電子マネーを独自発行しているスーパーも「キャッシュレス・消費者還元事業」の5%還元の対象店舗


2019年10月1日から消費税率が8%から10%に上がります。軽減税率が適用される食料品などは今まで通りの8%の消費税率ですが、基本的に消費税率は10%になります。

消費税率の引き上げに伴い、国が「需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する」キャッシュレス・消費者還元事業が始まります。

期間は2019年10月1日から2020年6月30日までの9ヶ月間で、小さなお店でキャッシュレス決済で買い物をすると5%または2%の還元を受けられます。

キャッシュレス決済は、クレジットカード、電子マネー、プリペイドカード、デビットカード、スマホ決済が主流で、基本的にこれらで小規模のお店で買い物をすれば5%または2%の還元を受けられます。そして、最もおすすめのキャッシュレス決済は、お店が独自に発行している電子マネーやプリペイドカードです。

独自発行の電子マネーはその場で値引き

私の自宅の近所のスーパーでも、何店舗か独自発行の電子マネーやプリペイドカードを導入しているお店があります。その中で、1店舗だけキャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗になっています。

このお店では、電子マネーで買い物をすると、その場で5%値引きされます。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象となっているクレジットカードで買い物をした場合、ほとんどがカード代金の請求時に値引きされるか、クレジットカードのポイントが5%または2%上乗せされる還元方法です。そのため、請求時の値引きだと還元されるのは約2ヶ月ですし、ポイント還元の場合もその場ですぐにもらえません。

最終的に独自発行の電子マネーでも、その他のキャッシュレス決済でも、5%還元されますが、それでもすぐに5%還元される方がありがたいです。

おまけが付いてくる

独自発行の電子マネーは、機械に電子マネーを入れて、1,000円単位でチャージするようになっています。

ほとんどのお店が同じ機械を使っているようです。そして、ほとんどのお店でチャージ金額にいくらか上乗せされるおまけがついています。

今回、キャッシュレス・消費者還元事業の対象となった近所のスーパーは、以前からチャージ金額の1%のおまけが付いてきます。したがって、1,000円のチャージで1,010円残高が増えます。そして、月に2回、2%のおまけが付く日があります。

2%のおまけは魅力的です。ポイントが高還元のクレジットカードでも、最近では1%くらいしかポイントが貯まりませんからね。

2019年10月からの9ヶ月間は、おまけと合わせて6%または7%引きで買い物ができる計算です。

近所に電子マネーを独自発行しているスーパーがあれば、2020年6月30日まで、そこで電子マネーを使って買い物をするのがおすすめです。

クレジットカードはどれがお得か?

キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗が、電子マネーを独自発行していない場合は、クレジットカードでの買い物で5%または2%の還元を受けられます。

なお、5%の還元は中小企業や小規模事業者が運営している店舗での買い物の場合で、2%還元はフランチャイズチェーン店での買い物の場合です。フランチャイズチェーン店ですぐに思いつくのはコンビニですが、全体的にどの商品も値段が高めなので、2%還元されても割高な買い物になってしまいます。

また、キャッシュレス決済なら無制限に還元されるわけではありません。

ほとんどのクレジットカードでは、1ヶ月間の還元の上限は15,000円になっています。9ヶ月合計だと、135,000円が上限です。

しかし、毎月15,000円分の還元を受けられるほどの買い物をできるかどうかわかりません。5%還元された場合でも、毎月30万円の買い物をしなければならない計算です。したがって、9ヶ月間に135,000円分のキャッシュバックやポイント獲得をすることは、ほとんどのクレジットカードでは不可能です。

ただ、アメックスカードであれば、135,000円のキャッシュバックを受けられる可能性があります。

アメックスカードは、1ヶ月間の還元の上限を設けておらず、9ヶ月間の合計で最大135,000円のキャッシュバックです。そのため、ある月に270万円の買い物をして135,000円のキャッシュバックを一度に受けることも可能です。まあ、そんな極端な買い物をする人はいないと思いますが、キャッシュレス・消費者還元事業の対象となっている電気店で大型テレビをアメックスカードで購入するとか、家族旅行で宿泊するホテルでアメックスカードで支払いをするとかなら、多額のキャッシュバックを受けることができますね。

スーパーで食品を買っているだけでは大した還元を受けられない

キャッシュレス・消費者還元事業の実施期間中に多くの還元を受けようと思ったら、大きな買い物をするか、旅行に出かけるのが一番です。

でも、還元を受けることを目的に大きな買い物をしたり旅行に出かけるのは、無駄遣いになるだけです。そもそも大きなお店よりも小規模なお店の方が商品の値段が高くなりやすいので、キャッシュレス決済での還元を受けても、大きなお店での買い物よりも割高になる可能性があります。

結局、無駄遣いせずにキャッシュレス決済で還元を受けようと思ったら、スーパーで食品を買うことになるでしょう。

白菜

でも、食品を買っているだけでは、わずかな節約にしかなりません。

たまに外食した時に5%か2%の還元を受ける人が一番多そうですね。友人や職場の同僚と外食する時が、最もキャッシュレス決済がお得になりそうです。忘年会や新年会の時は、クレジットカードでまとめて支払うと良いでしょう。