庭なら好きな食品を何でも買えますが、少しでも食費を節約したいという場合には、限られた予算の中で食材を選ばなければなりません。

献立は折り込みチラシに書いてある

最近、あるテレビ番組を見ていると、節約が上手な主婦の方が出演されていました。その主婦の方は、料理の献立はスーパーの特売商品を見て決めるとおっしゃっていました。

これはなかなか賢い方法ですね。

スーパーのチラシを見れば、毎日、肉類、魚介類、野菜それぞれについて安売りされているのがわかります。肉類であれば「豚バラ肉が3割引き」とか、魚介類であれば「紅鮭の切り身大安売り」とか。野菜だと、選ぶのに迷うほど多くの種類が安売りされていますね。

だから、スーパーのチラシを見ていれば、自然と特売品を組み合わせた献立を思いつくというわけです。

サラダ

気付けば特売商品しか買わなくなっている

そう言えば私の家庭では、食品はほとんど特売商品ばかりを買っています。日頃からチラシを見る癖がついているので、知らず知らずのうちに特売商品ばかりを買うようになっていました。

また、チラシを見る癖がついていると、何曜日にどの商品が安売りされるかということも自然に覚えます。火曜日は牛乳が安売りだとか、金曜日は生卵が安売りだとか。このように特売の曜日を覚えているだけでも、他の曜日に無駄な買い物をしなくなるので食費の節約ができます。

チラシを見るのは面倒だという方もいるでしょうが、いろんなお店のチラシを見るのは意外と楽しいので面倒だという感覚はありません。また、見飽きるといったこともないですね。お店も、1人でも多く足を運んでもらいたいと思っていますから、チラシは見飽きないように工夫されています。

とりあえず、夕食の献立を何にするか迷った時はスーパーのチラシを見るのがおすすめです。